柔道

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

697: 名無しの心子知らず 2011/10/06(木) 18:09:12.11 ID:bD16G6eX

大した話じゃないんだけど、スカッとしたんで投下させてください。
若干DQN返し気味だけど…。

マンションの隣室に越してきたMさん夫婦。ご夫婦ともすごく感じがよく、M奥さんとは
仲良くなって一緒に買物に出かけたりするようになった。

一週間ばかり前、一緒にスーパーに買い物に行ったときのこと。
その日はMさん夫婦の何かの記念日だとかで、ちょっといいすき焼き用の牛肉を
4パックぐらい買ってた。会計が終わって、一緒にサッカー台で荷物詰めてた時。
なんというか2/3サイズのマツコ・デラックスみたいなオバさんがすーっとM奥さんの
背後に近寄ってきて、牛肉の入ったエコバッグを何気なくつかんで立ち去ろうとした。
このスレROMってるけど、泥の現場ではテンパって声とか出せないもんだね。
ようやく「Mさん、荷物!」と叫んだ。M奥さん、あわててマツコを追いかけて捕まえた。
以下、二人でエコバッグを綱引きみたいにしながらの会話。

M奥「これ、私の荷物です」
マ「何言ってんの、これ私のなんだけど」
M奥「は?(財布の中からレシート出して)これ見てください。さっき私が買ったんです」
マ「こんないい肉をアンタみたいな若いのが買えるわけない」
M奥「あなたが買ったというならレシート見せて下さい」
マ「レシートなんか何の証拠にもならない!離せ!離さないと警察呼ぶぞ!」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 名無しさん@おーぷん 17/02/03(金)07:16:56 ID:Jtk
もう2年もたったし、話しても特定とかされないだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

670:おさかなくわえた名無しさん04/11/06 16:10:08 ID:ynS/QLKz

20年程前、酒飲んでたら出張で近くのビジネスホテルに泊まっていた、ガテン系の
お兄ちゃんにからまれた。
何でも、俺の顔が気に入らなかったらしい。
勘定済ませて外に出た俺を追ってそのオニイチャンも出てきた。
「挨拶無しで帰るのか?」俺の襟を掴みながらホザキやがった。

とっさに大外刈り、アスファルトの上に叩き付けた。
オニイチャンは背中からマトモに落下、受身も出来ない素人だから、呼吸困難になって
「うっ、うう」の状態、まだ店の中には、仲間のガテン系が3人居る。
ひっくり返っているオニイチャンの脇腹を蹴っ飛ばし
「相手見て喧嘩売れ」と捨て台詞を吐きソッコウで逃げました。
まだ3人も中にいるんだもん、全員相手にする程バカじゃありません。
当方、柔道2段ですが、受身の取れない素人相手なら、投げ技は有効かも、
切返される恐れがあるので、大外刈りより、腰にのせて技を掛ける払い腰、大腰でしょうかね、、
ま、引き手を持たないで首投げになってしまうかも、、、
腰に乗せて投げる技なら、少々の練習で身に付ますよ。
ま、何よりも「君子危うきに近寄らず」が一番でしょうが。

あ、大外刈りについて一言、経験者だから相手を背中から落とせるが、下手に投げると
後頭部から地面に叩き付ける結果になる事も有るのでご注意を!!
下手をすると「傷害致タヒ」なんてことになりかねないので
コレホントの話、襟掴まれた時、マジなぐられると思った、なぐられたら痛いので
とっさに大外り。
中学生から始めた柔道が初めて役に立った瞬間でした、そんなワタシも47歳
そろそろ落着きますか?!!!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

725:名無しさん@おーぷん2016/04/29(金)19:21:08ID:tKe
イタリアのナポリで若者集団にリンチされた。
そして助けに来た祖父がその若者達を文字通り半杀殳しに。
にも関わらず普通に捕まらず日本に帰国できたのが修羅場。

警察も来たし大使館の人も来たけど何のお咎めもなくむしろ警察から褒められていた。
相手は観光客相手の強盗団だったらしく17歳の未成年者もいたらしい。

祖父は柔道6段のガチの柔道家。
鼻血で血だらけの私を見て切れたようで石畳に手加減無しで相手を叩きつけた。
4人ほど痙攣していて2人は意識はあったけど
骨折したのか動けない状態になるほど徹底的に祖父は攻撃していた。
後に大使館の人に聞いたら1人は重体かもしれないと。
祖父が異国で逮捕されて終わると病院で泣いたのも修羅場。
祖父も私の病室でずっと震えていた。杀殳してしまったってずっと言っていた。
その後、大使館の人と警察に事情聴取されたあとは
退院と同時に帰国手続きされてあっという間に日本へ。

そして帰国後に祖父は柔道を辞めて一切の柔道関係の物を捨てたのも修羅場。
家族が必タヒに止めたけど
自分は柔道家としてやってはいけないことをしたの一点張りだった。
本当に今でも祖父に手を出させたことを申し訳なく思う。

柔道を辞めた後はどんどん年老いていって
その事件から6年後に祖父が肺炎で亡くなったのも修羅場。
自分が家族を誘って海外旅行を計画したのが元凶だし、
海外は嫌だという祖父を無理やり連れて行ったのも自分。
何もかも自分の責任だと今でも思ってる。

最近子供が柔道教室に誘われているらしく
どうすればいいのか分からないのが今の修羅場。
もちろん自分の子どもと祖父を重ねるのはお門違いだとは分かってはいる。
嫁にもこの事件の話はしていない。話したら嫁はどう思うだろうかと思うと怖い。

そしてあの時の若者たちが最後はどうなったのかは未だにわからないのも
凝りとして自分の胸の中で燻ってる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
756: おさかなくわえた名無しさん 2012/09/08(土) 13:42:55.34 ID:iIg7eulM

高3の冬、
厳しかった柔道部を引退して髪を伸ばして、
受験勉強に勤しんでた頃
地元の駅から家に帰る途中、
中途半端なヤンキー二人に絡まれた。
2chでも、また〇〇かと言われるぐらい治安の悪い地元で
通ってた中学も地元で有名な不良の多い中学だったが
柔道やってて、
それなりにデカイ体格だった俺は、
学校でラノベを読んでても
イジメられることもなく、
かといってヤンキーでもないので、
「ワルそな奴は大体友達」の
言葉通りな中学生だった。

地元から離れた高校に行ってからも、
なんかヤンキーたむろってるよって時は
中に1人は知り合いがいる感じで、
地元で絡まれたのは生まれて初めてだった。

二人共ヒョロッとして
運動したことも無さそうなのに、
なんで100kgある俺に
絡んでんだと不思議だったが
後から考えたら、その時は私服で、
モコモコしたダサいセーターに
中途半端に伸びた髪型してたから
元々のヲタ気質が丸出しの、
気の弱いデブに見えたんだろう。

兄貴分みたいな方が、
俺の胸ぐらをつかんで
「金出せよ!」と脅してきたんだが
絡まれたことのない俺はテンパッてしまい
「金なんか持ってねぇよ」
と言いながら、
なぜか相手の奥襟掴んでたw
そいつが
「フザケンナ、テメー」
と言いながら殴ってきたが、
奥襟掴んでるし
柔道部では顧問や先輩から殴られ慣れてたし(張り手でね)、
アドレナリンも出てたんだろう全く痛くなかった。

次の瞬間、相手の袖を掴み
おもいっきり払腰で投げてました。
素人に不意打ちなので、
綺麗すぎるくらい綺麗に払い腰は決まってしまい
しかも、勢いがつきすぎて
俺が相手の上に乗ってしまう巻き込みという形に
アスファルトに叩きつけられ、
さらに100kgの体重をまともに喰らった相手は
ウエッとかゲホとか言いながら、
うずくまってしまった。

うずくまった相手の上に乗って2~3発殴ってた俺を、
弟分が止めようとしたが
ヒョロとした弟分ヤンキーに、
引退したばかりの柔道デブを止められる訳もなく
俺は弟分を突き飛ばし
「オマエもこうすんぞオラ!」
と凄んだら、奴は何もしてこなくなった。

また殴り始めようとした時、
衝撃というか笑撃というべきか、
斜め上の展開が俺を待っていた。

757: おさかなくわえた名無しさん 2012/09/08(土) 13:44:24.01 ID:iIg7eulM
どこからともなく
「ヤメテー」って叫び声が聞こえたと思ったら
同じぐらいの年頃のヤンキー女が
走って近づいてきて
女は半泣きになりながら
「ヤメテ、もうヤメテ」
と言って、俺にしがみついてきた。

「なんで俺がヤメテって言われてるんだ?」
「ていうか、この女なんなんだ?」
と(゚Д゚)ハァ?な状況だったが
「もしかして、女にいいとこ見せようと思ってカツアゲ?」
と気がついた俺は
あまりにアホらしい展開に冷静になってしまい、
殴るのを止め近くにいた弟分に蹴りを入れて
「さっさと消えろバカが」
というと、
二人は兄貴分を助け起こしてた。
兄貴分は相当効いていたらしく、
脇腹抑えながら、フラフラになってた。

兄貴分は弟分と女に抱えられながら、
「フザケンナ」とか
「オボエテロ」とか言ってるし
女は女で
「カワイソウ」とか
「ヒドイ」とかブツブツ言ってたが
完全に冷静になってた俺は、
本当にこんな捨て台詞言うんだなとか
自業自得だろとか思いながら
「お前らの顔覚えたから」
と声をかけて、3人を見送った。

殴られた顔は、
アザや痛みが残る事はなかったが、
冬の寒い時期にいきなり投げ技したせいで
背中の筋を痛めてしまった方がよっぽど痛かった。

その後、一回だけ
女を地元の駅で見かけたが、
俺に気がついた途端
顔色変えて逃げてしまったので、
周りの人がちょっとザワザワしてしまい
関係無いですって顔して、
ちょうど来てた電車に駆け込んだのは痛い思い出。

このページのトップ