鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
401: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/11(金) 14:00:40.52 ID:fgYVkHee
両親に育てられたが、本当の父も母もわからなかった。 
詳しいことはわからないままだし、割愛してる部分もあるので、ネタだと思って読んでいただいても。 

物心ついた時から母が本当の母じゃないのは知ってた。 
赤ん坊の時から育ててくれて、私がいつか傷つかないようにと、小さい時から本当のことをうまく説明してくれてた。 
私を生んだ女性のことは母もあまり聞いてないようだったし、私も興味がなかった。 
そして母は溺愛というには有り余るほど私を愛してくれて、おかげさまで私は卑屈になったことはなかった。 
父は田舎の長男ということで周りから「次は男の子を」と熱望されてたけど、父と母の間に子供はできなかった。

何年待ってもできないもんだから、気の強い祖母や親戚たちが、よく母に 
「子ができないからわざわざ子のいる男を狙った」と 
父のいないところでイヤミを言ってた。 
そして両親は不妊治療を思いついた。 
父には既に私という子供がいるので不妊の原因は母らしいけど、初診は夫婦そろってという事で、二人で検査に行った。 
父が仕事の都合で結果を聞かず帰ってしまい、母だけが結果を聞いて帰ってきて、「やはり私が原因です」と言った。 
周りから責められたけど、父母は別れなかった。 
父は自分と子供に尽くしてくれる母と別れる気なんかなかったし、母は「私ちゃんと離れるなんてできない!」と言ってくれた。 
何より私が母にベッタリだった。 

しかしその後父がタヒんで母は私を連れて家を出た。 
女の子とはいえ家の跡取りは私しかいないのに、母と親戚が話し合った後、すんなり家を出ることができた。 
私は親戚に挨拶もせず、手早く家から連れ出された。 
遠くの地で母との生活が始まった。 
母は相変わらず優しかった。 
父が残してくれたお金もあったので、母の収入でなんとか母子2人生きていけた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
203: 名無しさん@HOME 2012/10/14(日) 07:31:05.56 0
赤ちゃん取り違え、未遂含めるとかなりあるはず。 
私も、36年前取り違えされそうになった。 
産院は一斉授乳。新生児室へ行った母に渡された赤ちゃんが自分の子じゃなかったので、 
看護婦さんに伝えたら、「お母さん、疲れてる?ミルクあげときましょうか?」 
と取り合ってくれず、自分で探したら、私を抱いて授乳しようとしてる産婦発見。


違いませんか?と声かけたら、はあ?私の子ですけどって反応され、 
それでも、と渡された赤ちゃんをグッと見せたらしばらくマジマジと見比べて、 
あっ…こっちがうちの子ですね…と返ってきたらしい。 
母は未だに、なんで他の子抱いて違和感なかったのか不思議と言ってるが、 
もし、母もテキトーな性格だったら、完全に取り違えられてただろうね。 
母の中ではかなりの修羅場だったようだ。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
795: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 20:45:17.56 ID:PnptI5f7
私の母がまだ若い時にあった修羅場 
読みづらかったらゴメン 



母は当時20代半ばで、田舎から上京してOLをしてた。 
その時に付き合ってた彼氏とは結婚の話が出てて、彼の両親とも対面済みだった。 

んでその彼両親というのが、2人とも 
がっつり刺青をいれてた。 
なんでも彼父は、好きな女とお揃いの刺青を入れたい癖があるらしく 
息子にも同じことをさせようとした。 
彼氏は当時刺青は無かったけど、 
結婚する時にはいれるつもりだったらしい。

母は彼父から 
「これが我が家の伝統だ。結婚するなら彫れ」 
と紹介された時に言われたとのこと。 
※伝統のわりには彼の祖父母は刺青をしていなかったらしい、、 

母の答えはno。 

その後母は「刺青するぐらいなら別れる」と言ったが、彼氏が、嫌だの駆け落ちしようだのごねて、 
なかなか別れられなかった。 



ここまでが前提。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

987: 名無しさん@HOME 2007/11/19(月) 21:25:28 0
実兄がエネ夫だったorz 

自分は地方で一人暮らし中。 
兄夫婦が結婚後、初めての帰郷をしてる。 
長くなるので詳細は省きますが、明らかに奴隷嫁状態の義姉。 
新婚状態なので判断力が鈍ってるのもあると思いますが、
義姉はその状態に疑問を持ちつつ受け入れている様子。 
念のために自分の連絡先を渡して「何かあったら連絡を下さい」とは言ったものの 
義姉から見たら自分もDQN一家の一員だと思う。 

私は一体どうしたらいいんだorz

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
403: 名無しの心子知らず 2018/04/01(日) 20:49:34.09 ID:rtddBp6d
離乳食がもっぱら取り分けになってきたから最近料理酒が使えない 
…で思い出したけど、少し前に料理酒使った料理で酔ったというレスあったなぁ 

私は妊娠中実母にそれやられたんだよな。
つわりで具合悪いし味覚もおかしくなってて分からず完食しちゃった後で、
帰宅して同じ料理食べた旦那が
「…お義母さん、コレ何入れました?」
となって発覚 
料理酒=アルコール という認識ない人結構いるのか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
297:名無しさん@HOME2014/04/23 16:21:46.13ID:???
修羅場
付き合ってる彼女と結婚も考えるようになって、
ご両親に挨拶しようと彼女実家訪問
でてきた彼女の母親ってのが、親父と俺を捨てて出て行った実母だった

流れ流れて彼女の父親の後妻に収まったらしい、
無論彼女との間に血縁関係はなし
真実の愛とやらに目覚めて、小学校低学年の俺と
出張中の親父を見捨てて逃げた人がまた身内になるかもしれん

そう思ったら一気に恐怖とか怒りとかがこみ上げてきて、
彼女に別れを申し入れた
口約束もないとはいえ結婚を匂わせたんだし、
賠償等はせめてやっていくつもり

別れ話切り出して帰ってきたのがついさっき、
とりあえず吐き出してまた考えなおす
まあ外道の所業だわな、我ながら

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
10/02/27

ウチの母のエネme話…って言っていいのかな? 
ウチの母は結婚即同居で、私も母がいびられて耐える姿を見ながら育った。 

で、姉が結婚。 
結納でも式でもなんかきな臭い義両親だったので、
それ以来、夕飯時は姉の話ばかりで
「良くしてもらってるか」「大丈夫か」と心配してた。 
とりあえずしばらくは別居と聞いていたのに、
突然姉から
「無理やり同居させられた…」と涙声の電話が来た。
 
賃貸の契約更新をせず
「ここにはもう住めないよ~ん」と強制引っ越し。
だまし討ちか!と怒り狂う私と父を尻目に、
母は泣きながら
「我慢してればいつか」
「最終的には離婚しなくて良かったって思えるから」と説得。 

それからほんのちょっとしてから姉夫の浮気発覚。
その時も帰りたいと言う姉に、
母は
「正妻はドンと構えてなさい」
「最後に戻ってくるのは姉の所」
と説得。
 
父は
「辛かったら帰ってこい!いつでも迎えに行くから!」と言うが、
母は
「そんな事をしたらあの子の人生が滅茶苦茶になってしまう!!」と号泣。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
177: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/10(火) 19:54:21.26 ID:qz5raMxw
追突事故で思い出した衝撃的というか奇妙な縁があるなぁという感じの話。

私は車好きの大学生で、バイト代が貯まった時に
丁度いい出物があって車を買ったのが今年の始め。

当たり前だけど新しい車は買えないから買ったのは20年前の車。
前々から欲しかった車種だし、色々手が加えてあったから
お買い得だったなーと思いつつ先方から車を引き上げて、 
ナンバーを取るまで置かせてもらおうと思って実家まで持ってきた。
そうして帰宅した私と車を見て母親がすごく驚いた様子で

「どうしてこれなの!」
と言ってきた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
185: 2012/08/01(水) 13:42:02.20
流れ切ってすいません。
 
私が中学生のころ、
高校生の兄が反抗期と厨二病をこじらせ続けたらしく、グレた。
うちは比較的裕福な家で、父と専業主婦の母と兄と私と
当時小学生の弟で住んでました。

最初は家族と口をきかない程度の兄でしたが、
そのうち夜中に帰って来たり、家に帰ってこなくなったり。
 
母が困って父に話し、
父が仕事を早めに切り上げて兄に話しをきくと、
兄は
「うるせぇんだよ!」
と父に怒鳴りました。
その瞬間兄が座ってたダイニングの椅子から3m吹っ飛びました。
 
父がぶん殴って
「お前誰に口きいてんだコラああああ!?」
今までどの家族も父に殴られたことなかったので 
こっそり見てた私と弟が震えるほど怖かったです。 

それでも父に向かっていく兄、
筋トレが趣味の父に何故勝てると思ってしまったのか・・・
兄ボコボコ、顔面変形で第一の修羅場、終了wwww


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
435: 名無しさん@HOME 2012/06/22(金) 23:21:09.18 0
母のタヒが、父と私にとって一番の修羅場。 

父は母にべた惚れ、私も母が憧れで大好き。 
母は優しくて料理上手で色々なことを教えてくれて、いつも笑ってる、
素敵な人だった。
 
それこそ関わる老若男女問わず
「私ちゃんは素敵なお母さんがいてよかったわね」
と言われるくらい。 

そんな母が病気を患って、数年間入院した。
手術の甲斐なく、息絶え絶えになってタヒぬ間際、
母がつぶやいた最後の言葉が
「ごめんなさいね、○○さん」だった。

この○○さんの名前を聞いた途端、父がフリーズ。

結局、父の手を握ったまま母は亡くなったんだけど、
その後葬儀が終わった後、父が少し狂った。 


このページのトップ