鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

復讐

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
51: 愛とタヒの名無しさん 2013/11/13(水) 22:54:31.98
従妹の結婚式の時、
従妹の叔母(従妹の父の弟の嫁)がスピーチで
「従妹ちゃんは以前ほかの結婚式で、
『新郎と結婚するのは自分だ』と騒動を起こした過去もありますが、
幸せな結婚ができるようで嬉しく思います」

会場、一気にざわ・・・ざわ・・・状態。
新婦の従妹は固まってるし、新郎も顔が引きつってる。
 
私は初耳だったんだけど、
同じテーブルに座っていた私の両親や他の親戚も
「え、そんなことあったの?」
「知らない・・・」
って感じだった。

その場は司会の人が
「ありがとうございました。では~」
と強引に進行したんだけど、会場のざわざわ感は静まらないまま終わった。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
792:2010/05/28(金) 22:54:34ID:xPGcDTEK0
1/2
10年以上前の話
フェイク有り

諸事情で赤を産んだばかりの私は義実家に里帰りしてた
初めての子育て慣れない授乳におむつがえ
赤は昼夜問わず気まぐれに泣きちっとも寝てくれない
良ウトメにずいぶん助けられた、今でも感謝してる

でもコトメとコトメ子(当時3歳)が来ると状況は一変
コトメの夫が忙しいとかで一週間に最低3回は来ていた
コトメ子は寝付いた赤のそばで大声で叫び乱暴に走り回り、
泣き出す赤をあやそうとふすま閉めて授乳をしようとする私の邪魔をしていた
良ウトメは注意するけど言うこと聞かない
コトメにいたっては「言えばわかる子だからこれ以上うるさく注意しないで」と良ウトメに指示する始末

コトメにとっては実家だからいつ来たってかまわない
コトメ子は3歳なんだから騒ぐのだって仕方ない
私の赤が生まれるまでは義実家でお姫様扱いだったから言うこと聞かないのも仕方ない
今なら私もそう思えるのだけど、24時間不眠不休の当時はそんな風に思える余裕が全然無かった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
522: 本当にあった怖い名無し 2014/02/06(木) 05:14:09 ID:n/6u2wO30

託児スレか 迷ったけど、復讐が主な部分なのでこっちで。

私が5歳の時、父と母が離婚して私は母に引き取られた。
離婚理由は父に隠し子(以下A子)がいたこと、私と同じ歳の女児で、皮肉なことに二人共そっくりな容姿だった。
私が7歳の時に母が病タヒ、母の両親も既に鬼籍に入っていたので、私は父に引き取られる事に。
当然、父の新しい家庭で私は邪魔者扱いで酷い扱いを受けた。
A子が可愛がられて自分が虐げられるのが辛くて仕方がなかった。
A子が自分によく似た容姿だったから尚更なのかもしれない。

で、A子は大学へ、私は高校卒業後就職して自立。
A子は19歳で男児(以下B男)を出産して大学を辞め、実家で仕事せずに暮らしていたらしい。
未婚なのは相手がホ/ストだったから。
A子が25歳の時に「運命の人に出会った」と子供を置いて蒸発。
「孫の面倒全部ミロミロ」と言われて、私は復讐を思い立った。

B男を引き取り、愛情を注いで育て上げた。
喧嘩もしたし、一緒に泣いたり笑ったりした、だた、恋愛事の相談には一切乗らなかった。
B男が小さい頃からわざと私に恋愛感情を持たせるように仕向けた。
「親」としてと「女」として、ギリギリのラインを考えに考えて発言、行動した。
B男はまんまと私の罠にはまってくれた、私に好意を寄せてるのが見え見えだった、それに葛藤している事も。
笑いを堪えるのが大変だった。

B男が18歳になった時に、「僕は母親としてではなく、ひとりの女性として貴方が好きです」とついに言った。
待ちに待った瞬間だった、何度も何度も頭の中で予行演習した言葉をB男に言ってやった。


「気持ち悪い、貴方をそんな風に育てたつもりはない」

この言葉がよっぽど答えたらしい、B男は大学受験に失敗し、今は祖父(私の父)の家でアルバイトしながら暮らしているらしい。
色白で背が高くて格好良いと言われていたB男は今はやつれて小汚い男になっているらしい。

もう3年前の話、40歳になるおばちゃんがお墓まで持っていく復讐話。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

スレタイ「天然の女友達の枕元にコン〇ーム置いた結果」

1:名無しさん@おーぷん2015/01/11(日)16:04:49ID:RL0
予想以上に彼女がアホということが分かりましたまる

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
755: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/11(月) 21:14:58.04 .net
胸糞注意。
汚嫁を膿家に売った。

発端は汚嫁の浮気。俺が半年ほど出張してるときに始まったらしい。
相手はテニス教室のコーチ。
取引先に荷物を持って行ったときにホテルに入るところを偶然目撃。
あとは興信所に調査を頼み、証拠を集めて引導を渡した。

問題は汚嫁の両親は既に他界しており、ケツ持ってくれる人が居ない。
テニスコーチは実家が資産家のようで、さっくり慰謝料払って逃亡。汚嫁孤立無援。
本人が働いて返すと言ってるが、正直そんな長期関わり続けるのは嫌だ。
そこで提案。
「知人が住み込みで働いてくれる女性を探している。内容は家事一般。食住つきなので、給料を全部返済に廻すこともできる」
これを受けたなら支払い額を半分にしてもいい。
汚嫁受けた。

この知人というのが膿家になる。
知人は長男で40過ぎ嫁なし。
膿家側は汚嫁見て、ぜひ来てもらいたいと歓迎。
汚嫁は顔は地味だが身体はムチムチプリン。藤❍紀香か深❍恭子ボディに イ❍トアヤコ(スッピン)顔を装着したようなもんか。
そこへ送り届け、契約書にサインするのを見届けて帰ってきた。

ここからは俺の想像だが、その夜に早速やられるだろう。ヘタすると、その家の男衆全員に。
跡継ぎが生まれるまでコキ使われ、うまれたら借金チャラくらいで追い出されるだろう。
脱走しようにも送り届ける途中、汚嫁は車のなかで爆睡していたので、自分の居場所すらわかるまい。
どうにか脱走しても俺は既に別の所へ異動してて引っ越し済みなので行くところもない。

半年の浮気の復讐にはキツイ気もするが、裏切りの報酬だ。

このページのトップ