鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

恋愛感情

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
522: 本当にあった怖い名無し 2014/02/06(木) 05:14:09 ID:n/6u2wO30

託児スレか 迷ったけど、復讐が主な部分なのでこっちで。

私が5歳の時、父と母が離婚して私は母に引き取られた。
離婚理由は父に隠し子(以下A子)がいたこと、私と同じ歳の女児で、皮肉なことに二人共そっくりな容姿だった。
私が7歳の時に母が病タヒ、母の両親も既に鬼籍に入っていたので、私は父に引き取られる事に。
当然、父の新しい家庭で私は邪魔者扱いで酷い扱いを受けた。
A子が可愛がられて自分が虐げられるのが辛くて仕方がなかった。
A子が自分によく似た容姿だったから尚更なのかもしれない。

で、A子は大学へ、私は高校卒業後就職して自立。
A子は19歳で男児(以下B男)を出産して大学を辞め、実家で仕事せずに暮らしていたらしい。
未婚なのは相手がホ/ストだったから。
A子が25歳の時に「運命の人に出会った」と子供を置いて蒸発。
「孫の面倒全部ミロミロ」と言われて、私は復讐を思い立った。

B男を引き取り、愛情を注いで育て上げた。
喧嘩もしたし、一緒に泣いたり笑ったりした、だた、恋愛事の相談には一切乗らなかった。
B男が小さい頃からわざと私に恋愛感情を持たせるように仕向けた。
「親」としてと「女」として、ギリギリのラインを考えに考えて発言、行動した。
B男はまんまと私の罠にはまってくれた、私に好意を寄せてるのが見え見えだった、それに葛藤している事も。
笑いを堪えるのが大変だった。

B男が18歳になった時に、「僕は母親としてではなく、ひとりの女性として貴方が好きです」とついに言った。
待ちに待った瞬間だった、何度も何度も頭の中で予行演習した言葉をB男に言ってやった。


「気持ち悪い、貴方をそんな風に育てたつもりはない」

この言葉がよっぽど答えたらしい、B男は大学受験に失敗し、今は祖父(私の父)の家でアルバイトしながら暮らしているらしい。
色白で背が高くて格好良いと言われていたB男は今はやつれて小汚い男になっているらしい。

もう3年前の話、40歳になるおばちゃんがお墓まで持っていく復讐話。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
423: 1 2009/06/17(水) 18:35:34 ID:3EmXO0JDO
※15歳で関西に来たので私のみ標準語です。
他の人は関西弁ですが、私は関西弁がよくわからないのでお見苦しいところがあると思います。

私→当時高校3年生
彼男→当時高校3年生
後輩(男)→当時高校2年生
部長→当時高校3年生

私と彼男は高校2年生のときに付き合う。
彼男と後輩は部活仲間で親しかったので、お昼休みを3人で過ごすことは結構あった。
ちなみに彼男と後輩は中学も同じです。
後輩は小生意気で先輩後輩問わず敵を作るタイプだった。
彼男が後輩と仲良くなった理由は後輩も彼男も部活でレギュラーだったから。
彼男もすごく後輩を可愛がってて、私はそれを「ムフフ大人な感じじゃん」とか呑気に思ってた。
後輩は私にも生意気で、よく面と向かって毒舌を吐いてたりしてた。
「先輩きもいっす」
「近付かんといてください」
「彼男さん、この人のどこがええんすか?」などなど。
彼男は「お前俺の彼女にひどいこと言うなや~」と笑いながら言ってたし、その後輩は彼男にも毒舌を吐いてたので特に気にも止めず。
それに、後輩は照れ隠しのために毒舌を吐いているだけで本当は優しくてイイコなんだと彼男に聞かされていたこともあり。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
354: 名無しさん@おーぷん 2016/03/04(金)14:15:47 ID:0oM
バイト先の店長が新しいiPhone買ったから古いiPhone6をくれた
自分の5cだったからとっても嬉しい!

でも彼氏がそれにむっちゃ怒ってる
こんなのは絶対浮気とかじゃないよー
なんの恋愛感情もないよー
このくらい信じてほしいよ

返せって言うけどもう設定とかやってもらったし
かわりに5c渡したから無理だよ
これが許せないってどうですか?
信頼関係が全然成り立ってない感じでしょうか?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
136: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/29(日) 22:27:19
ここチラ裏だよな。というわけでグズグズな長文いくからスマン。 

嫁には恋愛感情というものがない。 
可愛くて華奢で一目惚れした。 
俺だけじゃなく、同じサークルの男どももバイトすりゃバイト先の男も。 
付き合ってりゃ自分に恋恋してないのは自然に分かる。 
でも厳しい嫁親の門限クリア、面接クリアして付き合い続けられる奴は 
限られてたから俺が残った。

恋愛感情無いのは分かってたがそれは嫁の個性で仕方ない。
他に誰かを愛してる訳じゃなく、誰も愛していないから俺の事も愛してないが
俺に情は移ってきたと感じられたからそれで十分と思って結婚した。
「誰も愛せないのは感情の大事な線が一本足りない、障害だと思う。
身体の障害は見えるから分かりやすいけど、内側の障害者だと思う」と言われた。

充分な誠意をもらったと思って結婚した。
子供もうるさくて嫌いだし愛せないと言っていたから、二人で平和に過ごしてた。
後から結婚した友人達が次々に出産し、嫁は「子供産まないと」と言い出した。
厳しく過干渉支配的な嫁親に育てられた嫁には、「人生の正しい唯一のコース」から
はずれる勇気がないのは分かっていたから(だから俺が嫁と結婚できたわけだし)
嫁が愛せない分ガキは俺がベッタリ愛してやるから大丈夫と言って子を持つ事にした。

嫁はきちんとしっかりした人間だから、ベタベタした愛情は示せなくてもしっかり世話は
すると確信していたから、愛は俺が与えてやればいいや、クールな母親も悪くないさ、と
思ったからさ。

このページのトップ