鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

幼虫

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
413:おさかなくわえた名無しさん2013/03/22(金) 00:29:58.19 ID:KNsS8ai3

汚い話なのでご注意下さい



数年前アレルギー性鼻炎になり、右側が鼻をどんなにかんでも奥の方が詰まったまま一週間程過ぎた
始めはそのうち取れると思ってほっといたが、鼻の一番奥が痛くなってきた。このままドンドン詰まって取れなくなると厄介なので、二日程時間があると頑張ってみた。
頑張ってたらいきなりポンッ!と出たー!

奥になってた部分に血の付いた、アゲハの幼虫そっくりな物体が出た

鏡で見ても見えない所にこんなでかい物の入るスペースがあるのに驚いた、そりゃ痛いはずだ
また、鼻から出ないので口から出そうと鼻を吸ってみたりしたので、口から出なくて本当に良かった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
445: 名無しさん@HOME: 2008/09/19(金) 08:36:29

あまりにはらわたが煮えくり返ったのでやってしまった。長文スマソ。

ウチの実家が梨の名産地
良トメの兄(チは繋がってない)が梨好きとアピールするトメ兄嫁にトメが気を利かせる、ウチの実家が懇意にしてる梨農家から送ってあげた。
兄宅にだけ送るのはアレなんで、大叔父やら伯母やらにも送ってやる。トメは本当にいい人。
発送して翌日、伯母や大叔父から「梨ウマー!ありがと」の電話。

トメと二人、良かったねと言い合っていた。
直後、実家の母から半泣きの電話が。
「夫君の親戚の人からあんな不味くて傷のある梨を送って、どんな神経しているやらってクレームが来た。送り返す。二度といらないって。ウチに言うならまだしも、果樹園の方に直接言って来たわ」
トメと私は泣き崩れる母をなだめ、とにかく現物を見なけりゃとウチの実家に行き、農家へ。
現物を確認。確かに全部の梨に傷がある。だが、私ゃ農学部で、大学じゃ畑耕してたんでね。すぐに投げ付けた故意の傷だとわかりましたよ。だいたい、自分がつくった果物を投げ付けて送る果樹園なんかねぇよ。
平謝りの母に変わり、私が「私はお宅を信頼してます。現に他の親戚にはおいしかったと電話をもらいました」と言う。農家の方は言いにくそうに、
「嫁子ちゃんにだから言うけど、これは投げ付けた傷だよ。ウチは朝とれたてを吟味してるんだ」とポツリ。農家のおじさん泣きそう。
私、ここでぶちキレた。
デリケートな梨がおいしくなるまでどんな苦労があると思って!農家の苦労を台無ししやがって!トメの好意も!ウチの母も泣かせて!!
「本当にごめんなさい」と梨農家に謝り倒し、今後もよろしくお付き合いして欲しいと言ってその場は退散。後日菓子折りは持ってくつもり。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
188: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/20(水) 20:08:38.47 ID:T0H07S8U

人に寄っては気分悪くなるかも知れないので注意。

高校の頃チャリ通してたんだけど、家の近所のアパートの前をチャリで通り過ぎた時に何とも言えない匂いを嗅いだ。
上手く表現出来ないのだけど気持ち悪くて不安でヤバい匂い。
家は親は会社員なんだけど、祖父母が商売をやっていた関係でそこの大家のお爺さんを知っていたのでその家まで行って変な匂いがすると伝えた。

お爺さんにその事を告げると変な顔をしたけど私が匂いを嗅いだ場所まで来てくれた。
その匂いを嗅いだお爺さんは顔色を一瞬で変えて家まで戻り合鍵を持ってアパートまで再度戻り
私にケータイで警察に電話を掛けさせて、繋がるとケータイを私からひったくり何かを話して電話を切った。
すぐにやって来たのは警察と救急。
お爺さんは警察と救急の人に何かを言い扉を開けて中に入って行った。
開いた扉からは何か虫がバーッと一斉に出て行き、それを見た私は呆然。

部屋の中を覗くと中はゴミだらけで匂いだけで吐きそうになった。
恐ろしい事に、その中には足を紐で繋がれた子供が置き去りにされていた。
救急の人が担架に乗せて運んで行ったんだけど、匂いが凄かったのを覚えてる。
足首がチラッと見えてしまったんだけど、骨と皮だけで黒と白のブツブツが見えた。
後から聞いたら、虫の幼虫と成虫がたかっていたんだって。

そこの部屋に住んでたのは母親と子供だったんだけど、母親は部屋の窓に新聞紙を貼って目張りまでして失踪したらしい。
部屋にあったゴミからわいた虫が子供にたかっていたそうだ。

その子はしばらくは喋れなかったり、人を見るとパニックになったり大変だったけど
8ヶ月位経った頃にはだいぶ元気になって遠くの親戚に引き取られて行った。

とにかくそんな現場を見てしまった事が修羅場だった。
大家のお爺さんが私に即警察と救急を呼ばせたのは、戦時中これと同じ匂いをいつも嗅いでいたからだそうだ。
修羅場をくぐった人間はやっぱりどこか違うんだな、と思った。

このページのトップ