鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

給食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
681:おさかなくわえた名無しさん2010/11/11(木) 23:34:42 ID:5KsXLIaZ

今息子が小1なんだけど、担任がマジキチ
給食の時間、隣の子が「俺とじゃんけんして俺が勝ったらお前のプリンよこせ」と要求
息子は拒んだのに担任が「何を喧嘩してるの、ちゃんとじゃんけんしなさい」とじゃんけんを強要、息子はプリンを奪われてしまった
さすがにその対応はおかしいということで担任と話し合ったんだけど、日本語が通じない

何故息子にじゃんけんをさせたのか→もめていたから
じゃんけんする理由がないのにじゃんけんを要求してきたからもめたんでしょ→そう、もめていた。だからじゃんけんさせた
じゃんけんしなきゃいけない理由は何?→もめていたことが理由
以下ループ

こいついったいどうやって倒せばいいんだよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

スレタイ:給食を残さず食べるように指導するのはパワハラ←これ


1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2017/12/17(日) 07:32:42.359ID:pQzV8WZy0
まじで意味不明

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
381: 名無しの心子知らず 2017/11/09(木) 12:25:30.49 ID:M0fcVrVT
愚痴らせてください。不登校スレほど深刻でもないんでこちらで。
小5男子、果物やデザートが嫌いで、給食で出る日に休んじゃう。
残せばいいでしょって言ったら「先生が一口でも食べなさい」って言うんだと。
なので休む日の連絡帳に「一口を強要しないでいただけませんか」と書いたら
「食育は学校の方針ですから」できないってさ。

正直、果物やデザートなんか食べられなくても全然かまわないから
学校行って欲しいのに。
いや、一口が嫌で休む息子がダメすぎるのもわかってますけど。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
832: 名無しさん@HOME 2016/12/17(土) 15:51:39.68 0
うちの旦那は三兄弟の次男。 
お正月に、結婚したばかりの三男嫁が「晩御飯のメニューに悩んでる」と言ってきた。 
三男嫁はまだ若くて、レパートリー自体が少なくてお料理修行中だそうだ。 

ならヒントにはなるよ、とうちの小学生の給食メニューを毎月教えることにした。 
この話は、義実家で皆がいるときのこと。

そしたら、お盆に長男家の子どもたちが言うには、
長男嫁がちょいちょい給食と同じ夕食を作るようになってしまったらしい。 
それも凝ったメニューなんかは作れないのかかぶらず、
カレーだのスパゲティだのわりと手軽なものばかりかぶるとか。 
義兄と甥1(高校生)は気づかなかったけど、
甥2(小学生)と姪(中学生)が不満タラタラで、何度も親子ゲンカに発展したそう。
義兄と甥1も事情を知って長男嫁を諌めたけど、
「次男嫁が給食と同じのを作ればいいって言った」って逆ギレしたらしい。

三男嫁の話を知っている義兄は、
「ヒントになるって言ってただけだろ」と逆ギレを上回る勢いで叱り、
長男嫁はでもでもと泣いていたそうだ。

思春期の姪が肩をすくめて、
「母親がアホとか、マジ勘弁してほしいわぁ~」と首をフリフリしていたのが、
印象的でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
197: 本当にあった怖い名無し 2013/03/07(木) 21:20:51.44 ID:/B7zCQYX0

少し前に、何かの本かネットで読んだ復讐劇が、すげえ印象に残っている。
うろ覚えなので多少の違いはあるだろうし、読みにくいだろうが、とりあえず書いてみる。
ある小学校に、給食を絶対に残すな! を標語とする男性教師がいた。その男は、給食を
食べきれない生徒がいると、いつまでも教室に残して、全て食べきるまで食べさせ続けた。
生徒が何を言っても聞く耳を持たず、時には箸で無理やり押し込み、時には牛乳で無理やり
流し込んで、とにかく全部食べさせた。
(今の子供には信じられないかもしれないが、2~30年前にはどこの学校にもこういう
 教師がいた。かくいう俺も、この手の教師に泣かされた記憶がいっぱいある)

それから十数年後。定年退職した男は、かつての生徒たちから、小学校の同窓会をやるので
出席してほしいという手紙を受け取った。ちょうど退職後で暇を持て余していたので、男は
これに出席することにした。会場はどこにでもある居酒屋で、生徒のほぼ全員が出席して
いた。
同窓会は午後6時に始まり、酒を飲んだりつまみを食べたりしながら、とても盛り上がった。
そして2時間ほどが過ぎたころ、かなり酒を飲んだ男は酔っ払い、腹も膨れてきた。年齢が
60を超えていることもあり、男の食べられる量は前と比べて減っていたのも原因だった。
そんなとき、元生徒の一人が男に近づき、唐揚げの入った皿を差し出して、言った。