鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

破談

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

124: 名無しさん 2014/03/23(日)00:36:31 ID:hwKI2hrGd
長くなりますがご容赦ください。

私はバツイチ。元旦那の不倫が原因で離婚したのが五年前。ちなみに子供はなし。
離婚後に異動願いが希望通りになって、結婚当時住んでいた土地からは少し離れた所に引っ越した。

離婚から数年経って、職場の同期の結婚式で、大学時代の知人Aに再会して、意気投合した。
学生の頃はそれほど親しくなかったのに、なんとなく話が弾んで、連絡を取り合うようになった。
私がバツイチなのも、恋愛に慎重になっていることも話した。
それでもAは気長に待ってくれて、結婚も視野に入れて付き合うようになったのが二年ほど前。
その直後、元旦那との離婚の原因となった不倫相手B子から電話がきた。
どうやって私の番号を知ったのかはわからない。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

1: 1 2014/03/29(土)22:29:03 ID:K4Nuscgqz
ポカーン顔の元婚約者と元婚約者父の顔wwwww

メシウマ
2: 名無しさん 2014/03/29(土)22:30:20 ID:lxBl8R7Ax
理由によってお前はクズか英雄になる

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

196: 恋人は名無しさん 2016/02/15(月) 13:08:55.32 ID:Wa/Q+gau0.net
今まで付き合ってきた人達みんな
こっぴどく親からこき下ろされて邪魔されて上手くいかずもはや30代半ば
この歳で門限あり、外泊禁止のせいで出会いの場もない

今付き合ってる人も仕事もしっかりしてて経済観念もしっかりしてて、
結婚もお互い意識しているというのにやはりこき下ろす

何なら納得するのかな
同じ県内?年収1000万以上?実家が裕福?

「アンタが選ぶ事だから」と言いつつも結局
「ほんとに大丈夫なの?」「もっといい人がいるんだから」
大丈夫だから言ってんじゃん

何だかんだ苦労しない結婚なんて無いの本人達だってわかってるだろうに、
努力次第でどうとでもなるような不安要素にいちいち突っかかってきて
結局否定して破談させるのは親

交際相手がいるって言ってるのに
「このままずっと一人で過ごすつもり?」とか
「独り身で生活するなら仕事はもっと安定したところに転職しなさい」とか
イミフな事ばかり言ってくる

紹介したいって言っても会う気も無い
付き合ってる人がいるって言っても不純異性/交遊だの何だの言って
アーアー聞こえない
よく見ろ目の前にいるのは30代半ばのおばさんだ

結婚するのは私であって親じゃないのに何故私が決めた事を全否定するのかな
親にも歓迎して貰えるような結婚なんて幻想なのかな
無理やり結婚するしかないのかな

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

97: 本当にあった怖い名無し 2012/05/07(月) 14:17:38.87 ID:4UfoIFPz0
大学入学と同時に上京した俺。 
サークルの誘いで他大学に通う先輩に一目ぼれ。 
相手もそれを察したらしく、付き合うことになった。 
純粋な俺は付き合う=結婚だと思っていた。 
何回会っても手をつなぐ以上には発展しなかった。 
Gw明けから、少しづつ金銭を要求されるようになった。 
俺は何のためらいもなく渡した。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

636名無しさん@HOME 2012/11/20(火) 09:14:50.99 0
俺とクズ母の関わり合いの長い修羅場。 

俺が小学生の頃、母が浮気。それがもとで離婚。 
俺は母と、母方祖父母の家に身を寄せた。 
俺が中学生の頃、母に男ができて出て行った。 
俺はじいちゃん、ばあちゃんと、徒歩15分ぐらいの距離に 
住んでいる叔母夫婦にかわいがられて、ぐれずに育った。 
よくぐれなかったな、と思う。 
自分で言うと嫌味だが、成績もよく一流大学卒、 
一流企業に就職。前途洋々だと思った。 
就職直後俺が仕事の都合で一人暮らしを 
始めて、じいちゃんが病タヒ。ばあちゃんが一人暮らしになり、 
クズ母がばあちゃんにすり寄るようになった。 
ばあちゃんは心細かったのか、クズ母を受け入れたかったんだと 
思うが、俺は断固拒否。この件は膠着状態で数年経過。 

続く。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

183名無しさん@HOME 2012/05/23(水) 22:34:30.87 0
流れを読まずに書かせてください 

愚兄のせいで結婚が破談になった 
実家の兄は専門学校を出てから今までずっと無職(年金は親が払ってる) 
アルバイトをしたこともなく、生まれてから一度も賃金というものを受け取ったことがない 
ただ出かけるのは大好きでよくお買いものには行っている(両親も「引きこもりと違う」という認識らしい) 
両親は愚兄が20代後半にさしかかったころに働かせるのを諦めた 
私は大学から実家を離れていたが、里帰りする度に愚兄を引きずって面接に行かせた 
でも結局不採用もしくは採用されてもブッチ→不採用で、31歳現在も無職
で、このたび私が結婚をするという話になった 
相手はデブ喪だった私を好きになってくれた稀有な人で、私の仕事にも理解があった人 
彼は兄が無職と言うことも勿論知っていた 
が、いざ結婚の話が本決まりで進んだときに、向こうの両親が愚兄が無職と知って難色を示し始めた 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

109名無しさん@HOME 2012/08/22(水) 21:40:04.27 0
数年前のこと。主に友人の修羅場 
ここでいいのかわからんが書かせていただく 

友人からうちの嫁(妊娠5ヶ月くらい)が浮気しているようだと連絡がくる 
↓ 
友人宅で詳しく聞くと
その友人の婚約者(嫁とも面識あり)が嫁携帯にTELしたが出ない
→自宅にTEL→若い?男が出るが即切られた!ということらしい。
しかし我が家は電話機は置いてあるが回線は抜いてある。
掛けると呼出音はなるが、電話機は鳴らない。 
それに嫁はつわりが酷くて嫁実家でお世話になっていた。
男が出たって泥棒か何かか? 
↓ 
電話しあう程仲良くはないし不審に思い、どの番号か聞くと確かに自宅。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

511名無しさん@HOME 2012/12/16(日) 13:01:26.31 0
去年の話だけど、高校時代のグループの子から結婚式の出席の打診があり 
私だけ大学以降地元に居なかったので、今は疎遠だけど
その当時はグループの中で一番の仲良しだったし、
ついでに実家に帰省しようかと承諾して招待状も貰い 
期限内にちゃんと返信はがきも出席で出した。
その後高校時代のグループの子がみんな都合でこれないけど
一人でも大丈夫かと電話があったので、
実家に帰省するついでなので構わないよと返事もしたら 
20代独身女性.が少ないので
手間で悪いけど、振袖で来てくれる?と頼まれて 
それも了承した。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

500: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/09(木) 20:19:40.02 ID:gaRG3MnL
神経どころか、その細胞丸ごとわからんような話 
該当するところが思いつきません 
スレ違いならご容赦 

従姉妹の結婚が決まった、結納も済ませ、入籍秒読み 
裏山しいわ悔しいわ、福の神が押し寄せるよう呪いをかける私w 

伯父宅とはそう離れていないけど 
こっちから根掘り葉掘り聞くのもなんなので 
進み具合は親から聞くのみの日々
そこに、福の神どころか修羅場がやってきていた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

586:愛とタヒの名無しさん[sage]2012/10/30(火) 08:09:14.84
伯父が15歳も年下の20代女忄生と結婚した時の話
しかも知り合って3回目のデートでプロポーズしてその足で結婚式場へいき
たまたま空いていた2ヵ月後の平日の仏滅に予約を入れて
とにかく大急ぎで結婚までたどり着いた、という感じだった

ところが、当日、式の前から新婦がやたらと不機嫌だし
新婦の両親もなんだかトゲがある感じだった
(もともと新婦の両親は結婚反対してた、と聞いたので仕方ないけど)

しかも新婦が式の最中にわんわん泣き出した

うれし泣きという感じじゃなくて明らかにヘンだし
新郎が慰めようと手を差し伸べたら、それを振り払い
さらに手近にあったシャンパンを新郎にぶっかけて
「キモイ。触るな、ジジイ!」と喚いて会場から逃げ出した

しばらくして新婦は戻ってきて
司会者の人は、新婦は少し緊張されていたようで~と誤魔化していたけど
その後も機嫌が直る様子も無く微妙な雰囲気のまま終わり

結局、二人は入籍もせずに破談

後から聞いた話では、結婚式直前になり新婦が「やっぱり結婚は急ぎすぎじゃないか」と不安になったのを
結婚したい新郎が説得しまくって、当日も式を挙げる前に話し合いたいという新婦を
新郎の親・兄弟が取り囲んで「今更やめられない」と説得し強引に強行

さらに当日、新婦の友達が「実は私も結婚が決まった。相手は3歳年下の彼」と報告をうけ
何でこんなオッサンと自分は結婚しなきゃいけないんだ、とつらくなってしまったらしい

このページのトップ