鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

家出

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
641: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/01/27(土) 13:44:19

みなさんにお伺いします。
一昨日、嫁が結婚2年目にして初の家出をしました。朝起きて、いつものように朝食
が用意してあったんだが、俺「あ、ごめん、今日検査だからいらないや。言うの忘れてた
ごめ〜ん」嫁「え?聞いてないよ!」俺「ごめん、ごめん」
あ、不機嫌になったと思って。その後、別の話題などでその場を乗り越えようと思ったんで
すが、嫁は終始表情が曇ったまんまで「うん」と返事する程度。あきらかに不機嫌。
もう、面倒くさいと思って俺も無口になり、会社へ。
で、仕事から帰ってくると嫁が消えていた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
857: 名無しの心子知らず 2011/10/11(火) 14:54:11.32 ID:6Ff5z1zo
連休義姉がいきなり姪を連れてきて、我が家で預かれと言いだした。
断ったら本人の目の前で、
「旦那にも悪いしもう限界。持て余してるの、わかるでしょ?」
と言いだしてびっくりした。
義姉は再婚で、姪は前の旦那の子。
姪は無表情で泣きもしなかった。
中一だけど、登校拒否して家出繰り返してる。
ずっと姪を育ててきた義母が亡くなったから、引き取ったけど、
旦那親と同居だし、教師の家に問題児がいるのは、世間体が悪いそうだ。
再婚後生まれた弟の中学受験にも悪影響があるそうで
「私だって幸せになりたいのよ!」と玄関先で泣きだして大変だった。
こんなに大きい子を託児されそうになるとは。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
191: 名無しさん@HOME 投稿日:2005/08/22(月) 11:17:49
夫の浮気相手が、や○○の造園会社社長の娘で、しかも、妊娠させた。
「お父さんが、男つれてこいって言ってる。」との電話が浮気相手からあり、
夫は、びびって、家出。
解決するまで、家に帰って来れない。と、夫が言うので、
私が、相手に会って、話をつけた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
301: 名無しさん@HOME 2015/12/22(火) 14:48:04.43

義弟嫁が家出して半年(半月ではない)程して帰ってきたのが今月中旬 
しかも自宅ではなく義実家に現れて「仲を取り次いで」と言って 

家事ができる義弟、身の回りのことは自分で出来る小3姪は 
全く感動もなくシラーッとしていた

まだママが恋しかった年中甥はシワシワの私のちちを触りながら寝ていたからか
最初は全く無反応で怖かった
(途中で思い出してママの元に戻ったけど)

義弟嫁が
「ババア(私のことらしい)が体使って息子をたぶらかした」
と喚きまくって手が付けられない
自分が蒔いた種なのに私に八つ当たりするな
ババアって言ったって4つしか違わないじゃないか!(義弟嫁は8歳姉さん女房)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
501: 名無しさん@HOME 2010/10/13(水) 17:02:17

4月に離婚でもめた時の義母の言葉が未だに忘れられない。 

旦那はキレると物に当たるほうなのですが、
それがだんだん私に向かって投げたりけったりするようになり、 
とうとう娘(当時11ヶ月)の部屋に向かってケータイを投げて泣かした上、
「ほら、泣いてるからいつものように娘のとこいけよ」 
とか平気で言うようになりました。

それが許せなくて(エスカレートして娘に直に手をあげられるかも、と怖くなり)
母に事情を話して旦那に置手紙をして実家に帰りました。

その間、旦那はまともに電話にでず、義母と話すことが多かったのですが…。
「私は実の父親に物を投げられて育ったけど、全然怖くなかった。絶対に私に当てないっていう自信があったから。
それにあの子(旦那)は物を投げるような子じゃない、何かよっぽどのことがあったんだと思う」
「離婚とか養育費とか書いた置手紙だけして帰ったんでしょ?出て行き方ってもんがあるよね〜」
と、言われたので、

・話をしようとすると旦那が激昂して話にならないので置手紙をして帰省したこと
・今まで物に当たるだけだった旦那が私に物をけったり投げたりするようになり、
ついに娘にまで手をあげる危険がでてきたので、これでは安心して一緒に暮らすことができないこと
・お母さんは怖くなかったかもしれませんが、私は怖かった
と、反論してしまいました。

このページのトップ