鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
506: 1/7 ◆L/mGcS59bE 2012/01/17(火) 19:01:13.94
フェイク込みで。 
父がエネ夫だった。 

父:50代後半、資格職 
母:50代後半、主婦 
私:20代後半、資格職(同居) 
妹:20代前半、一般職(同居) 
弟:10代後半、学生(遠方に下宿中) 

30年前、長男教一家に育った父と見合いで結婚した母。しかし翌年男児を流産。 

失意の最中に祖母、伯母から「人ゴロシ」「嫁失格」等の暴言を受けた母は
父に泣きつくも、父は我関せず「甘えるな」で切り捨て。
母はその後も後継ぎ梅攻撃を受け続け、弟が生まれたことでやっと嫌がらせが下火になった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
264:1/22012/09/13(木) 11:34:30.87 0
長文です。すみません。

私の父は既に余命を宣告され自宅療養中。
なんとか自力歩行でき、トイレにも行くし食事も自分でとれるけど
日に日に食は細くなり今では1回の食事が精々2、3口程度。
微熱も続いて足元もおぼつかない。
痛みが出てないのが本当に幸いだけど、いつ急変するかわからない状態です。

そんな中、事情がありお世話になった親戚のどうしても外せない法事が
来月の日曜日に隣県であります。



当日、実家を空ける間、私の娘と息子(2人とも高校生)が父の世話をし
(世話と言っても食事を出すくらい&連絡係り)
母と兄と私で3人で法事に行く。

しかし父の様態が悪ければ母が実家に残り
私と兄2人で法事に行く、という予定にしていました。

その兄はサービス業で、土日連休を取ることができません。
法事のある日曜日は休みをとってもらう話だったのですが
昨日の兄嫁からの母への電話でなんとも言えない気持ちに…

法事の前日(土曜日)は兄子の運動会なんですと。
母が法事に行くなら兄はいなくていいでしょ?
だから法事のある日曜日は出勤して、運動会のある土曜日に
休みを取ってほしいと思ってるです~
だってさ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
133: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/08/04(水) 10:24:28 ID:qhNIrQT9P
いい話なのかは判らないけど投下 
長文スマソ 
自分が成人式を終えた年。 
高校を卒業してすぐに一人暮らしをして働いていた自分はふと実家が 
恋しくなり、その週末は実家に帰ることにした。 
週末はいつも昼過ぎまで寝ている姉が珍しく朝から起きていて、 
久し振りに家族全員が揃ってお昼ご飯を食べた土曜日、リビングで昼寝を 
していた父は心筋梗塞でそのまま目を覚ますことなくポックリ逝った。 

突然のことに母は呆然としてしまい、葬儀屋とのやり取りや役所や 
銀行などの届け出は姉と自分が走り回った。 
自分自身、何かに没頭しないとへなへなになると内心思っていたからか、 
お通夜から初七日までとにかく走り回って「悲しい」という感情が 
無くなったように涙ひとつ流れなかった。 
仏壇の父の遺影を見ても実感が湧かないし、姉と「もうちょっと 
痩せていた頃の写真使った方が良かったかなw」と話していたくらい。 

で、翌日に四十九日を控えた日の夜、夢に父が出てきた。 
母と姉と自分はお昼ご飯を食べ終えて、仏壇のある和室でゴロゴロ 
していたら「ただいまー」と父が普通に帰ってきた。 
夢の中の仏壇にも父の遺影は飾ってあるのになぁーと思いつつ、自分は 
父が帰ってきたことがすごく嬉しくて喜んだ。 
お腹が空いたと言うので自分の残した冷食のエビピラフがあるよと 
言ったら嫌がられたw 
自分たちは真夏の格好なのに、父は何故かセーターを着ていた。 
母からプレゼントされたセーターだと、生前の父に聞いたことがある。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr


162: 2013/09/03(火) 12:18:19.35 ID:iKD8xnmv
(1/4) 
初カキコです。現在進行形の修羅場。 
父の再婚相手がヤバイ人。 

私の両親は祖父母(父の親)と同居していたんだが、母をすごくいじめていた。母は正社員だったが給料もボーナスも全額とられていたり、いろいろされていた。 
母は父に祖父母と離れて暮らしたいと懇願したが「嫁は変えられるが親は変えられない」と父に言われて母は絶望した。 

なんやかんやあり、母は離婚はせず別居。私や私の姉妹に会うときに私たちにこっそりお金を渡す感じになった。不思議な関係だったけど、当時は幼くて何も知らなかったし、お母さんに会えたからそれだけで嬉しかった。 

そしたら、私が大学生一年生の頃に 
「再婚したいから離婚したい!」 
と父が言い出した。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
694: 1/2 2011/05/30(月) 23:24:14.32 ID:itslXmM6
スーッとするかどうかわからないけど書き込んでみる。

私子…当時29歳 
主人…当時60歳 
長男…当時34歳 
次男…当時32歳 
三男…当時31歳 

初めて会ったのは私が23歳の時で、
父と同じ病室に入院していた主人に心底惚れてしまった。 
奥さんは二十年前に亡くなっていたというのもあり、
主人に猛アプローチした。 

歳が離れすぎてるし癌で余命いくばくもないから
諦めなさいと言う主人に何度も告白して告白して、
やっとOKをもらい結婚したのは、私が29歳の時だ。 
歳の差結婚もあって親に勘当されたけど構わなかった。 

けれどその年に、主人は亡くなってしまった。 
6年間ずっと入院したきりだった。 
その後、葬儀が行われ主人の子供たちに初めて会った。

このページのトップ