鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
752:彼氏いない歴774年2012/09/24(月) 03:55:32.83ID:46p7UVi/
予期せずして公然わいせつ物陳列の罪を犯したこと。

コンビニの帰り道、後ろの方から「キャアッ」と女性の叫び声が聞こえたので振り返ると
20mくらい後方でOLさん風の女性がスカートを抑えている。
どうやらこちらに笑いながら駆けてくる小学生男子3人組がスカートめくりをしたようだった。
「まったく…」と呆れながら前に向き直った次の瞬間、私のジャージがズリッと勢いよく下ろされた。
常々、会社に行く時以外はゴムの伸びきったダルダルパンツを履いているため、もちろんジャージと同時にパンツも下がり無事に御開帳。

小学生男子3人組が「ぎゃああああああああああああ!!」と叫びながらこけつまろびつ逃走し
私はあわててパンツとジャージを一緒に上げて後ろを振り返り、度胆を抜かれた様子のパンツめくられOLさんに向かって
「いやぁこれは本当に違うんですよ!」と謎の言い訳をしつつ私も逃走した。
なんだか関わったすべての人が不幸になる事件だったと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
538:2008/03/13(木) 21:34:35 ID:???
KYで自分語りで申し訳ないんだけど

私の浮気が旦那にばれた時、
旦那は
「俺だって職場で良いなと思う子がいる。でも実際には寝ない」
ってのたまってひどく傷ついた。

職場で良いなと思う子がいて、日々妄想してるんなら実際浮気した私とどれほどの罪の差があるのかなって。
毎日思い焦がれてる人がいるって告白されたわけだからさ。
心のない浮気を責められて、なんか納得がいかなかったよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
325: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/11(火) 14:28:05.03 ID:CAbwZ61e

退院記念の修羅場2連続の厄落としと言うことでカキコ
隣家のウワキ奥に夫婦そろって車に轢かれた。

私は右太股と両足を骨折
旦那は、私たちを撥ね飛ばした隣家奥に、バットで頭だの肩だのを
ボコボコに殴られてたが幸い右足首と右の上腕を骨折だけで済んだ。
隣家奥は、追いかけてきた隣家旦那+嫁側両親+隣家旦那両親に取り押さえられて警察行き
めでたく檻の中行きになった。
隣家奥のW不倫ズ
発見したのは私たち夫婦だけど、思い悩んだ末「みて見ぬ振りはすでに罪」と思い。
旦那は共通の知り合い(仕事関係)を通じてそれとなく伝えたそう
【嫁さん浮気してるって言い方じゃなく、良く綺麗な格好で出かけてるの見ますよ~】みたいな言い方で

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
875: 可愛い奥様 2016/12/11(日) 12:02:39.44
友達がやばい状況。
子供出来たけど、旦那さんの子じゃない可能性が大有り。
しかも半分は私の責任。
辛すぎる。本人はもっと辛いはずだけどさ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
管理人注:当事者視点

83: 愛とタヒの名無しさん 2013/07/17(水) 09:30:36.12
吐き出させて下さい。私の過去の話です。 

彼とは私が大学生の時に合コンで出あいました。
彼は勤務先も良くルックスも良く、交際は順調でした。 

しかし交際中、彼はあまり私を彼の両親に会わせてくれませんでした。 
私に問題があるのかなと思っていたのですが、
それはきっと、全く違う理由からの事であったと、今なら分かる気がします。

しかし私は、結婚後の事まで考えると、
どうしても挨拶は済ませておきたかったので、結果的には挨拶へ行きました。

彼の家族はとても私を歓迎してくれました。特に彼のご両親は涙を流して喜んでくれたほどです。

そして話は進み、結婚式の当日になりました。その日に意味が分かりました。

結論から先に書きますが、彼はサツジン者でした。細かく言えば傷害致タヒになるそうですが。

そんなことは何も知らず、私は披露宴の幸せを噛みしめていました。

突然、会場のドアが、凄い勢いで開けられ、黒い服を着た人を先頭に、
その後ろからも20人ぐらいの男女が入り交じった集団が入ってきました。

その黒い服の人は、彼がコロした相手の親でした。
黒い服の人は、マイクを持って、彼が過去にサツジンの罪を犯したこと、
自分は被害者の方の親であること、どのようにコロされたのかを話しました。

彼は高校の時にいじめをして、同級生をコロしたということでした。

そんなことは初耳で、私は冗談だと思いながらも、
途中からは頭が真っ白になって何も考えられなくなっていました

しかし集団の中の2人の女性が、バケツを持って私に向かって歩いてきて、
バケツに入った赤い液体を私に頭から被せた時に、本当なのだ、現実なのだと理解できました

さすが人ゴロしのお嫁さんだ 似合う 似合う と 被害者の方の親が大声で笑っていました。

人ゴロ 人ゴロし 人ゴロしの嫁 と誰かが歌っていました


このページのトップ