鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

婚約破棄

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
459: 名無しさん@おーぷん 2016/11/16(水)23:23:10 ID:A7r
親というか私が原因で息子の婚約が破談となってしまったのですが、
息子が元婚約者に対し慰謝料を支払った場合、
息子に対し私が慰謝料を支払う可能性はあるのでしょうか?

親子間のトラブルは基本的に民事不介入で支払いの必要は無い、
と聞いた事があるのですが…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
293: :2011/07/07(月) 10:44:18 ID:
大漏らして婚約破棄された
今日でカップル板卒業
みんな幸せにな

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
607: 愛とタヒの名無しさん 2010/05/19(水) 22:27:06
20代カップル結婚式。 
新婦が選んだドレスは、カラーの高い上半身にピッチリしたタイプ。 
ところが式当日までに新婦が太ってしまい、背中のファスナーが閉まらない。 
慌てて代わりのドレスを探したが、サイズが合うのは胸元が出るタイプのものだけ。 
新婦がそれじゃ嫌だとごねるも、もう式まで時間が無い。 
式中止か、代わりのドレスを着るかの二択。 

…そして代わりのドレスを着て出た新婦、胸元にはオサレなタトゥーが…

もちろん新郎や新婦友人は知っていたが、知らなかった他の出席者はヒソヒソ。
新郎母は失神寸前で退場。
式は微妙な空気で終わり、二次会でも新婦のタトゥーが話題となり微妙な空気だった。

一番の問題は、新郎妹が婚約中で、その仲人のような人が披露宴に出席してたこと。
「刺青のある女と結婚するような兄がいる娘、大事な知人の息子さんと結婚させられん!」
というわけで新郎妹は婚約破棄となり、兄夫婦を恨んで心を病んだ。
新郎新婦も離婚。

新婦は「代わりのドレスのストックが少なかった式場のせい、裁判する」と言い出し、
「刺青入れたり太ったりしなきゃ済んだ話」と弁護士含む周囲から呆れられた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
140: 恋人は名無しさん 投稿日:2008/05/18(日) 22:27:49 ID:TNuyIneA0
浮気不倫とかの修羅場じゃないけど。

俺25、彼女23、ともに会社員。
結婚の意思があり、お互いの両親にもあいさつ済み。

前、俺が思いっきり風邪ひいた時の事。
9度の熱が出て、会社休んでたら、彼女が会社休んで来てくれた。
庭でとれたという水仙を持ってきてくれてて、
それをまた持参した花瓶に生けてくれる。
幸せを感じていたら、
更に料理作ってくれるって言うんでお願いした。
「手料理は初めてだな~」なんてまた幸せホクホク。

でも出てきたものが凄かった。
まずにらたま雑炊に水仙の花が乗っかってる。
「あのね、何とかフラワーサラダとかってあるんだよ。お花って食べられるの」
水仙はほんと食べられません…慌ててよけて
「ちょっとしか入ってないから…大丈夫だよね…?」
って上目使いでこっちを見る彼女、内心ヒヤヒヤだったが食おうとした、が!
どう見てもにらじゃない。肉厚すぎる。
聞いたらやっぱり水仙の葉っぱだった。
「葉っぱもだめなの?」としょんぼり彼女。
これはさすがに食ったら死ぬ!と思って拒否。
そうしたらシクシク泣きだした。

「一生懸命作ったのに…」って、一生懸命ならニラはスーパーで買ってきて…
結局その時は梅干し茶漬けで済ませた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
396: 恋人は名無しさん 2008/12/01(月) 13:35:08 ID:EshLGJQSO
成仏させるために投下。

俺25歳 フツメン
彼女25歳 上戸彩似
先輩27歳 中学校時代の先輩 イケメンで賢い

先輩の紹介で彩と付き合って約2年。彩は先輩の会社の後輩だった(今は別の会社)。
付き合って問題と言う問題もほとんどなく、本当に順調だった。
結婚の話も出てきて、お互いの親にも紹介した。
そして家探しや家具探し、新婚旅行の計画なども佳境に入って
いよいよって時に事件は起こった。

俺は突然親父に呼びつけられた。「話がある」って。
部屋に入ると親父とオカンがなにやら畏まって座ってるではないか。
俺は怪訝に思いながらも「何?何かあったの?」って能天気に聞いてた。
そしてスっと渡されたのは封筒だった。
おそるおそる中を見る。
そしてはじめに目に入ったのが彼女と先輩のキス写真だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
684: 名無しさん@おーぷん 2016/05/18(水)21:35:51 ID:kPi
彼女と結婚予定だったけど別れた
彼女が突然、もう結婚式したくない!結婚もしない!と言い出した
理由を聞くと、招待客の足代と宿泊費をこちらが出すのと、引出物や披露宴の料理が豪華なのが気に入らないらしい
そもそも、彼女は貯金がないと言うから式費用は全部俺持ちだから、懐は一切痛まない
それなのに、主役以外に金をかけるなんておかしい!と怒り狂い、もう嫌、堪えられないと床に伏して泣く彼女に婚約破棄を申し入れた
婚約破棄後、一部の人から俺が悪いと言われた
何でも、結婚式は女がお姫様になれる日、それなのに、主役の花嫁じゃなく招待客に金をかけるなんておかしいのだとか

女の夢を滅茶苦茶にした罪は重いと言われてもわからん
花嫁に金かけて、招待客にも金かけての何が悪いのか
ここで全部言うことを聞いておけば、結婚生活もうまく行くんだよって、上手く行くビジョンがみえない
それにしても、ギリギリで踏みとどまれて良かった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
282: 愛と死の名無しさん 2007/09/24(月) 15:54:31
スレチかもしれんが、数年前に偽の新郎役を演じたことがある。 
新郎側の出席者は全員、数日前に集められたサクラ。 
劇団の役者さんがほとんどで、みんなすごい演技力だった。 

新婦側でその事情を知ってるのは新婦本人と司会者(新婦の友だち)のみ。 
家族や親戚、友だちも、これが茶番だとは疑ってなかったと思う。 
人生でこれほどないプレッシャーを感じた3時間だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
612: 恋人は名無しさん 2009/01/14(水) 10:55:04 ID:naqQJIwS0
付き合って1年。同棲して2ヶ月。
お互い20代後半ということもあり結婚を考えていた。

半年ほど他県に出張が決まりこれを期に婚約をした。
そして出張終了後結婚という流れだった。

出張後毎日メールをしていた。
出張して4ヵ月後メールが来なくなった。
最低でも一日1回はしていたのに・・・どうしたんだろう。
翌日も連絡がなかった。
で、その日の深夜電話したところ電話にでない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
396: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/09/29(土) 13:14:24.05 ID:yB8y3lvV
結納を済ませた途端に豹変した彼に冷めました。
お前はもううちの物だから仕事は辞めろ、子供を産め、親とは同居。と。

私は仕事が好きで、共働きでいいと言ってくれたから結婚を決意したようなものなので、それでは結婚は出来ないという旨を伝えたところ
「それは婚約破棄だ。慰謝料を払え。払える訳ないよね?ならいう事を聞け」と言われたのですぐに慰謝料を払って別れました。

彼は「そんなつもりじゃなかった、そう言えば諦めてくれると思った」などと言いながら謝ってきましたがその時にはもう完全に冷めていました。
慰謝料も本当は払わなくても良かったんだろうけど自分としては手切れ金のようなつもりで…
そのお金を受け取る代わりに一切の連絡を禁じるという条件をつけました。

大きな出費だったけど男を見る目がなかった自分への戒めと今後の人生を買い戻したと思えば安いものだと思って自分を納得させています。

結納が済んで逃げられなくなった途端に豹変したり嘘をついたりするような人と生きて行くのは無理です。むしろ結婚前に本性を表してくれて本当に良かった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
251: 名無しさん@おーぷん 2015/12/20(日)18:36:42 ID:KmT
母同士が幼馴染みで、赤ちゃんの頃から兄弟のように育ち、
年頃になり互いを意識して付き合うようになった幼馴染みの彼。

その彼の祖父が事故で大怪我をし介護が必要になり、
私は彼と彼両親、彼祖父母のお願いもあり、介護に関わるようになった。
結局その事故の怪我が原因で彼祖父は5年もしない内に亡くなってしまった。

仕事を辞め、慣れない介護で腰を痛めてしまったが、
祖父母の居ない私には本当の孫のように可愛がってくれる人達で、
介護に関われたのは幸せだと思っていた。
介護の合間に彼祖父母から昔話を聞いたり、
秘伝の漬け物の作り方を教えてもらったりと楽しかった。

亡くなる前に孫達(私)の花嫁姿が見たいと言われ、
彼と二人で仮衣装を着て彼の家で一緒に写真撮影をした。
「○(彼祖母)さんが嫁に来てくれたとき、
○(彼母)さんが息子の嫁にきたときを思い出すねえ」
と彼祖母に手を握られながら幸せそうに話す彼祖父に私号泣。
彼も「じーちゃん達みたいな夫婦になるから安心してよ」と言っていたのに。

このページのトップ