鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

祖母

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
154:1/22007/02/25(日) 16:47:46
すごいスレチかもだけど吐かせて。
>>40の髪切りクソババの件読んだら
小1のときのトラウマが・・・orz

私も泣いて嫌がったのを
無理やりうちのクソババ(父方)に押さえ込まれて、
3つぐらいから伸ばしていて大事にしていた髪を
ざんばらのワカメカットに切られたことがあります。
その髪はクソババのところへDVエネ夫の父が
当時の職を放り出して同居しに帰る前、
同居していた母方の祖母が
「女の子は髪を大切にしないとね」と言いながら
毎朝梳いて丁寧に編んでくれていた髪でした。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
381名無しさん@HOME2012/12/13(木) 19:01:34.57 0
私が小学生の頃の修羅場。
姉は当時大学生。
父親が私に家族旅行の話をしてくれた。
何月何日に新幹線でどこそこへ行って何を食べる予定というのを話してくれた。
小学生の私は楽しみで楽しみで仕方なかった。
前日、母と「楽しみだねー」と話してた。
当日の朝、父方の祖母と伯母が来た。
父「じゃ、行ってくるよ。お土産は買ってこないからな」
母「え?」
私「いってきまーす」
父「お前、ついてくる気か?」
私「え・・・だって家族旅行って・・・」
父「俺の家族の旅行。こっちの家族旅行。お前は姉ちゃん(母方伯母)とおふくろ(母方祖母)と家族じゃないだろw」
姉「何それ?家族って言ったら私たちのことじゃないの?」
私、大泣き。

姉はこっちの予定も聞かずに勝手に父がサクサク計画を立てたとブツブツ言ってたけど、まさか家族旅行の「家族」に自分たちがメンバーに入ってなかったとは思いもしなかったらしい。
当時の私は知らなかったけど、祖母は母に嫌がらせをしてたらしい。
伯母も嫌がらせしてたらしい。
私はよく伯母と祖母から「あんたのお母さんはだらしないからねー」と言われてた。
母がお味噌汁を吹きこぼしたことがあるから、そのことを言ってるのだとずっと思ってた。
何年も話題のネタはそれしかないあまり会話が上手くない祖母と伯母なんだと思う程度だった。
母と姉が父に言っても「どうせお前らが悪いんじゃね?」だったらしい。
そんな父が家族旅行を計画してくれたので、母も姉も父を見直して、勝手に進める計画にも反対や意見を言わないようにしてたそうだ。
ようやく家族に向き合ってくれたと喜んでもいたそうだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
335:名無しさん@HOME2007/06/22(金) 21:11:47 0
何の捻りも無いんだけど、
今日の夕方トメに怒鳴ってやった。

「あんたなんて大嫌い。」
あとそれから
「人間のクズだ。あんたが介護される立場になったら、
絶対なぶり杀殳しにしてやる」も言った。

世間に出回る嫁イビリ一通り仕掛けてくれたトメ。
旦那のフォローで我慢してきたけど、今回はキレた。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
660: 名無しさん@HOME 2014/12/19(金) 14:00:41.29 0

祖母の遺品を巡って起きた修羅場。
他界した祖母の書斎の整理をしている時に、知らないおじいちゃんが訪ねてきた。
おじいちゃんは山高帽に着物を着こなしたいかにも老紳士と言った出で立ち。

祖母の知り合いでお線香をあげにきたとのことだった。
おじいちゃんはお線香をあげると、祖母の書斎に案内して欲しいと言った。案内するとおじいちゃんは棚の中から一冊の魚の図鑑を取り出してこれを譲って欲しいと言ってきた。

「タダでとは言いません」
と包んでいた風呂敷を開けると、中には札束の山があった。あまりの金額の多さに母と私はたじろぎ、母はこんな大金頂けませんしこの本には先客がおりますので譲ることは出来ませんと断った。
おじいちゃんは結構食い下がったけど、最後は諦めて帰っていった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
516:名無しさん@HOME2012/06/15(金) 17:07:00.92
今、引っ越し終了した
旦那には置手紙のみ 
子供もいないしお金にルーズな奴と別れて暮らした方が生活が楽になるし
なんの未練も後悔もない。

義妹に子供が出来て 
義母がオムツは布が一番とか言い出した
私には関係ないと思っていたのに 
やってくれたよ


このページのトップ