鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

母子家庭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
458: 名無しさん@HOME 2017/05/19(金) 11:39:26.94 0
スポーツ選手やってるんだが(有名ではない 
結構な高収入だと思う。 

俺は親が離婚していて母に育てられており 
かなり苦労させたので母の日にアパートから 
いいマンションに住ませてあげたいと考えて 
購入を検討していたが嫁と嫁の親が大反対にあい、今かなり悩んでいる

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
947: 名無しさん@おーぷん 2016/09/03(土)23:00:08 ID:eFR
付き合いそうだった男性が母子家庭だった。
私はシングルマザーの家で育った男性が苦手で避けてきたんだ。
賛否両論あるだろうけどマザコンや母親を大切にしすぎて妻や恋人にあたる人にそれを求めたり母親に一緒に尽くしてる人を求めてる気がして無理。

もちろん母親を大切にする事は素敵な事だし母子家庭でなくてもマザコンもいるんだろうけど、母子家庭ってだけでなんか受け付けない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
773: 名無しの心子知らず 2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:PXxYRU2W
小学2年生の娘がいる母親です。

近所に同級生の女の子Aがいて、入学を機にうちに遊びに来るようになりました。
はじめは近所に仲良しができてよかったと思っていたのですが、しばらくして、うちに遊びに来て、おやつを食べ終わるとすぐ、「用事があるので帰る」と帰ってしまうようになり、うちでおやつを食べた後、公園に行き、他の子と遊んでいたことがわかりました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
878:彼氏いない歴774年2012/11/06(火) 22:59:07 ID:AV0aFi8B
高校生の時に体験した事。

うちは母子家庭で、母親は病気がちだった。グレようとするタイミング毎に母親が手術。
高2の夏休みにやはり母親が入院し、DQNなりかけだった私は夜毎繁華街を徘徊していた。
ある日、いつも通りにゲーセンで時間を潰していたら

綺麗なお姉さんのグループに声を掛けられ、アホなJKだった私は尻尾を振ってついて行った。

そして何故か化粧品や服や靴、キラキラしたノートやペン等、バイト代すら生活費に入れざるを得ない貧乏娘には憧れ()の物を色々買って貰った。
一応遠慮はしたけど「タヒんだ妹にそっくりで」やら
「妹にしてあげたかった事をさせて欲しい」やら言われて、「そんなもんかな」と納得した。

ご飯をご馳走になって高そうなホテルに泊めて貰って朝ごはんまでご馳走になって、流石に「何かおかしい?」と思い「帰る」と言ったら封筒を渡されて「おうちで開けなさい」と言われた。
車で繁華街の駅まで送って貰い、お礼を言ったらお姉さんたちに順番にキスされた。

家で封筒を開けたら50万円入っててビビった。

あれは何事だったんだろうと今でも思う。
しかも、お姉さん達の名前も聞いてなかったし私も
「かわいこちゃん」としか呼ばれなかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
609: 名無しさん@HOME 2017/02/16(木) 09:04:15.64 0
相談させてください。
まだ結婚をしていないので
スレ違いだったらすみません。
去年の6月より彼と結婚前提の同棲をはじめました。

私(26歳)両親ともに健在 正社員
彼(33歳)シングルマザー 正社員
家事は気がついたらすべて私が担当に。

同棲をして1ヶ月過ぎたあたりに
彼が頻繁に彼母に電話や実家に帰るといった
行動をしていてなにか怪しいなっと思い聞いたら 

彼「彼名義のローンで彼と彼母の住む家を
新築で建てる話が出て契約をした」
とかえってきました。
(建てる家は二世帯ではなく一軒家)

私「結婚する予定なのに
なんで相談をしてくれないの?」
と聞きましたが

彼「(私には)関係ないから」と言いいました。
私がその件で何か言うと、
彼「ずっと二人で生きてきたから」

私がそれで理解できなければ、
彼「母子家庭の俺たちの気持ちはわからない」
「彼母はすっと苦労してきた」と言います。

その当時、仕事が激務で
そこまで彼と彼母の結論の出ない話に
付き合っている時間も心のゆとりもなかったので
私に関係ないならいいやっと
放っておくことにしました。

このページのトップ