鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

新居

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
162: 名無しさん@おーぷん 2017/07/20(木)20:27:55 ID:ifL
仕事で車に乗ってるんだけど、
隣県のある町を走っていたら携帯が鳴ったので適当なところで路肩に車を止めて通話し、
そのあとついでにメールチェックをしていたら
そのすぐ横に建っていた古い長屋みたいな家
(平屋で2世帯ずつ繋がってる家が数軒並んでる)
から見知った女性が出てきた。
その後ろから小さい子が出てきてなんかぐずってて
「早くしなさい!」とか「忘れ物ない!?」とか言ってるのが聞こえて
そこに住んでるのは間違いないふう。
ちょっとビックリして固まってたら女性と目が合ったけど、
一瞬あとに露骨に目を逸らされた。
その女性、春頃にマイホームを建てたので引っ越して行ったママ友のAさん。
私は特別仲が良かったわけではないけど、
同じ病院で出産したとかいうBさんは新居に遊びに行きたいって何度か言ってたけど
二世帯住宅で義父母が一緒だから慣れて落ち着いたらねって応じてた。
新住所を聞いても落ち着いたらメールするからって結局教えてもらえないままで、
引っ越して行ったあとは全くの音信普通になったらしい。

Bさん、何か粗相でもして嫌われたのかしらってずいぶん気にしてた。
まぁ色々事情はあるんだろうとは思うけど、こういうことだったのね・・・。

Bさんが幹事になって開いた送別会はAさん希望の結構お高い創作和食料理店だった。
新居引っ越し後は色々物入りだろうし、
自分センスで揃えたりしたいだろうってことでひとり3000円×7人の新居祝いを包んだ。
Bさんはそれと別に個人的に贈り物をしたと聞いている。

辛い事情があって引っ越して行ったのかも知れないし、
だからちょっとした見栄を張ってしまったのかも知れない。
そこは100歩譲って仕方がないとしても、
送別会(二次会もあったらしいけど)の店を指定したり
万単位のお祝い受け取ったりできる神経がわからない。

Bさんの落ち込みを見てきたので、余計に腹が立つ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
【前編】

557: 338 2008/04/23(水) 09:07:13 0
昨日はすみません。

前スレにも書いたんですが、
元々の相談は別居するための新築(私達夫婦専用の)を建てようとしているところに
その新築にウトメコトメが同居したいコールが激しくて困っているという相談でした。


別居の新築にすることになったのは、
ウトメ土地の問題が私にとってクリアされなかったからです。


ウトメコトメはウトメ土地を建て直す事をあきらめきれないから、
それをまだ私に納得させる努力とどうしても無理そうなら別に建てる新居に住んであげるという感じです。

で、土地問題で色々かかれてますけど、
夫の名義にしてもらうけども、ウトメの面倒を見ること、費用を出すことを私達がするので、
(コトメの希望でもあるので)それくらいしてくれてもいいんじゃないかと思ったんですけど。
ちょっとやりすぎなら数百万くらいなら土地代を出せますが、それ以上だと無理ですね。
それから、間違ったんですが、私と私の親の援助はかかる費用の三分の二でした・・・

あの、どうにも話がこう前スレに書いたことと繰り返しになるんですけど、
前スレで書いたこと貼った方がいいですかね?

昨日の話し合いは今日の夜に持ち越しになっているのでまたその結果次第で実家に戻ります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
【後編】 20:43公開予定

338: 名無しさん@HOME 2008/04/16(水) 17:51:19 0
最近、ウトメコトメが同居コールがすごいのです。
再来年程度を目処に新居を建てるので、便乗したいようです。


どのようにして断れば角が立たないんでしょう・・・と言いたいところなんですが、
魔法の言葉はないんですよね。
ハッキリキッパリ言ってしまってよいものか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
495: おさかなくわえた名無しさん 2012/04/04(水) 13:00:08.83 ID:IkKvWxhM

我が家では同じ町内に持ち家があって、一年後に結婚予定の兄が 
建替えして新居にする予定だった。 

ある親戚(40代子無し夫婦)が事情は知らんが今の住まいを出なければならず、 
なかなか新居が決まらず困ってるということで、新居を探す間 
その家を貸すことにした。 

素人同士だと後から誤解が生じるといかんというので、 
両親が、これまた親戚の不動産屋に頼んで間に入ってもらい、 
貸す期間は半年、ボロ家だから家賃なし、水道光熱費のみという約束で 
ちゃんとした契約を結んだ。

半年後建替えが本決まりとなり、親戚は引っ越していったのだが、
新居が出来て兄たちが家具入れ始めたら
「私たちが住むんじゃないんですか?」とか言い出した。

後から考えれば引越し先はウィークリーマンションだし、感謝の言葉が大げさだったし
建替え現場をしょっちゅう見に来たし、おかしな事だらけだったのだが、まさか
建替え後も住む気でいたとはかけらも思わなかったよ。
住まい探しのことは、こちらから聞くと追い立てるみたいだったから
あまり触れなかったんだよね。
てかいつからそんな勘違いをし始めたんだ。

ちゃんとした契約してあったのが幸いだった。
さらに「もうちょっとの間なんとかして」と言う親戚夫婦は親戚不動産屋が
一喝してくれて、引き下がっていった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
6: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/04(土) 10:51:09.77 ID:aOZvdgvW
今まで生きてきて一番の修羅場は新婚旅行から帰ってきた日。
地元の空港に到着したら私と夫の双方の両親が迎えにきていた。
到着便は教えてあったけど、迎えにくる予定はなかったし
正直疲れてるからさっさとタクシーででも新居に向かいたかったのに。
けど、そんなどころじゃなかった。
当時は携帯電話が無かったし、新婚旅行先でニュースなんて見なかったし
全然知らなかったのだが、私らが浮かれている間に地元を台風が直撃していた。

私たちの新居のそばを流れている川が氾濫して2階建ての戸建て新居の1階部分が床上浸水。
川がやばいらしいと聞いて双方の両親が新居に集合し、
1階の荷物を2階に移動させようとしたらしいが
そんな時間もないぐらいアッと言う間だったらしい。
婚礼家具アウト、テレビもアウト、冷蔵庫などのキッチン家電も食器棚もその中の物もアウト、
シューズボックスも靴も全てアウト、清々しいほどに1階の荷物は全てアウト。
空港でそれを聞いたとき、旦那と私、爆笑してしまった。
人間ショックがでかいと笑うって本当だねw
少しでも“望み”があるとそれにすがってしまうけど、
こうまでやられてしまうと案外サクッと気持ちが切り替えられるみたい。
とりあえず新居を見に行って、そのあとそれぞれの実家に泊まることになった。
本来なら田舎のことだから結婚した以上義実家に行くべきなんだろうけど
義父母がいい人で、好きにさせてくれた。

このページのトップ