220: おさかなくわえた名無しさん 2011/10/24(月) 00:12:28.23 ID:LVkPfWHG
僕が新人だった頃の話し。 
当時、営業をやってて新人だった僕は、新規獲得に必タヒでした。 
何百件もTELアポ入れて何十件も飛び込んだりでかなりしんどかったです。 
んである所から見積もりを貰ったわけですが、 
ここがあの手この手で買い叩こうとするわけです。 
それならまだしも無理めな納期とか注文もつけられました。 
見積もりも三回提出した憶えがあります。


たしかに業界では、破格の値段だったんですが、 
今思えば、僕が新人で新規が欲しいってコトを完全に見抜かれてたんですね。 
ほとんど、トントンの状態で動いた分や時間で赤出てたわけです。 
っで上司に相談した所、完全にナメられてるって怒られました。 
そして上司命令で一緒についていってやるから「今の見積もりの50倍」で出せと。 
翌日、見積もり書を持って、上司と一緒に出向いたわけですが、 
先方は見積書を見て状況が飲み込めてないらしく???なわけです。 
そして他社さんの見積書を出してきて、 
他社さんとの値段の差などを言い出してきました。 
そこで上司が一言 

「弊社の貴社への見積もりはご覧の通りです。」 

散々なコトを言ってた相手がグッと黙り込んだのを今でも覚えてます。 
大人のケンカだと思いました。