鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

病院

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
609: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/02/06(水) 14:11:53
逃げられるか、逃げられないかわからんが・・ 
ここでいいのかな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

【1/2】
【2/2】←NOW

290: ◆NGNHsLkT8o 2012/01/21(土) 21:55:55.00 ID:nB8GDrd20
次の日
俺は学校を休んだ
というかサボった

朝起きたら既に遅刻の時間帯
行く気なんて無くなった


そして彼女に会いにいこうと思った

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
419 ◆NyauiXKN/6 2016/06/04(土) 23:39:39.60 0
長いけど、決意表明として書かせて。

義両親と夫に、義実家への里帰り出産を勧められた。
義母はちょっとイヤミが多くてソリが合わなかったけど、定番の「悪気はない」で済まされていた。
テンプレほど酷かったわけでもないし、私も諦めていた。

実家には片手が不自由で介助の要る祖母がいて、自宅で頑張るにも夫は激務。
そんな理由で、義母は苦手だけれど、この場合は甘えた方がいいのかも? と思った。
孫が生まれたら関係が変わるかもという期待もあった。

そして迎えた里帰りの日、義実家に着いたら何故か義妹がいた。
上の子2人だけでなく、新生児と一緒に。
義妹とはほとんど会ったことがない。
名前と年齢と現在の家族構成が、知ってる全てだった。
出産はおろか、妊娠していたことも知らなかった。

義妹には
「里帰りしてる娘がいる家に、他人のくせに来るな!なんで私のお母さんに嫁子が甘えるわけ?」
的なことを言われ、目覚まし時計を投げられた。

義父は「まあまあ、嫁子さんも大変なんだし」と、それを宥めていた。
実家でゆったり休んでいるところに義姉が来たら嫌だろう、
物は投げないで欲しかったが怒るのは仕方ないと思った。

夫に、義妹の里帰りを知っていたのか、そして知っていたのなら私にそれを告げなかったのは何故かと尋ねた。
夫が言うには
「そんな予定はなかったけれど押しかけてきたらしいんだよね。
でもデリケートな時期だから責めないでやってくれ、お互い様なんだから」
だそうだ。

「何がお互い様? どう考えても、義妹と、義妹の子達の世話を義母がすると私の子まで手が回らないでしょう?
熱心にここへの里帰りを勧めてくれたけど、そのあたりの負担はどう考えてたの?」

そういうと義母も夫も「まあまあ、大丈夫だから、ねっ!」とか言い出す。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
341: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/17(金) 01:08:58.60 ID:W++mbTjW.net
爺ちゃんが拷問のプロだったこと。 

小学生の時、いじめられっ子の俺は日々イジメに耐えていたのね。で、ある冬の下校途中にイジメっ子数人に凍てつく寒さの川に落とされた。 
もがいたけどカラダ全身に針を刺されるような痛みで失神。目が覚めたら病院のベッドにいた。ベッドの傍らには両親と祖父母。 

たまたま、俺が川に落とされるところを目撃した大学生の方が助けてくれたらしい。 

つづく

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
430: 名無しさん@おーぷん 2016/10/03(月)17:26:29 ID:AAA
去年うちの部署に来た部下が配属されてから急激に体調を崩した
そこまで忙しい部署ではないのに、常に疲労困憊で目眩や吐き気と微熱が
頻発してしまう

連鎖的に仕事もままならなくなってきたので
産業医と俺が勧めて病院へ行かせたらごく軽度の聴覚過敏という疾患を患ってた
難聴の逆バージョンみたいなもので、部下の耳は周囲の音すべてを
集音マイクみたいに掻き集めてしまいやすく、処理が追いつかなくなり
脳みそがオーバーヒートしやすい状態らしい

そのため窓口があっていつもざわついてるうちの部署は
鬼門中の鬼門だったので急に体調を壊したとわかった
しかし生活や仕事が困難というレベルではないようで
次の異動で窓口のない部署に移したら回復して何事もなくピンピン元気に働いてる

耳の疾患って聴こえないだけかと思ったら聴こえすぎてしまうパターンもあることと
部下レベルの聴覚過敏の人はわりとたくさん世間にいますって医者の話に驚いたわ

このページのトップ