鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

男の子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
554: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/05(金) 21:45:35.96 .net


結婚して15年、新婚当時はアホみたいに言ってたがここ何年も言ってなかった 
たまには言ってみっかと思いたち先ほど嫁さんに愛してると言った 
したっけ嫁さん真っ赤になってやんの 
可愛いから押し倒してやろうかと思ったら嫁さんから一言 
「赤ちゃん出来たの」 
どうしようね、4人目だよ 
嫁さん高齢出産だよ 
嬉しいんだけどね、テンパってます 
今度こそ男の子だといいな



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
604: 名無しの心子知らず 2012/08/29(水) 10:09:24.46 ID:upNh8Zts

これだけは何なのでカチムカ。うちは男の子二人。女の子一人っ子の 
ママに、「やっぱり女の子が欲しかったでしょ?うちももう一人 
欲しかったんだけど、もし男の子だったらって思うと怖くって!」 
と言われたので、「いやいや性別なんか自分でどうこうなるもんでもないし、 
何よりうちの子はすっごく健康だしね!これ以上はないと思ってるよ!」と 
すごい笑顔で言い返してやったら、「そりゃそうだけど」とブツブツ言ってた。 

追撃で、「そんな理由で一人っ子なの?きょうだいはいたほうがいいよ!」 
とカマしてやったw上の子のクラスメイトのママだけど、知るか! 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
46: 名無しの心子知らず 2010/12/10(金) 18:20:02 ID:FBT607tG


小汚い幼児と思われる男の子が「お風呂入れて」ときた。 
もちろん知らない子。 
どこの子だろう?と思ったけど関わり合いたくないので知らない子は家に入れないよ。 
お家へお帰りとお引取り願った。 

数十分後、母親とおぼしき小汚い女が「お風呂へ入れてあげて」とやってきた。 
もちろん知らない女。 

水道が止められてお湯を沸かせないんですと泣き落としにかかられた。 
家に何の関係が?とお引取り願おうとしたのだが、その小汚い女は「関係がある!」と言う。

どうやら家の農業用の井戸水の蛇口をとっぱらった事に起因するらしい。
水質悪化で汚い水しか出ないし…そんな風呂に入れてたんか!とビックリしたけれど
警察呼んでお引取り願った。

水道代くらいケチケチすんなよと思った一日だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
747: 名無しさん@おーぷん 2015/01/30(金)18:25:09 ID:07U

ある温泉施設での出来事。
そこの施設はそこらのスーパー銭湯のように、湯船がたくさんあったり広い訳ではない。
10人も入れば窮屈なくらいの湯船がひとつあるだけ。
とても良い温泉なので堪能しているところで、家族連れが入ってきた。婆ちゃん、お母さん、息子、娘という顔ぶれ。
この流れならわかると思うが、その息子、いきなり湯船に飛び込んできやがった。
飛沫が湯船いっぱいに飛ぶ。浸かってる人達はみんな顔にかかった。
更に息子、湯船の中で暴れる暴れる。婆ちゃんに湯を力いっぱいかけたり、ばた足をして泳いだり。
婆ちゃんはなんとか押さえようとするものの、余計に息子は自由になろうと暴れる。
その間、母親は娘と自分を洗っている。
周囲はあからさまに不快な表情で、息子と婆ちゃんを見るが、全く気にしちゃいない。
自分はいい加減ムカムカしてきたので退散することに。

すると背後でバシャバシャと水音がする。
振り返ると、信じられないことに婆ちゃんが息子の体を支えて泳がせていた。
絶句した。
楽しみにしていた温泉の記憶が、非常に残念なものとなった。
その施設には家族風呂もあるから、そっち利用してくれたらいいのに。
子供が大きい風呂に興奮する気持ちはわかる。はしゃぐのもわかる。
だが、限度ってものがあるだろうと、その家族連れにスレタイな気分だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
296: 素敵な旦那様 2005/05/17(火) 23:58:19 BE:59350043-
2人目の性別が今日わかり 
女の子希望の嫁はかなり落ち込み 
泣きながら「女の子がよかった・・・」と 

食事中に涙涙涙 

俺はどちらでもよかったので常日頃から男がいいと言って来た 
(※女の子じゃないときのことも考え常に男がいいと言っていた) 

だが男の子2人でいいじゃんと言ってもやはり慰めにはならず 
ワンワン泣きじゃくり 

そんな姿を見た長男(2歳になったばかり)が 
「まま~なかなぁいで。なかなぁ~いで」と言って 
嫁の頭ナデナデした。 
どこで覚えたのか知らないが 
俺はちょっと涙が出たよその優しさに。 

嫁も笑ってくれた。その後は二人目の名前の話に。 

息子に感謝しまくりの日だったよ。

このページのトップ