鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

怖い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
82: 名無しさん@おーぷん 2014/12/25(木)12:26:31 ID:11A
俺は結婚して半年で離婚した。まあ俺の我慢が足りなかったのかもしれないが、
本当にもう我慢ができなかったんだ。
自分でもあんなことが現実に起きるとは想像すらしなかったし、人から聞かされたら嘘だと思うくらい
ずうずうしい話なんだ。

俺が結婚して1カ月もたたないうちに嫁の弟が遊びに来た。少し飲みすぎたみたいで、
いくら起こしても起きなかったせいもあって終電に間に合わず。
結果その日は泊まり。嫁は謝ってたし、俺も嫁の身内ってこともあるし、
まあ仕方ないかって感じだった。次の日会社から帰ってくると嫁弟が晩飯食ってた。
これが嫁父、嫁姉、嫁母と繰り返されて3LDKの部屋に大人が6人住む状態が続き、
俺は嫁を外に呼び出して話し合おうと嫁を呼び出したら義家族全員がついてくる。
話し合いもできなかった。
結局、離婚に至るんだけど、もう離婚する頃には俺の貯金は義実家の生活費でかなり消費され、
嫁は専業だったので、慰謝料も請求はしたが、支払い不能。
俺の貯金も返済不能とものすごく恐ろしい結果になった。
嫁は俺と結婚する前は、俺の取引先の事務職で真面目に働いてた。
俺と嫁は取引先の人の紹介で付き合い、1年ちょっと後結婚。まあ、嫁実家は決して裕福ではないけど、
そんなに異常には見えなかった。
去年のクリスマスは、やれ結婚だなんだと浮かれてたなと思いだしてしまった。
今でもたまに、嫁家族が家にいる夢を見て飛び起きることがあるよ。
別に何をするってわけじゃないんだけど、ただただ自分の生活スペースがどんどん浸食されていく恐怖は
忘れられない。息が詰まりそうになるんだ今でも。
一体あいつら何だったんだろ。
離婚をするときも、「あっそう」って感じで全然もめなくてさ、慰謝料の取り決めなんかの
公正証書なんかにも簡単にぽんと判をつくんだよ。
どうせとれっこないから見たいな感じでさ。今でもよくわからない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
372: 1/2 2007/06/28(木) 13:19:51 ID:NPmyvVy7
十年近く前のことですが。学生時代一人暮らしをしたときの隣人が変だった。 
三十歳くらいの小柄な男で、引越しの挨拶に行ったらいきなり 
「俺が隣でラッキーだね。なんでも教えてやるよ。ところでまさか彼氏とかいないよね?」 
遠恋中の彼がいたけど、詳しく言いたくなくて「はあ、まあ」とか適当に答えた。

そしたら人差し指でおでこを突かれて「見栄張んなくていいって」と。 
呆然としていると手を出して「合鍵渡しなよ。普通預けとくもんだから」 
そんな話聞いたこともないし鍵を渡す気なんてなかったから、急いで自分の部屋に戻った。 
次の日の夕方、ドアチャイムが鳴った。ドアスコープから見ると、隣人。 
気味悪くてドア開けなかったらドア越しに 
「俺これから仕事だけど、戸締りちゃんとするんだぞ」 
それからもほとんど毎日のようにピンポン。 
「もう荷物片付いただろ?部屋見せろよ」「合鍵早く作れよ」「じらすのってやりすぎはよくないぞ」 
その度に、彼氏がいますからとか関係ありませんからとか言い返したのに効果なし。 
その男は夕方から明け方にかけて働いてたみたいで、外で出くわさないのが唯一の救いだった。 
学校から帰るのも、男が出かけた頃を見計らって帰るようにした。 
するとそのうち、早朝、壁をトントン叩いてくるように。無視していると、 
今度はぶつぶつと愛?の言葉を呟く。 
「素直になれよ」「俺とおまえは運命の相手なんだよ」「全部教えてやるから怖くないよ」 
もう、実家(市内)に帰ろうかと思っていたとき、彼氏が県外から来てくれ、泊まることになった。 
その翌朝早くのこと。 
夜明け前に、私はなぜか目を覚ました。今思えば、ドアが開く音がしたんだと思う。 
部屋は暗かったけど、カーテンの隙間からすこしだけ外の光が入っていて、 
そこに誰かが立っているのがわかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
799: 1 2007/01/08(月) 00:53:53 ID:o19OOUQB
長文ごめんなさい、おとといの出来事。 

現在、非英語圏で語学留学中なのだが、 
大学構内でも人気のない場所はレ○プ事件などがあるため、 
危ないから一人でうろうろしないように、ときつく言われてた。 
だけど、授業が終わってからついつい教室で勉強してしまい、 
気づいたら変な黒人と二人っきりだった。 
「やば!!」と思ってすぐに帰ろうとしたら、 
いきなり後ろから黒人に襲われた。

相手の体格は2mの100kg超え、もう恐怖で声も出なくて、 
人生走馬灯で、これで私はAIDSになるんだ… 
それかFBI捜査官の本みたく、切り刻まれるんだ… 
と完全に絶望して怯えてたため、完全に無抵抗。 
相手もこりゃ楽だと思ったのか、目の前にブツ出して、 
「舐めろ」という。 
で、それが、どう見ても自分の腕よりでかいブツ 
もう本当に馬なのか人なのか怪しいくらい大きい、黒い。 
ていうかどこにしまってたの?って感じ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
563: 名無しさん@HOME 2015/07/20(月) 16:48:32.89 0.net
雑談の流れ切ってごめん
他の人と比べたら未遂?だし修羅場感は薄いけど。

今日午前中に掃除も終わって一息ついてたら、玄関のチャイムがなった。
インターホンでたら「宅配便です」って。
普段なら「佐●です」とか「ゆう●ックです」とか言われるから、あれ?って思って、
どこの業者さんですか?って聞くと「…ヤマトです」
でもヤマトって宅配便じゃなくて宅急便じゃん?ってなんか怪しく感じて、今出れないので申し訳ないのですがこちらからまた再配達の連絡をします、って言ったら返事がなかった。
しばらく待って玄関見に行ったけど、誰もいなかったし不在票みたいなのもなかったよ。
なんだよー!って思ったけど、昼寝して冷静になった今、もしかしてヤバかったんじゃないかって心の中が修羅場。
ただのセールスだったんならいいんだが。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
388: 名無しさん@おーぷん 2016/10/01(土)11:05:47 ID:KwK
ついさっきの話なんだけど運転中電話がかかってきたため、車通りの少ない道に入ってから停止してハザードたいて通話。
終わってからよしと思って発進しようと思ってエンジンをかけようとしたら窓をコンコンと叩かれそちらをみるとスーツをきた男性2人。1人は茶髪の若い男の子でもう1人はおっさん。2人ともスーツを着てた。
なんとなく気味が悪くて窓半分開けたら「警察なんですけど」って。

後ろにはよくTVで見る覆面パトカーとかである白い車。
駐停車禁止の場所じゃないしおかしいなとは思いつつも話を聞くと
ここらへんで強盗があった。犯人は捕まってない。車の中を見せてくださいとのこと。
そこは家の近所なのだが強盗があった話なんか聞いてない。
第一覆面パトカーみたいなやつが聴取するかと思ったし、車の中はオタクグッズwwまみれであまり見せたくなかった。
ふと前日に偽警察官の話をまとめで読んでいたので思わず「警察手帳見せてもらってもいいですかね。ああいうの初めて見るんですよ」って聞いたらしどろもどろで「持ってなくて...」とか仰る。
これは偽警察官では!?とか調子に乗って「どこの警察署の方ですか?名前うかがってもいいですか?」とさらに聞くと開き直って「と、とにかく開けてもらっていいですか!」と怒鳴られました(鍵しまってます。)
「警察呼びますね」と言って窓をしめて携帯で電話をかける振りをしたら逃げていきましたが、私には忘れられない体験でした。
ほんとに、そういうひとっているんですね。
あー怖かった。


読みづらかったらすいません!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

874おさかなくわえた名無しさん2008/09/22(月) 12:04:31 ID:s9HhrYKG
出産以来夫婦で子供と寝るようになったのでずっとレス。
嫁は妊娠以降今でもずっと太り続けて怪獣みたいだし、
俺はそんなに性欲が強い方でもなかったので、まあ
お前がいいんなら別に俺はいいやwって感じでした。

だけど
つい先日子供も一歳になったからもう一人ほしいと言って
いきなり乗っかってきた。隣で子供が寝ているので思わず
「おい!起きたらどうすんだよ!」と払いのけてしまった。

それ以来、嫁が家の中をネ果で歩き回るようになった。
これはどういう意味?やめろって注意しても無視。恐いんだよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
211: おさかなくわえた名無しさん 2012/09/06(木) 01:35:59.55 ID:sfp5EYFH
じゃあ、次の報告者さんが来るまでの繋ぎで投下します。 
携帯からなので読みにくかったらすまんね。それに面白くもないと思う。 

2年程前、私(18)は上京して一人暮らしを始めた。 
当然ながら周りに友達はおろか知り合いすらもいなかったので不安だったが、アパートの大家さん(46歳/独身)がとても親切な人でいろいろ気にかけてくれていたのでなんとかなった。 
住み始めて3ヶ月ぐらい経った頃かな?突然見知らぬ老夫婦がやってきた。??となっているとおばあさんが写真を取り出し「これはあなたで間違いない?」と丁寧かつ申し訳なさそうに見せてきた。

確認してみるとそこに写っているのは紛れもなく私。だけどこんな写真撮られた覚えはない。 
てかなんで全く面識のない人達が私の写真持ってんの?とか考えてたら、おじいさんがこれまた丁寧かつ申し訳なさそうに「失礼を承知で聞くが、お嬢さんはここの大家とお付き合いしているかい?」と聞くので即効「いや、してないです。」と否定。 
すると老夫婦は「やっぱり...」とか「またか...」とか言ってた。 
2人だけで納得されても困るので話を聞いてみたら、大家はとんでもない勘違い男だという事が判明。話長かったからまとめた。こんな感じ。 
・老夫婦は大家(以降勘助)の両親。 
・3ヶ月前、勘助が私らに「新しくアパートに入った子と付き合いだした!」と報告に来た。 
・だが勘助は以前にも「新しく入った子と付き合いだした。」と言い、実際は勘助が一方的に付きまとっていただけという事がある。 
・なので心配していたが、勘助は、付き合ってる証拠だと言って、実家に来るたびに大量に交際相手の写真を持ってくる。 
・だがどれもあからさまに隠し撮りのような雰囲気の物ばかり。それで今日直接確認しに来た。 
ちなみに写真は家の近くはもちろん、バイト先や学校付近で撮られた物もあってぶったまげたわ。 
老夫婦は引越し費用は全て自分達が出すからすぐ逃げなさいと言ってくれたので、友達に手伝ってもらったりして翌日には家を出た。 
その後は勘助からは何もされていない。ただもしかしたら、隠し撮りはされ続けてるかもしれないけどね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
840: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/10/05(日) 23:17:37
私も骨董市で1コ100円のガラスボタン物色してた。
どれにしようか1コ1コ見てたらその店の人に「もういいでしょ?」って
スゲー嫌な顔されてビックリしたことある。
悩んでたのは10分くらいか、他に人がいなかったし、当たり前だけどガチャガチャ
してたわけでもない。
なんか怖って思ってそれから骨董市には行く気なくした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
825: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 05:50:17.82 ID:cbvV2LL6
修羅場といっても、事件や事故に巻き込まれたわけでもなく 
単なる精神的な修羅場です 

20年ほど前、中古の一軒家を購入 
住み始めて数日後、小学校低学年くらいの子が家に来て 
「ここ、僕ん家なんだけど」と言い出した 
最初は???でしたが、すぐに前の住人だろうなと思い 
今は、私たちが住んでいるから僕の家は違う所になったんだよみたいなことを言って帰した

隣の奥さんに聞いてみたら、たぶんその通りで 
旦那さんがパチ○コ中毒で借金して離婚してローンが返せなくなっての物件だった 
家の程度もよく住所も色々便利で値段もお買い得だったから購入したのだけど 
気分的に離婚理由もローンが返せなくなったのも自分たちのせいの気がして嫌な気分になった 
中古住宅物件というものは、こういった嫌な気持ちも付いてくるから安いんだなと思った 

これが私の中の第一の心の中の修羅場 
続きます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
140: 名無しさん@おーぷん 2016/07/10(日)23:14:37 ID:FUE
大学の研究の一環として、辺境の田舎の村・町起こしを手伝っていたんだど、
途中で教授がやむを得ない事情でやめてから歯車が狂いだした
まず、若者を呼びこもうってことになったはいいが、こちらが面接までして募集した優良物件をダメダメ~とゴネる老人たち
住民たちが推薦してるのは40にもなってブンガクに勤しむただのフリーター
そんなのをカネ出して勉強させて村の公務員にしようとしてるらしい。

こちらとしても、わざわざ都会から引き抜いてきた人材をムダにするわけにいかず、そのまま試験を受けさせた
当然、40代のクズが受かるわけもなく、こちらが用意した候補が役所に雇われた
これが我々大学側と住民側の決定的な亀裂の原因になった。
というのも、役場の募集なんて村を出て行った家族が帰ってこれる唯一と言っていい機会で、
40代のブンガク者は90歳くらいの農家のジジイの子供らしい
介護とか、いろいろ期待していたのによそ者がその機会を奪ったと誤解されて決定的ん分裂

さらには、こちらからも金を出したハコモノを実質的に占領されてしまった。
そのハコモノの運営がうまく行けばよかったものの、見事に失敗
借金が村の財政を圧迫しまくって冬の除雪費用が大幅削減されたり、諸々の維持費を削る自体に・・・
ここまで来ると村は崩壊とは言わないが、確実に村おこし前より酷くなっていた
しかも、その全責任を我々大学側に求めようとしてきてこいつらまじで頭おかしいと思った。

このページのトップ