鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

携帯

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
553: 名無しさん@HOME 2014/07/28(月) 02:34:42.67 i.net
旦那がかなり怪しいです。 
長文すみません。 

朝まで飲み会行くってLINEが来たから確認したらGPSでは電車で30分離れている場所にいて頭真っ白になりました。 
(ここまでは何処かに書き込んだんですがどこだったか思い出せず…) 


翌々日に携帯見たら 
「このあいだの、奥さんにバレてないですか? 」「バレてないよー」のやり取り 
この翌日に 
「なんか隠してる事ない?あるなら今のうちに言ったら許すよ?」 
ってかまかけですよね。勿論話さなかったです。だから今ここに書き込んでいるんですけど… 
後日また確認したらこの会話だけ消されていました。 

もちろんGPSもLINEのやり取りもスクショ撮って保存してあるけどどちらも決定的証拠ではないので白を切られたら突っ込めないんです。 

当日の動きを会社の後輩たちに確認したら21時に一次会が終了した事は確実で私の交友関係だけではこの後の動きがつかめず終わりました。 
相手?も結婚一年間位の新婚さんで相手旦那もうちの会社の別部署の若い子って事だけは分かりました。 

多分一度だけのつもりだとは思うので見て見ぬ振りをしようと思う半面このままなのはシャクにさわります。 
今釘をさすか、このまま少し泳がせるのか… 
私自身もまだ決めかねている状態です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
861: 名無しさん@HOME 2009/02/02(月) 21:06:51

微妙なDQN返し。 

外出の有無や買い物の内容から月の物の周期まで、何から何まで私の事を管理したいらしい鬱陶しいトメ。 
旦那に相談しても「おまえの事が心配なんだよ」とアサッテ。 
ある日、義実家に行った時にわざと携帯を忘れて帰った。 
私の携帯は普段はロック状態。 
これは対旦那じゃなくて対家族以外なので、ロック解除の暗証番号は旦那も知ってる。 

携帯を忘れて帰った次の日、旦那はトメから呼ばれたからと義実家に行った。 
トメの用事とは私の携帯の件で、 
・携帯にロックがかかっているのは嫁子が浮気をしている証拠だ 
と言う話になったらしい。

 でもその場で、旦那の手によって解除される携帯のロック。
自分の援護射撃要員として呼んでいたコトメの「何でお母さんが嫁ちゃんの携帯にロックが
かかってるなんて知ってるの?」という何気ない疑問で自爆。
(このコトメ、トメとはピーナッツ状態だと思ってた。少なくともこの件があるまでは)
旦那は「彼氏(彼女)の携帯チェックするようなやつは氏ね」な考えなので、トメを問い詰めたところ
ファビョったトメは私の携帯を叩きつけるやら何やらで再起不能にしてくれた。

そして数日後。
コトメが10万ものお金を持ってやって来た。
その10万は新しい携帯を買うお金と、破壊された携帯の残債分。
現在のトメは、コトメと旦那が強制でウト(他界)地元に連れて行き、そこでウト兄宅の家政婦として
まる1日監視状態で余生を送っている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

【後編】←NOW

711: BOX ◆glwg0hHDLQ 2007/12/10(月) 15:17:17
夜はどうもありがとう。 
嫁の携帯に何度かかけたら、ようやく出てくれたんで、話そうと思ったら、何を聞いても「そんなの関係ねぇ」って言われた挙句に切られた。 
どこにいるのかも、いつ帰ってくるのかも答えてもらえなかった。 
息子はとりあえず今日は幼稚園を休んで、俺と午前中は公園で遊んで、さっきまでこどもチャレンジで遊んで、今は昼寝してる。 
「おとしゃんと遊ぶの楽しいねぇ」って言ってくれてるのが、今は唯一の救い状態。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
473: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/26(土) 19:47:32.65
嫁ってさ付き合っている頃は可愛かったけど
どうして結婚するとあんなにかわるんだろう?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr


【1/2】←NOW
【2/2】18:43公開予定


777: 浮気さん@お腹いっぱい。 2008/03/13(木) 19:58:49
不倫されて離婚が成立したんだが、ちょい体験談書いてよろしいでしょうかね?

このページのトップ