鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

早産

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
142: 名無しさん@HOME 2015/05/09(土) 00:11:37.81 0.net
身内の話だが誰にも言えないので吐き出させて

毒親気味の両親から逃げて男と同棲していたA子が亡くなった
それも自宅出産からの出血多量でのタヒ
妊娠してから一度も検診を受けてなかったらしいが多分早産
赤ん坊は無事らしい
だが毒親すら引き取り拒否して養子に出される事が決まっている

未検診だった事も、周りの誰1人妊娠してると知らなかった事も
本人が救急車はおろか男に連絡すら入れなかった事も
男はもちろん祖父母にあたる毒親があっさり子供を手放した事も
それで男が何ひとつ罪に問われる事がない事も
全てが衝撃的だしやりきれない

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
【後編】 20:43公開予定

565
:名無しさん@HOME 2009/12/21 17:08:26
命にかかわる話なんで嫌いな人はスルー推奨。

コトメが出産。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
154:名無しの心子知らず2010/03/24(水) 16:35:02 ID:CbmRAaNy

予定日がトメの亡き実父の命日だったため、「生まれかわりだ、絶対男の子に違いない」と大騒ぎされてうざかった。
トメは学歴厨(学歴は伴わず)なんだけど、その実父が高学歴だったもんだから、
小学校から大学までコースも勝手に決められ(別居だからスルー、従う気もなかったけど)、
何歳で何を習うか、年表のような予定表まで用意され(従う気ry)、
「とにかく私に任せておけば大丈夫」と言われた。
出産まで、予定日の話はとにかく憂鬱で、エコー写真についてくる予定日予想日(うちは予定日は動かないが、胎児の体重次第で予想日は動く)が、
常に予定日と同じ日で「絶対予定日に生まれたいみたいだねー」と先生にからかわれるのを、
ほんとに半泣きになって聞いていた。女の子とわかって、若干トメのテンションは下がるも、生まれ変わり説は揺るがず。

ところが、なぜか突如早産になり、生まれ月が変わった。しかもその日は大トメ(トメのトメ)の命日だった。
その日以来、トメの口から「生まれ変わり」は出てこず、年表も引っ込んだ。
トメの実父と大トメは、実際には同じ大学だったし、使い回してくれても構わないんだが(うちは従う気ないけど)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1: 以下、VIPがお送りします 2016/11/22(火) 09:14:02.272 ID:xhzV3c3/0
悲しい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
11 2016/09/30(金) 16:29:54.51
ちょっと聞いてほしい
うちには既に長男がいて今3歳
そろそろ2人目をってことで子作りしたら三つ子だった
減数手術して1人にしてほしい俺と3人産みたい嫁で意見が割れて、今冷戦突入5日目

今妊娠9週であんまり時間もない(手術は12週までと言われた)
嫁を説得するいい方法ないだろうか
アドバイスください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
103: :2016/05/08(日) 20:11:58.61 ID:
もう結論出ているんで箇条書きで

父親が会社の部下の女の子を俺の見合い相手として連れてくる。
⇓
可愛くて性格の良い娘なので俺了承、彼女も了承で結婚する。
⇓
結婚後なぜかしょっちゅう父親が遊びに来る。
なんか不自然なほど嫁とも仲がいい。
⇓
もしかして父親が自分の愛人を俺に押し付けた?年子の娘2人本当に俺の子?
長女出産時早産だったはずなのになぜか体重は標準体重で産まれてきた。
⇓
親子関係の検査実施、結果親子ではないが極めて近い近親者の子だとの判定。
⇓
父親が遊びに来た時に嫁と父親に検査結果を示して問いただしたら簡単に白状。
愛人関係清算の一種でしたよ。
(嫁、満面の笑顔してんじゃねぇよ!!!!!!)
⇓
その後俺は一時怒り狂うもこれまでの人生で父親になってもらった数々の尻拭いを
思い出して(友人を怪我させた交通事故、大学の裏口入学、その他諸々多数各種)
黙っていることにした。

俺みたいな出来の悪い子供を無捨てないでいろいろやってくれて尻拭いしてくれて
まともな社会人になれたのも父親のおかげだし、もう二度と蒸し返さないで嫁と
子供達(兄弟だけどW)と暮らしていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
842: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/11/30(火) 23:48:01
嫁が妊娠した。上に2歳半の子がいるんでまぁこれで2人目でうちの出産は終わりっと。
お互い31歳。年齢も子供の人数もちょうど良いし、1人目は女の子だったけど2人目は
どっちかなぁぁ。。。なんてのほほんと産婦人科に向かったら。。。

何と双子だった。しかもいろいろリスクの高い一卵性と言うタイプだ。


妊娠中毒症・早産による障害リスク・片方の体内氏亡リスク・・リスクリスク・・
医者から出たのではリスクのオンパレードだった。

妻はそれを聞いてパニクった。帰りの電車の中で中絶すると言った。
俺は家に帰って冷静にリスクについて調べた。妻に「1人よりもリスクは高いが、リスクのない
妊娠はない。俺達を選んできてくれたんだし、今は何もないんだからおなかの中の子達を信じよう。」
と言った。

ところが妻は「私は体が小さいし、おなかの中では3000グラムが限界。つまり1人1500グラムよ。
たった1500グラムで生まれて来て何か障害が残ったらどうするの?私は上に3歳の子がいて障害を持つ
子供は育てられない。綺麗事じゃないのよ子育ては。。。。」

確かに妻の言う通りでもある。妻は不眠症だし少し心が弱めだし、夫である俺は平日は夜遅くまでいない。
お互いの両親は仕事を持っていて全て子育てを手伝うというのは不可能。区民子育てサービスも見てみたが。。。
となると家に妻一人と3歳の娘と0歳児の双子・・・肝っ玉母ちゃんとは正反対にある妻は育児ノイローゼに
なるに違いない。

更に妻は「子育てするからにはちゃんとした教育も受けさせたい。」確かに俺は一介のサラリーマンで31歳
で年収は750万だ。生きていくには十分だが、3人私立とはまず不可能だ。。

結局「母親たる妻が既に諦めている時点で妊娠の継続は不可能。」と思い、あす中絶施設を予約する。
両実家は2人に任せると面倒事からは距離を置いている。

ごめんな・・・父ちゃん・・・2人を守れなかったよ。
でも子育てのメインは母親だからな。それが出来ない、諦めているって時点で生まれても可哀そうだと思うんだ。

もう子供は作らないよ。ホントごめんな・・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
953: :2011/08/19(土) 03:21:51 ID:
私は復習しました。

浮気が元で息子を妊娠中に出ていってしまいました。
臨月に社宅に一人残され中毒症による早産、息子も低体重で産まれてきました。
浮気された背景には私にも否はあったと思います、私はお腹が大きいときに寒空の夜、地べたに土下座をして、私の悪いところは謝り直すから、子供のためにも考えてほしいとお願いしたのですが、子供は手術しろと掃き捨て、振り切って出て行ってしまいました

出産までのストレスと慣れない育児に疲れ果て、離婚届けに自署捺印してしまいました。
もちろん後悔先に立たず、慰謝料も養育費も出してくれませんでした。

悪あがきと言われればそれまでですが、私の復習は元旦のもっとも嫌がること、会社を辞めさせました。
不正行為を上司に告げました。表向きは自己都合ですが、
事実上解雇です。

もちろん私の周りは止めました。
このサイトに数多く書かれているように、因果応報、人を不幸にした人間は幸せになんかなれない、罰が当たる等々…同じことを言われました。
何より(まだ三歳の)息子に母親のそういう空気は感じさせてしまうだろう。
それが一番良くない、幸せになることが最大の仕返しなんだから、と。

私ももちろんこんなことして何になる、虚しいだけ、醜いだけ、復習という
発想をしてしまう自分を呪って責めてしまう反面、でも何かしてやりたい、 どんな汚い人間になっても構わないという葛藤の繰り返しの日々でした。
こんなこと考えて実際やってしまう人間なんて私だけだと思ってました(笑)。
もっと早くこのサイトを見ていれば…でも見ていてもやっていたと思います。

今日は久しぶりに(いい意味で)ちょっと救われました。
やったからこそ後悔するし、やってなくても後悔していたと思う。
一度こういう事態まで至ってしまうとなかなか挽回は難しいですね。
何かの拍子に苦しかったときのことを思い出して胸が締め付けられることはトラウマとしてこれからも続くと思います。

復習したことをいいことだったと思ってはいません、これによって私も
何らかマイナスの跳ね返りを被っているはずなので、それは当然の報いとして受け入れてこれから前向きに私と息子の生活や人生を過ごしていこうと思います。

このページのトップ