鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
713:名無しさん@おーぷん2017/06/10(土)20:02:41 ID:v3P
以前夜勤明けに少し遊びに行こうと思い、
山近くにある運動公園の駐車場に車を停め
後部座席で仮眠取ろうとしていたら
オッサンが一人山の方から走ってきて、
慌てた様子で辺りを見回していた

偶然オッサンと目が合ってしまった途端
オッサンは物凄い勢いでこちらに走ってきて、
ドアノブをガチャガチャ窓をドンドン叩きながら
「開けろ!開けろ!早く!」と叫び始めた
いきなりそんな勢いでそんなこと言われてもなんか怖いし
乗ってたのはワゴン車で、
後部座席は部屋みたいに改造して綺麗にしてたので
何やってたのかは知らんが小汚いオッサンを乗せたくなかったので
首を振って駄目だと伝えたが、オッサンは変わらず
なぜか山の方をチラチラ見ながら開けろ開けろと騒ぎ続ける

警察呼ぼうかなと思ってたら、オッサンが急に山の方を凝視して
「お”ー!お”-!おああああ!!」と悲鳴を上げながら公園の方へ走って行った
なんなんだと思いオッサンが見てた方に視線をやると
黒くて大きいものがオッサンが走り去った方向へ走って行った

後日その公園近くで男性が一人熊に襲われ亡くなったと新聞に載っていた
年齢的にも場所的にもおそらくあの窓を叩いてきたおっさんだった
df7be500


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
849: 名無しさん@HOME 2012/07/16(月) 19:24:07.36 0
山口県の道の駅で車内泊をしていたら、
バックミラーに黒い人影が見えた。

まだ夕方で明るくて、
売店も開いていたし人も多かったけど
私が車を止めた場所は木陰で、人気が無かった。

既にシートを倒して寝る体勢になっていたので
「無人だと勘違いした車上荒らしが、
車の周りをうろついている?」と思い、
いきなり起きあがって人影を睨み付けた。

熊でした。
多分月の輪熊。
体長は1m30cm位。真っ黒だった。

私もビックリしたけど、熊もビックリしたみたいで
二本立ちになって車の窓に手を掛けた。
4駆だったんだけど、車がユサッと揺れた。

私はパニックをおこしながらも、
何故か心の半分が冷静で
道の駅の前に遊具がある公園があって、

そこに小さな子供が沢山いるのが見えて
「まずい!周りに知らせないと!!子供が危険だ!!」
とクラクションをひたすら連打。

何人かがこっちを見て、
熊に気付き子供達を建物に誘導し始めた。
熊が遊具の方に行こうとしたので、
考えるより先に車の窓を開けて
車の中にあったおにぎりを、
遊具と反対の方向に投げた。

熊がおにぎりを食べ終わると、
蓋を開けたペットボトルジュースを投げ
次にお菓子を投げた。

お菓子はおにぎりやジュースほど遠くに飛ばず、
車の3mほど先に落ちて熊が車に再接近してきた。
でもその間に外にいた人たちは全員建物に入っていた。

自分の命をなげうって。とか

英雄的な事を考えていたわけでは無く
ただ、「クマー!!!」→「子供!危険!」
→「時間稼ぎ!」→「皆安全!良かったー!!」
て感じだった。

けど、気付くと外には熊と自分の1体1。
熊が本気を出せば
車の窓なんて簡単に割れる!と再度パニック。

その時、ふと車のキーに付けていた

マスコットが目に入った。
あとは考えるより先にエンジンを掛けて、
クラクションを鳴らしながら熊に向かっていった。

熊を車で追いかけ回す私。
端から見たら立派な動物虐待ww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
1:名無しさん@おーぷん2017/04/22(土)21:46:22ID:6mi
熊が出るから危ないって
そんな山奥入らないし、車道から数メートルくらいで探すし
しかも熊鈴も爆竹も鳴らしながら見通しの悪い所にはいかないし

まぁでもいくら気をつけてても熊出てるのも事実だし
人がタヒんでるのも事実だから確かに危険なのは分かる。
山菜食いたいならスーパー行けってのも分からなくもない
ただ私の毎年の楽しみを奪わないでほしい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
743: 名無しさん@HOME 2008/06/28(土) 10:18:50

流れを無視して恐る恐る・・・プチッとバカ夫婦話。

旦那実家とは近距離別居。でも凸された事も無いんでこの点では有難い。
がしかし、先々代まで農家だった家で女系家族の中の唯一の男子だった
旦那への密かな執着(旦那の前ではそういう素振は見せない)と層化信仰がウザイ。

待望の男である旦那には、しっかりと農家長男教も洗脳していたらしい。
女系で育ったせいか、旦那はマッチョな癖に女っぽい部分があり、若干というか正直ドM。
自宅では「おい動物」と私に呼ばれ「はい」とお返事して休日は家事を手伝う生活。

私との結婚生活で長男教の洗脳も解け、奥タン大好き男に。

でも義実家では勿論、そんな素振は全くお互いに見せずにいた。
多少イラッと来る事はあっても、旦那の親だし他人だしと一応我慢してた。
だけど相変わらずしつこい層化勧誘や大作マンセー攻撃に苛々も最高潮に。

つい我を忘れて「おい動物、お前の親何とかしろよ」と顎で合図しながら言ってしまった。

最初、ウトメは何が起こったのか把握できずに固まったままだったが
自体を把握しだすと「親に向かって!」「何て女なの!」と怒りだし、旦那に
「こんな女、さっさと捨ててしまいなさい!!ムッキー」という感じになった。

「あ、別に別れてもいいッスよ」とハナホジに近い状態で答えたら、旦那が
「それはダメッ!!奥タンと絶対に離れない!!母さんは父さんに守って貰えるでしょ!!
奥タンは俺が守るんだ!!し*う教の自由が認められている日本で、何の権利があって
無理矢理し*う教を押し付けてるんだっ!!奥タンの人格を認めない親なんか要らない!!」
そう言って、旦那はファビョる両親を尻目に私の手を取って義実家を飛び出した。
旦那もつい興奮して私の事を家に居るみたいに「奥タン」と呼んでしまいorzになってた。

その後2年近く義実家とは疎遠。

何か用事があるときは旦那が窓口になり独りで対応しているみたい。

このページのトップ