鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
534:名無しさん@おーぷん2016/08/19(金)09:08:13ID:ruH
兄の就職?についての相談です
大学生3年生の兄が自衛官になりたいと言っています。
ちなみに学部は法学部です

公務員なので給与や福利厚生も安定しているでしょうし悪くないとは思うんですけど、
肉体的にも精神的にもハードな職場だと思うので、
引きこもりがちのオタクである兄にはあまり向いてないんじゃないかなと思います

医学部や看護学校に通っていたなら専門的な分野での活躍も見込めますけど、
兄にはそういう特別な資格や資質はありませんし…
まぁミリタリー関連の知識はそこそこありますけど、
本当にそれぐらいしか特徴はありません。体力は人並み以下です

我が家はあまり裕福ではないので
仮に兄が自衛隊に適応できずに退職したとしても再就職するまで
兄を養えるだけの経済的な余裕はなさそうです

それをやんわりと兄に伝えたところ「おめぇの学費があるじゃん。
おめぇは働いて学費稼げばいい」とか言われました
(当然父に怒られていましたが)
私が口出すようなことじゃないのは分かっていますが、
私にできることはなんだろうなぁって思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
686: 可愛い奥様@ 2016/05/22(日) 11:22:20.44 ID:vj7xJVPn0

異父姉妹の姉の婚約指輪を海に投げたこと。

13離れた姉は、毎日毎日私の容姿を貶した。悲しくて泣いても「肉の塊から水出てるw」とか言ってね。
まあ親もクズ。
小学校五年生だった私に婚約指輪を見せて
「あなたは一生もらえる事もないし男から愛される事もないから見せてあげる~」
何回も何回もこのセリフを言われた。
この後結納という名の食事会があった。その時に着るブラウスを朝になって「やっぱりこっちにする!あんたアイロンかけなさい!」と顔に向かってブラウスを投げてきた。
言われた通りアイロンをかけたがそこは小学生、思うようにかけられず、それを見て姉にひっぱたかれた。
食事会は姉はぶりっ子し、私を可愛い妹だと紹介した。
この時にカチっと頭の中で音がしたのを覚えてる。

その夜和室の金庫が目に付いた。横に鍵が落ちてた。バカスwダイヤルの番号は知っていた。
何気に開けてみると茶封筒や少しの現金、その上に姉の婚約指輪があった。
金庫の横の押入れにあった軍手を手にはめて、ケースの中の指輪を取り出してそのまま自室に戻りカバンに入れた。翌朝軍手はダストボックス(千葉にあったごみ捨て場)に投げ入れた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
770:名無しの心子知らず2016/10/22(土) 21:32:23.48ID:T21rReUf
今日3歳半の息子に
「前の水曜日、海いったね。たのしかったね。また行きたいね。」
って言われた

前の水曜日って言っても8月の話だし、その日だって全然乗り気じゃなくて
つまんない早く帰ろう連呼で滞在時間一時間ぐらいだったのに今更なんなの

当時二人目妊娠中で最後の夏だったから海行こうお祭り行こう
って色々誘っても全部拒否った癖に
一ヶ月検診前の新生児抱えて引きこもり状態の今言われたってどうしようもないんだよ
服は自分で選びたかっただのパンは焼かないで欲しかっただの
あんたはいっつも言うのが遅いんだよ

私だって最後の家族3人の思い出作りしたかったよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
256: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 13:50:16.26 ID:unzxDo4gO.net
昔付き合っていたDV男を海に突き落とした事。港に車停めて30分位話をしてて「ション×ンしてくる」って言うから「私も外の空気吸いたい」とか何とか言って適当にウロついて海に向かってシャーしてるとこを背後からケり入れてやった 
落ちる瞬間「あがーっ」って振り向いた。もっとザバザバすんのかなって思ったのに割りとすぐに沈んでいった 
色々書いたらあほみたく長くなるのでこんな感じです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/12/09(火) 02:15:53.05 ID:Zyhx2dGm0.net
おお…初めて立てた!
こんな時間だと誰もいないだろうなぁ
のんびり書くわ

このページのトップ