鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: secret name@シクトク 2017/06/01(木) 15:13
どうしても腑に落ちないというか納得がいかなかったので聞いてください。
胸糞悪いので注意です。
初めての書き込みなので文才ないですが、、すいません、、

私の実家は二世帯住宅で母方のおじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らしてます。
おじいちゃんおばあちゃんは今は年金生活ですが、
二人とも大手企業に勤めていたので結構なお金持ちです。
父も自営業なのでそこそこ余裕のある暮らしをしております。

私は結婚していて子供もいます。
今は育休中です。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
748:おさかなくわえた名無しさん2017/08/19(土) 23:01:44.42ID:aAH4A/01
長いので、苦手な方はスルーしてください。
自分の中で上手く消化できないので愚痴らせてください。

先日、母と母の彼氏が改まった顔して、
これから2人で人生歩んでいきたいから認めてくれって言ってきた。
それに対する妹の考えがわからなくてしんどい。
まず前提として、母は以前から私と一番下の弟には母彼と結婚したいことを話していた。
だけど、タイミングが合わなくて妹には直接話せていなかったらしい。
だから、妹は常に私か弟づてに母の結婚話を聞いていて、
結局母は妹に直接今までの過程を伝えることなく、
いきなり結婚式の日取りの相談をしたんだと。
妹はまずそこで順番が違う、
結婚したいみたいなそんな大事な話は母と母彼から直接してほしかったと怒っている。
それ自体は、わからなくもない。
でも、私が妹の考えを理解できなくてもやもやしてるのはここから。

まず妹は母のことをめちゃくちゃに嫌っている。
同じく母のことを嫌っている弟は、今回の母の結婚話に無関心で、
自分が式に出席なんて話にならなければ別にどうでもいいし
好きなようにすればいいというスタンス。

だが、妹は結婚に大反対。母が自分勝手にそういう話を進めることもむかつくし、
母だけ幸せになるなんて許せないと言っている。
母と関わりたくないと言いながら、
この件を含めて母への文句を私や弟にぶつけて母にも突っかかっていく。

長すぎと言われたので分けます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
8: 名無しさん@HOME 2015/09/20(日) 22:08:14.81 0.net
弟が昨日彼女連れて帰ってきて泊まり。
お昼頃出掛ける時も何も言わず、
今日の夜9時(さっき)にいきなり、
「2人分ごはんある?」とラインが来た。

私は材料足りなくて「2人分は足りない」と返答。
それに対し母が激怒。

弟の彼女が嫌われてると思うだろ
何で2人の分だけはぶくんだ

皆で分けて食べるって気は無いのからしい。
私が間違ってる?

私は普通の事を言ったつもりだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
876: 1/2 2013/10/20(日) 00:26:42.42 0
来月入籍するので弟嫁(予定)になるが、愚痴らせてスンマセン。 

説明が長くなったので一部箇条書きで 

1:弟嫁(A)現在妊娠中 
2:夏に”彼女”として紹介された時には既に妊娠確認済→家族には黙秘 
3:妊娠・入籍するかも報告は弟から。 
4:その後Aとは接触なし、来週うちの家族側と食事会 
5:事前に母に挨拶した方が良くね?と兄から言われたらしく、昨夜(19日)来訪。 
6:Aは家庭環境複雑で結婚する気はなかった、産むか堕ろすかも決めかねてた 
7:上記のことは一応弟よりの伝聞。 

…で、2度目に会うので遠慮しつつも、
それでも息子の嫁ともなると気になるのが親の心情だよね。 

一応配慮しつつ6のことについてなんかも聞いた。 
聞いてるとAが涙ぐみ始めたんで、話題はすぐに変えたけど。 

滞在は30分程度で、最後は家族共々今後ともよろしくみたいな感じで終了。 
和気藹々みたいなノリにはならなかったよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
762: 名無しさん@HOME 2017/09/03(日) 11:12:16.71 0
弟嫁から何故か弟のアカウントでLINE来た
最近結婚したので、宜しくお願いします的な挨拶だったんだけど
おめでとうっていうスタンプとお幸せにって返事しても未読スルーで
なんか悲しいw

このページのトップ