鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

恐怖

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

677: 名無しさん@HOME 2016/03/31(木) 18:53:20.36 0.net
うちは車が二台あって、それぞれが通勤に使っている
休日に一緒に出掛ける時は、ナビが付いている夫の車を使う事が多い

年末に夫の車で一緒に出かけた時に、私のじゃない長さの髪の毛を発見した
その少し前に義実家に行った時に、義実家近くの店に行くのに義妹に案内してもらって
その時案内の為に義妹が助手席に乗ったので、その時かな?と思った
義妹は髪を染めてなくて、車内に有った髪は茶色い気がしたけど
余り気にしなかった



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
14/11/29

自分的にすんごい怖い話だったんだけど、
3ヶ月くらい前から
仕事から帰宅すると
晩御飯が1人分だけ作ってある事がちょくちょくあってさ。

私が残業有のフルタイム正社員で働いてる事をよく思ってないトメが
当てつけ的に作ってってるんだと思ってたから
特に気にも止めてなかったんだよね。
トメが私達不在の時に侵入してくるなんて日常茶飯事だったし。

んでこの料理がくっそ不味い。

トメは美味しい!って絶賛する程ではないけど、
普通に食べられる程度の
料理を作る人だから
なんじゃこりゃ??な状態で私も旦那も食べずに捨ててた。 

たまに旦那のアレルギー食材がガッツリ使ってある料理が準備されてる時もあって、
いい加減食べ物を捨てるのも嫌だから
用事で義実家に行った時に
「勝手に家に入るのは別にいいんで料理はやめて下さい。
食材勿体無いし私も旦那も食べられないんで。」
と言ったらトメ、
「料理ってなんのことよ??」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
12/05/27

親父と義弟がアッーな話し。 
俺的には一先ず修羅場は終わったと思うのでカキコさせて下さい。 

関係者 
親父(49) 藤岡弘 ×4 

姉(25) フリーター ×1 親父のクローン 
今回の騒動や親父の性癖等色々知っていたが黙認 

俺(23) もやし 姉と母同じ 嫁大好き 

弟1 高3 竹内力 
弟2 高1 親父の靴の裏と鞄の内側に黒マジックで馬鹿って書く程度の親父嫌い 

嫁父(55) 温水洋一 子離れ出来ない 
嫁母(54) IKKOさんっぽい 優しい 
嫁(23) ブラコン 福山雅治の真似が得意 結婚1年目 
義弟(21) 雰囲気だけ清春 笑うと庄司 親父経由で姉と仲良し。 

嫁と俺はアパート。 
親父と弟2人は一緒。 
姉は友達とアパート。 
義弟は実家暮らし。 

姉と義実家は隣の市。 
それぞれ電車か車で30分から1時間で行ける距離。
電話で義弟からうちの親父とアッーな関係であると謝罪される。 

後日、夜、3人で居酒屋の個室で話し合い。
親父の提案であっさりと何も無かった事にする事で解散。 
俺、色々思うところがあり親父宅で改めて話す。 

まず、義弟の事で揉めた。
親父の対応の仕方が気に入らなくて、俺が一方的に罵倒しまくった。 
そのうち頭に血が上った俺が、昔の疑惑等を蒸し返してしまい戦闘開始。 
もやしの精神攻撃も虚しくさらりと藤岡弘に床にたたき付けられる。
騒がしさに気づき2階から弟1が現れる。 
弟1の「兄ちゃんに何をするだー!!」
と、いつの間にかいた弟2の煮えたぎるカレーで俺、助かる。
弟2人のサポートにより逃げる。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
11/05/23

2~3年に一度だが、夏に家族旅行に行っている。
 
今年『あぶく銭』が手に入り、
某ネズミーランドとシー両方に行こうと旦那が提案。 
小学生に上がったばかりの娘は大はしゃぎ。
 
「でも、他の人には絶対に言ってはいけないよ!
言ったら、ネズミーに行けなくなるよ!」
と脅し、口止め。
ガクブルで涙目になりながらも
「言わないよ!」と娘。
 
ここまで念を押すのは、
過去に娘が旅行に行くというのを、近所の人に言って、
連れて行ってクレクレ(旅費も出してクレクレ)が湧いたため。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
09/03/26

ずいぶん前の話だが、友人(♀)が結婚式を気の毒なくらい荒らされたな。 

友人の披露宴の歓談時間の最中に女性が入ってきて、
新婦に向かって大きな声で
「◯くん(新郎)と結婚するのは私だったのよ!」
「泥棒!」
「年増(新婦は新郎より7歳上)のババーのくせに!」
と罵倒を始めた。

親族席も友人席も固まってたけど、新郎のお母さんだけが冷静に
「お話聞きましょう」と彼女の言い分を聞き始めた。


このページのトップ