鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

敵意

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

863:名無しの心子知らず2009/08/18(火) 22:22:04 ID:VW66wAmf

結婚して8年、自分で言うのも何ですが、すごくいい嫁でした。

「うちに嫁に来たんだから実家は忘れろ」という考えの舅にも笑顔で接し(旦那が気遣ってくれるので車で2時間の実家には3ヶ月に一度程度は帰省できてます)

大事に育ててきたムチュコタンをたぶらかした年上女め(といっても1歳差です)と敵意剥き出しコソコソと本当に雑巾の搾り汁でお茶を出してくるような姑にも逆らわず

7年も子梨だった為石女呼ばわりされ
旦那君がこんな石女を養って一生を終えてしまうなんて可哀相だ、離婚しろといつもネチネチ言われてきました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
681: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/01/27(月) 19:19:30.15

妹が出来婚なんだが年子妊娠したらしい
嫁が「すぐ妊娠するねー。家畜腹ってやつ?」だと
旦那とはいえ人の妹によくそんなこと言うわ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/04(木) 20:35:48.67 .net
相談させて下さい。 

我が家は住宅密集地なのですが
隣家の奥さんと妻がほとんど同時に妊娠したのが事の始まりでした。 
ほぼ同じ時期に引っ越してきた事もあり、妻と隣の奥さんはすぐに意気投合

私は仕事が忙しかったですし、
隣家の旦那さんは余り積極的に近所付き合いするタイプでは無かった事もあり
家族ぐるみとは行きませんでしたが、それでも親子ぐるみで 
子供が小さかった頃はかなり親しく付き合っていたようです。 
うちは娘で隣家の子は男の子でした。この子をA君とします。
ここからは嫁や娘からの又聞きも入ります。 
A君は小さい頃は体も小さく余りぱっとしない子だったようですが
高学年くらいから結構良い感じに成長していったみたいで
確かに私の目から見ても外見は整っているし、
高学歴で超一流企業から内定を貰っていて
学生時代からスポーツで結果を残すなどまあモテる条件は整っている子でした。

娘も小学校高学年くらいからずっとA君の事が好きだったようです。
ただA君と娘は友達としてはかなり親しくても異性関係には発展しなかったようです。
理由はA君には中1の時からずっと付き合っている彼女がいたかららしいです。
この子をBさんとしますが、実はBさんは私もよく知ってますが
小学校入学以来の中高大ずっと一緒の娘の親友だったみたいです。

娘はA君とBさんに関して妻に
「まあ中学からのカップルで結婚するなんて稀だし、
私はあの二人が別れるまで待っていれば良い。
幸い隣家だし、今までの付き合いは長いからどうとでもなる。」
などと昔から言っていたらしいのですが、
A君とBさんは別れず、A君は4月から就職で地元を離れるので
その時Bさんを連れて行って結婚する予定らしいです。

その事をBさんから聞かされてから、
娘はとんでもない大荒れでほとんど外に出ず、毎日泣きくらし、
食事も満足に喉を通らずBさんの写った写真には全て穴を開けと大変でした。
今はやや落ち着いたと思ったのですが、
今度は私が娘から物凄い敵意を向けられて困っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
19名無しの心子知らず2005/06/17(金) 06:46:40 ID:ePDpfrxX

いつも突っかかってくる幼稚園ママ。
どうやら私の事を目の敵にしているらしい。何かと「皆であっちいこー」
っとか、いっては数人で私を無視・・・どうも。彼女の取る反応に私のリアクションが
彼女の思っていたものと違っていたり、彼女の幼い会話やら粗暴さに引いて
いたのがお気に召さなかったらしい。理由は些細な事だって分かっていたんだけど、
特にこっちが悪い訳でもないので鬱陶しいから放置してた。

っが、ある日園の用で昼間集まった際、ようも済んだしその場でお茶会となった。
私が誰かと話しているのを横から聞いていた彼女がいきなり「それって私に嫌味ー?」
っといってきた・・・周りの人もビックリするほど、どの辺が嫌味なのか未だに解らないのだが
(彼女の話は一切していない)何故か彼女は絡んできた。

私:「ハァ????」
彼女:「だからぁ。なにそれーぇ」
私:「なんか言ったかしら?」
彼女:「さっきから嫌味ばっかりじゃぁーん」
私:「幻聴でも聞こえてんの?私貴方になんて話してませんが?」
彼女:「・・・・」

彼女は真っ赤な顔をして帰ってしまった。周りも私もポカァーン
その日のお迎えに彼女の姿はなく、子供は延長保育になっていた。

その日以降彼女が絡んでくる事はなくなった。
だが、しかし。彼女とつるんでいた連中が手の平を返すように私に接近してきて
「なんか彼女って、うざくなぁーい」っと・・・正に下克上。
私はおおらかな顔で「仲良かったんじゃないの?」っと返すと蜘蛛の子を散らす
ように去って行った。
私に関わるなバイキンども!!っと心の中で唾吐いといた。
あれから1年。今では、気の合う人達とマッタリとやっている。

このページのトップ