鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

執着

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

999:おさかなくわえた名無しさん[sage]2011/12/18(日) 00:58:42.56 ID:YJFMFXj+

凄ーくセコい話だが
一人暮らしの私のとこに彼が泊まりにくる時
いつもシャンプーの1回の使用量が多すぎてイラっとしてた。

結構高いシャンプー無理して買ったので、私自身ちまちま使っていたのに、
彼が入浴するたびにこれで全身洗ってんのかよ!って位(1センチ弱)減ってる。
しかし、ケチだと思われるのがいやで直接言えなかったので

スーパーでバカ安のリンスインシャンプー買って置き、
高いシャンプーは洗面台の収納に隠しといた。 

その夜の彼のシャワータイムに、風呂場から「ああぁっ」と奇声がして 
部屋から覗くと水滴らせた全ネ果の彼が収納から高いシャンプーわしづかみにして 
浴室に走り去るとこだった。 

床はびちゃびちゃだし、策略読まれて腹立つし、シャンプーに執着しすぎだし 
すぐ別れた。 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

254:名無しさん@おーぷん2014/07/16(水)14:41:09ID:1wIUt6Jit
くだらない上に長くて申し訳ないけど吐かせて
ロミオとジュリエットからダブルで長年粘着された話

発端は大学生の時
私たちは理系なので、基本的にみんな地味で素朴

私子・・・東京出身派手系ギャル
A男・・・地方出身で大学デビューを目指すDT 悪いやつではない
B子・・・地味で純朴な田舎娘

大学時代の私はモテた
でもそれは人間性に惹かれたわけではなく
単に珍しく派手なギャルだったので
派手→軽そう→ヤらせてくれるかも→DT卒業できるかも(゜∀゜)
というサカリのついたDT達の脳内返還の結果の告白
青年実業家の彼氏がいたので、全部軽くスルーしてた

大学1年の夏頃、A男とB子が付きあっているっぽいことに気付いた
秘密を楽しんでいるようにも見えたし
私から見たら回りなお子ちゃまに見えたので
微笑ましく黙っていた

B子も彼氏がいるらしく、彼氏の話題が出るが
それがA男だと気付いていたけど、特に問い詰めることなく
日常会話の彼氏の話題として黙って聞いていた

それなのに2年生になった頃、A男に告白された
「彼女いるんじゃないの?」とスルー
しかし何度も何度も口説いてきたが、全部軽く断っていた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

【前】←NOW
【後】16:43公開予定

841: ◆8fFJgQWsI2 2013/08/08(木) 21:15:15

流れ読まずに投下させてください。

2年前に別れた元彼からのメール

タイトル お久しぶりです
本文 元気!?○○ちゃん(私の名前)に会えなくなって2年がたったね。
この2年寂しくさせてごめんね。そのせいあってか最近マネージャーに昇進したよ♪
仕事が順調だから、そろそろ○○ちゃんの為に俺の時間を使いたいんだ。プライベートが寂しくてね。
最近、雨が多いのは○○ちゃんに会えなくて、お空も泣いているからだね。
○○ちゃんは、とっても可愛らしくて自慢の彼女なんだ。
会社の人にもそろそろ紹介したいので今度の懇親会に来て貰いたいんだけどどうかな?
前に俺の友達に会わしたとき可愛いって評判だったから心配はいらないよ。

また連絡するね。
俺のsnow white princessへ

別れて2年。相当修羅場ってやっと別れたのに突然どうしたのか…
付き合ってた時束縛が酷かったのと異常な好意と執着が怖かったけど
今は別れ話しがなかったことにされてて怖いです。

実家の場所を知られてるので着信拒否したら動向掴めなくなるから余計怖いし何なんだー!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
426: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/23(金) 03:02:34.63

少し変な質問で申し訳ないです。

最近嫁の愛情と言うか
言動が変でここに質問する事にしました。

俺:会社員25歳
嫁:不定期のパート26歳

嫁とはは学生時代のアルバイトで
知り合った仲です。

大人しい控えめなタイプですが
相手にはっきり物を言ったり
自分の意思を強く持ってる。

けどそれに比例してすごく優しくて
いつも仕事が終わって
家に帰るのが楽しみなくらいでした。

夜も勿論良好なのですが、
相談はここから
最近嫁が家に居る時や
外出してるときもやたら
俺に触れたがるというか触ってきます。

続きます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
362: 本当にあった怖い名無し 2011/03/14(月) 22:50:27 ID:iw3wUnYb0

(1/3)

憶測のうえの憶測。妄想かもしれないけど
大した話じゃなくて、しかも長文ごめんなさい。でも吐き出したくて…

今の旦那と結婚する直前、旦那(当時婚約者♂)が大学時代からの旧友(親友♂)に、
わたしを紹介してくれることになったときのこと
旦那からは、学生時代のアルバムとか、同級会の記念写真とか見せてもらい、話も聞いていた人
披露宴の司会も引き受けてくれたとのことで、お礼も兼ねて、お食事会になり、
「気楽に」ってことで、旦那の馴染みの居酒屋(旦那とその親友が良く飲みに使っていた)でなんだけど

実際会ってみたら、旦那と親友が、昔話に花を咲かせ、ときどき「ローカルネタでごめんね~っ」って

旦那がわたしに解説してくれるシチュエーション

考えてみれば、つまりその、旦那親友とわたしは、ほとんど直接会話していなかったわけで

それはでも、わたしがもともと喪だし、話ベタだから自分から積極的に話題を振れなくて、仕方ないことだとそのときまでは思ってた
しかし、旦那が途中でトイレに立った
そして旦那親友とわたしが、しばしテーブルに残され………会話がない……… 

この耐えられないプレッシャー状態を打開すべく、当たり障りのない話題をわたしは必死で探した

このページのトップ