鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

怖い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

384:おさかなくわえた名無しさん2010/10/12(火) 02:03:48ID:uokJ8oE0
とある飲み会行ったら、以前仕事で一緒になったことのある男がいた。
連絡先は交換したが仕事でもその後も連絡をとりあうことはなかった。その程度の仲。
向こうも私に気づいたので、「お久しぶりです」と挨拶だけして別テーブルに移動した。

飲み会終了後、その勘助に指でくいくいと、ジェスチャーで呼ばれた。
「お前、二次会行くだろ?」「行きますよ(最初からその予定)」「なら、いいわ、わかった」
このいきなりのタメ口会話のあと、しっしっと追い払われた。

二次会には勘助がいたが、この会話でむかついてたので一切話かけなかった。
向こうも話しかけてこなかった。

二次会が終了し、友人カップルとタクシーに乗りかけたら、ここで勘助登場。
「お前、家どこ?A町か。俺、E町だから方向一緒」と言いだし、
E町って方向かなり違うし遠いじゃん……と思ったものの、相乗りすることに。
「私が最初に降りるので先乗ってください」と言うが「俺真ん中座るの嫌」と言われ、
勘助が最後に乗り込むことに。

で、うちについた。ここで勘助が「俺が出すから財布しまえ」と偉そうな態度で
有無をいわさず、私の分を支払った。
でドア側の勘助が降りて、私が降りた。ここで勘助が車内に戻らず、
「じゃあ、俺たちそういうことなんで」と車内の友人に挨拶して、私の肩を抱いた。
友人に言わせると、ここでウインクしてきたそうだ。

私が楳図かずお漫画ばりの強烈な嫌悪顔で、手を振り払ったのを見て、
助手席に座ってた友人(カップルの彼氏のほう)があわてて車を降りてくれた。
友人の彼女は酔いつぶれていたので先にそのまま帰した。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

401: おさかなくわえた名無しさん 2010/07/02(金) 16:35:04 ID:FcerMzs4
彼氏の家に泊まりに行った時、自慰してるところを見てしまった・・
彼氏は私に無理強いしたりすること(整理中に手や口でしてとか、疲れてるときに無理やりとか)もなかったし、
自慰自体は悪いとは思わないんだが、やり方?に冷めた。

私がいつも先に寝てしまうので安心してたのか、パソコンでエ□ビを見ながら
シコシコ。しかも、私とはま逆の黒ギャルモノ。そこまでは許せる。

でも、呟きレベルではない音量で「このビ*チが!ヤリ*ンの汚いマ*コめ!」
とか言ってて怖かった・・なんかストレスたまってたのかな・・彼氏の裏の顔を見たようで鬱

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

717: 彼氏いない歴774年 2012/09/22(土) 03:05:59.06 ID:kGHN0D+J
たったいまなんだけど、襲われそうになった

終電もとっくにないし、まあ一時間くらい歩いて帰るかとか思って、家の近くまで来たところでまさか

意外と落ち着いていて、大声出せたからよかった
あと、相手が刃物とか持ってなくて本当によかった……

落ちついているとは思ったけど、今になって怖くなってきた……

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

1:名無しさん@おーぷん2014/07/29(火)23:38:24 ID:kNh0mpNg5

「父さんの再婚相手な、大学生なんだよ」

父の口からそれを聞いたとき、思わず鼻で笑ってしまった。
つまらない冗談だと思った。
それが本当のことだと、私が知ったのは今から半年前だ。

夏には眠れない夜が、ふと訪れたりする。
そして、そんな日は怖い話を聞いたり話したくなったりする。
 
今日がまさにそんな日だ。

怖い話が聞きたいって人は、よかったら私の話につきあってほしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)02:18:33 ID:jN1(主)
ワイの実家の近くに地元の人間は近づかないトンネルがある
というか暗黙のルールみたいな感じで小さいころから近道でも絶対通るなみたいな感じだった場所がある

そういう場所ある?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

551: 大人の名無しさん 2005/09/26(月) 00:45:22 ID:5lfpNJNB
嗚咽というか怖くてたまらないので
誰でもいいから聞いて欲しい話があるのだが、
書いてもいいかな。チラ裏といわれても仕方ないけど。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

623:名無しの心子知らず2013/11/21(木) 10:59:11 ID:nXpEn9pp

豚切りすみません。ペット可のマンションの四階に住んでて布団干してたら行きなり上から猫降ってきて布団に必タヒにしがみついてびっくりすぐに助け出したけど

首輪してないけど上の階のママさんが飼ってと猫だって知ってるから届けにいったら2歳の娘を怪我させたから放り投げた。そんな猫いらんお前飼えいわれてポカーン。

キチママって自分の子供に危害を加える奴には容赦なさすぎで怖い。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

873: 恋人は名無しさん 2008/09/22(月) 02:11:58 ID:hxPpMu3b0
彼氏の家でいちゃついてたら、彼氏が急な仕事で出かけてしまい、一人家に残された。
皿洗ったりクッションの位置を直したりと軽く部屋を片付けてると、
斜め後ろから物凄い吸引力が。
頭を無理やりぐいっとひっぱられたようになり、無理な体勢でその場所を見た。

クローゼットの中のただの棚。
なんだなんだ?と脳内ではパニックになりつつも体が吸い寄せられて、
その棚の引き出しに手をかけたところで、その吸引力は収まった。
吸引力は収まったけど、部屋の空気がおかしい。
冷や汗がでてきて、なぜか目線が外せない。
プライバシーの侵害をするのは最低だと思ってたけど、おそるおそる引き出しをあけてみた。
鍵付きの棚だけど、鍵はかかってなくて、すんなりと中が見れた。

盗撮された写真で埋まったアルバム、私の小中高の卒業アルバム
見覚えのある、無くしたと思ってた私物、捨てたはずの私物
私と出会う前の日付と私の名前が明記されたDVD、スケジュール帳、
私のだと思われる髪の毛の束や見覚えのあるネイルその他

発狂しそうなのを必タヒで抑えて、紙袋にそれらをあるだけ入れて、
彼氏の家を飛び出し、新幹線で実家に逃げ帰って親に事情説明。

腰が抜け震えまくってうまくしゃべれなかったんだけど、
アルバムや髪の束を見せたら、青ざめる母親。
2人でガクブルしつつも警察に連絡しようか話してると、
彼氏から電話がかかってきた。
悲鳴をあげて飛び上がったら、母が携帯の電源をきってくれた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

38: 弟 ◆q3SIBrZvBo 2008/09/24(水) 02:35:38 ID:PVMxHIvvO
カップル板の修羅場とは微妙にスレチだったらごめん
姉の話だけど投下

俺のねーちゃん(現在27歳)は結構美人で、古いけど、中根かすみをちょいぽっちゃり色白にした感じ。
仮にユイとする
性/格も明るくて、昔からよくモテた。
修羅場?は、ねーちゃんの会社の後輩の話。

ねーちゃん(ユイ)は、地元で一番の進学校に行き、地元の国立大を出て、地元のまあまあ名の知れた企業でOLしてた。
会社に入って3年目の時に、新入社員として、マオという女が入ってくる。
容姿は普通だが、服装や髪型がモサイ。
あと少しどうにかいじったら、そこそこ可愛くなれるのに惜しいって感じ。
ねーちゃんが教育係としてマオにつくことに。
聞けば、実家も同じ地区で、高校も同じ。
大学に至っては、学部も一緒だった。
共通点も多く、二人は親しくなって、よくつるんでいた。
その頃、ねーちゃんにはマサオという彼氏がいた。
マサオは会社の2つ先輩。
顔はそこそこだが背が高く、スーツとメガネがめちゃくちゃ似合う。
(私服だと冴えない感じ)
何より、男気があって、弟の俺も好印象を持っていた。

ある日、俺がツレと飲みに行った帰り、そのマサオがマオと二人で繁華街を歩いているのを偶然発見。
(マオは何度か実家に遊びに来たので、顔を知っていた)
その時は何とも思わなかったが、次にマサオに会った時に、
「この前、マオさんと一緒のとこ見ましたよ」
と世間話程度にふると、
「え?見間違えじゃない?」
と何やら慌てだした。
これは何かあるぞ、と思い、ねーちゃんに報告した。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
751: ■忍法帖【Lv=0,作成中..】 2016/08/18(木)10:19:46 ID:p3n
去年家でろくでもないことが起きまくってた。
あんまり続くもんだから、父が「先祖の祟りかもしれん」って真面目に言い出して、半分呆れながらお墓開けたら全く知らない無関係の骨壺が増えてた。ワケわかんな過ぎた。

このページのトップ