鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

恐怖

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

903: 恋人は名無しさん 2011/12/12(月) 02:27:01.25 ID:ERqPnGYMO
その日自分は会社の飲み会で遅くなるって同棲中の彼女に伝えた。
彼女の方も友人と出掛けるらしく、じゃーねと笑って出勤。 
で自分知らないうちに風邪ひいてたらしく宴会途中気分悪くなって、早々に家に帰って寝てた。 
寝室で寝てたけど、この日は酔ってもないし帰った扉の開く音で目覚める。 
狭い家だから玄関から彼女の声は聞こえる。 
誰かと携帯ではなしてるようだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

113:名無しさん@お腹いっぱい。2009/05/20(水) 23:46:33

嫁の言いなり?
もうね、そんなレベルじゃないよ!
口答え出来ない・俺の意見は聞いてくれない・あたしの物はあたしの物あなたの物はあたしの物・天上天下唯我独尊だよ!

新婚の頃、俺が怒って怒鳴ると
泣きながら俺にビンタかまして夜中に実家に帰ってしまって、次の日には嫁さんの親戚一同に吊しあげだった。
それ以来口答え出来ないんだよ!
怖い…マジで怖いよ。
離婚話なんか切り出したら、俺、裏山に埋められちゃうよ!

正直、俺も奴を見た目で選んでしまったんだ。
たしかに美人ではある。
身長も高いしスタイルも良い。
その反面、忄生格が面倒臭いのなんの。ありえないよ。
何かあると全て俺が悪い事になるから!
バーカ!!!!バーカ!!!!
おまえはもう中年のオバチャンなんだよ!誰も見向きしないっての!
俺はおまえに騙された被害者だ!!

俺がタヒぬ時、絶対に奴をぶん殴ってタヒぬんだ。

(´;ω;`)ウッ…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

747愛とタヒの名無しさん 投稿日:2009/08/23(日) 22:22:11
微妙にスレチ 

結婚式が始まってすぐに、トイレに行きたくなって会場のドアを半開きにした。 
廊下の向こうから、細顔で黒い髪の女性.が歩いてきた。 
包丁を持ってる。 
突然のことで思考停止。金縛りみたいに動けない。
女性.がまっすぐ、ドアの3M手前まできたときに、 
(ダメだ!) 
ドアを閉めた。
怖くなって、すぐに席に戻った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

973恋人は名無しさん 2009/06/24(水) 18:11:06 ID:vgtmYYHQO
私…25歳
彼氏…25歳
ラジ子…30歳 彼の会社の派遣社員

交際をはじめて5年目に体験した修羅場。
私と彼氏は同棲はしていなかったが、お互い一人暮らしで家も近所だったので半同棲状態だった。
ある日、早めに会社を上がれた私。
その日はなぜか朝から無忄生にカレーが食べたい気分だったので、メールで了承を得、彼氏の家でカレーを作って彼の帰りを待っていた。
しかし、メールの返事では9時までに帰れると言っていたのに、その時間を過ぎても帰ってこない。
もともと残業が多い人なのであまり気にしなかったが、さすがに10時を過ぎると自分の腹も限界だったので、携帯に電話してみた。
すると、数コールのうちに彼が出た。

私「お疲れ~。何時くらいに帰って…」

彼氏「ごめん!まだ俺んちいるよね?今日は絶対もう家から出ないで!
説明は後からするから!ホントにごめん!
カレーも先に食べて寝てていいよ!
何時に帰れるか分からないけど心配しないで!」

私「へ?…」
ガチャ、ツーツーツー

まくし立てられ、切られた。
彼がしゃべっている間、後ろからギャーとかゥオーとかよく分からない女忄生の声らしきものが聞こえていた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

372: 1/2@\(^o^)/ 2014/04/30(水) 03:46:40.65 ID:Wk60fjEN.net
中学校の修学旅行のときに起きた話。 
まず、前提として父はかなりのミリオタ。
そして俺もその影響でミリオタ。 

で、父はよく変な遊びをしてくる。
例えば雷撃機が飛んできたごっこなんかは、
父が手を飛行機に見立ててこっちに向かってくるので、俺はそれを対空機関銃で撃ち落さなくちゃいけない。 
さすがに小学校の高学年ぐらいになると馬鹿馬鹿しく思えてくるんだが、俺がそれに乗ってあげないとすごいしょんぼりするんで
内心コイツガキだなぁなんて思いながら付き合ってた。 

で、俺が中学のときの修学旅行に出発するとき、
両親が見送りに来てくれたんだが、出発するバスに乗って
ふと外を見ると父と目が合い、ビシッときれいな敬礼を決めてくれた(しかもバスに乗る俺に配慮してか海軍式だった、いつもは陸軍式なのに) 
馬鹿らしいとは思ったけど、父を数日間しょんぼりさせるのも可哀想だったんで俺も敬礼を返してそのまま出発。 

バスの中で「あの敬礼してたのだれ?」って話になり、
親しい友達は「さすが俺君のお父さんだな」
そこまで親しくない友達は「あぁ、やっぱり」
話したことも無いような相手も「面白いお父さんだね」なんて話をしながら旅行開始。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

776愛とタヒの名無しさん 投稿日:2014/01/04(土) 15:12:32.65
私のせいで不幸になったかもしれない結婚式。 
小学生の時に親戚(新婦)の結婚式に出席した。 
その時に新婦友人が作ったというウェルカムボードを「綺麗だなあ」と見てたら 
自分がちょっと動いた時に一瞬別の模様が見えた気がして 
「ん?」と思わず手に取って動かしたりしてみた。 
すると角度が変わると別の模様が浮かぶらしいということに気付いた。
そこで母親に見つかり「こら!勝手に触っちゃダメ!」と叱られたんだが 
「角度で違う模様になるんだよー」と私が言うと母や他の親戚達も 
「あらそうなの?手が込んでるのねえ」と集まって見にきた。 
大人たちも私がやってたように色々な角度にして見ていたがその内 
「え…」「何これ…」と空気が重くなる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

659: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/26(月) 19:54:19.14 ID:wZ9CdhWh
以前俺が住んでたアパートの近くに当り屋をやってたキチママがいた 
(以下Aママ:年齢は30代後半ぐらい) 

当時大学に通いながら一人暮らししてたんだけど、そのAママとは何回か道で顔を合わすこともあった。 
「あら~こんちにわ~」とか普通に挨拶もしてくるんで、そん時は別にキチとは思ってなかった。 
アパートの隣に住んでた仲が良いおばさん(野菜を貰ったり色々世話になってた)によると 
どうもかなり前に離婚して、子供を一人で育ててるらしい。
俺がたまに見かける時はいつもAママが一人の時だったんだが、
ブランド物の洋服着てたり高そうな自転車に載ってたり、シングルマザーにしてはやけに金持ちだなーと不思議だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

25: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/08(水) 13:42:11.38
突然の飛び込みで失礼します。 
キチに遭遇したのですが相手がママかどうかわからず 
育児板のキチママスレと雑談スレから誘導されてきました。 

よろしくお願いします。
27: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/08(水) 13:45:59.03
土日に実家へ遊びに行き、父母、わたし、子2人
みんなで隣町に買い物にでかけ 
途中子どもが「おやつ」「おしっこ」というのでコンビニに立ち寄りました。
父だけが車で待っていました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

553同人友止め 1 投稿日:2009/10/10(土) 01:00:33
流れをかえる為に投下 

FAXでイラスト交換してた頃からの同人友人A。 
Aは私より5歳年上で結婚して同人の海鮮(※買い専=買うだけの人)へ 
私は現役でサークル続行中。未婚で自分の稼ぎは全て同人。 

Aから、「旦那が実家に行ってるから~今年のミケ(※コミケ)は家を宿にしなよ~」とありがたいお言葉をもらい。 
海鮮A・サークル参加私+共通の友人Bの3人でAの家へ泊まった。
その時、家の中がスゴイ荒れようだった。 
玄関は靴がぐちゃぐちゃに脱ぎ散らかされ、 
夏なのに冬用のブーツが何足か出されてた。 
食器はぐちゃぐちゃで流し台に積まれ異臭を放ち。 
廊下の隅にはホコリがつもり。 
さらにゴミ袋が7~8個分積まれて異臭を放ってた。 
私たちが泊まる2階はキレイで匂わなかったが、 
今までしっかり主婦してたAの豹変ぶりに驚いた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

153名無しさん@HOME2018/02/06(火) 22:09:23.79 0
妻に先立たれた義父に、おかずを毎日運んでいたら、毎日のように遺産はやらんよ、
と聞いてもいないことを言いつけられ、心が折れました。

遺産なんて思いもよらなかったですし、最初は笑っていられたのですが、
ある日これってモラハラじゃないか、と落涙してました。
優しくしたかっただけなのになあ。

このページのトップ