鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

自己紹介

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
87名無しさん@おーぷん 2016/05/21(土)16:54:20 ID:FV8
幼馴染みに凄く恥というか嫌な気分にさせてしまった……
幼馴染みは饅頭をメインに扱ってる
その土地では結構有名な老舗和菓子屋の息子
俺の両親が幼馴染みの両親と仲が良くて小さい頃から付き合いが有って
学生の頃なんかはバイトもさせてもらっていた
高校卒業後も付き合いあって俺の結婚式には紅白饅頭とか作ってくれたりした

で、幼馴染みのおばさんからちょっと前に相談された
25歳になっても結婚どころか女の影も見せたことがないという内容だった
正直、幼馴染みの店は週1の平日定休日で出会いを求めるのは酷だと思うし
幼馴染み本人もお店に買いに来たお客さんと出会って結婚なんて
ありゃなんかの冗談の類いか極々稀なパターンだと聞いていたので
到底彼女を作れるような環境じゃないんだろうなぁと思った

だから、嫁とも相談して流石にお見合いなんて大それた物をセッティングなんて出来ないので
嫁繋がりの独身、彼氏無しの女性と俺繋がりで幼馴染み含めた独身、彼女無しの男性を数人集めて
コンパみたいなのを開くことにした


で、コンパ当日、幼馴染みが自己紹介して饅頭屋ですって言った瞬間
女性陣からドッと笑い声があがった
何が面白いのかわからんが
饅頭wwwww和菓子屋じゃなくて饅頭屋って饅頭怖いwwwwwwウケるwwwwww
見たいな草生えまくりの感じ

でも、幼馴染みは小学校の頃から割とそういうの言われなれていて
バカにされてるところを俺が止めに入っても
いつも大したことじゃないからって本人から言われていたんだけど
大人になってもまだそんな事言う奴がいるのかって唖然とした

そういうの良くないってやんわり口にしたんだけど
幼馴染みは冗談交えつつ笑っていたので
饅頭屋の倅ってのが珍しかったのかネタキャラのポジションになってしまった
俺の選んだ男側も酔った勢いで饅頭持ってこいよ!!みたいな
俺と嫁は時々トイレに行くメンバーについていっては
流石にあれは失礼だからって真面目に忠告したんだけど
悪ノリ過剰ないじられ方をしまくってしまった

後日、俺と嫁は土下座する勢いで幼馴染みに謝罪したけど
幼馴染みはまぁあんなもんでしょ珍しかったらみたいな感じで
コンパ自体初めてで、異性と出会う場もなかったから、ああいう場を設けてくれるのはありがたかったと
逆に感謝されてしまってさらに、またやるなら誘ってよとまで言われてしまって
なんか凄く申し訳なかった……

今回のことで俺より嫁の方が気にしてしまっていて
愛想良くノリはよくても悪ノリまでしない面子を厳選したつもりが
結果こうなってしまったことに凄く気落ちしてしまっている

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
543: 名無しさん@HOME 2014/12/09(火) 08:15:16.18 0

もうすぐ正月だねぇ。今年の正月にあったことなんだけどさ。
義実家に新婚コトメ夫婦と私達夫婦が集まった時にコトメに言われた。

「結婚してわかったけど、私さん毎晩お兄ちゃんをこんなことやあんなことして
誘惑してるんだ。私のお兄ちゃんにやめてよね!」

と義両親もいるのに
言われた。こんなことやあんなことにはセー的な行為を当てはめて下さい。
コトメは隠しもせずにその行為の名前を出しました。
意味がわからずぽかーんとする義母。えっとびっくりする義父。
愕然とするコトメ旦那と私旦那。私はおかしくなって

「それってコトメさんが毎晩 コトメ旦那さんにしてあげてること?自己紹介って言うんだよ、それ。」

と 言ったらコトメは真っ赤になって

「しょうがいないじゃないの。旦那がやらないと夫婦じゃないって言うんだもの!」

と絶叫してた。
はっと我に返ったコトメ旦那に肩を押されて帰っちゃったけどね。
義両親からは謝罪されたけど、コトメからはその後まったく連絡なし。
旦那曰くコトメ夫婦はお見合いでコトメは旦那さんが初彼だったんだって。
中学から高校まで中高一貫のお嬢さん女子校で男女交際禁止の校則があり
そのままいまどき制服のある付属の女子大に進んだコトメは男女交際したことが
無かったらしい。でもいまどき女子大だってコンパやらで彼氏ぐらいいるだろうにね。
そんな訳でお盆にもコトメにあってない。
お正月はどうするのかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
611:12011/08/21(日) 18:12:07.70 0
義父の初盆でトメコトメにDQ返しで大ごとになった。
今妊娠中なんだけど、トメコトメが
「本当に息子チャン(お兄ちゃん)の子かしら?」
とかましてくる。
親戚の人も
「そりゃえらいこっちゃ、調べんと」
と笑う。
この親戚の人は基本イイ人だし、
本当に冗談で言ってるって分かるから許せる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
102: 名無しさん@おーぷん 2017/03/30(木)16:04:48 ID:oHa
物心ついた時から、10歳近く離れている姉から馬鹿にされていて
嫌がらせも散々やられた
いつかやり返してやろうと機会を狙っていたのだけど、
先週ついにその機会がやってきた

姉から、
「婚約者を紹介をするから来い、仲良し姉妹だと言ってるから
足りない頭使ってちゃんと空気読めよ」
と連絡が来たのだ

姉の婚約者はとても優しく誠実そうな人だったので、
こんな人を私怨に巻き込むのは可哀想だし止めようかとも思ったけど、
気が付いたら

「初めまして、姉から聞いてますよね?ブスでデブで役立たずのゴミの妹でーす。
脳みそ腐ってる馬鹿の高卒の底辺なので
こんなのが妹だと恥ずかしいから早くタヒんで欲しいでしょうが、
よろしくお願いしますね」
と、自己紹介していた

凍りつく姉の婚約者の隣で顔を真っ赤にした姉が
「てめぇふざけんなよ!!空気読めよ!!」と叫んで
飲んでたコーヒーをカップごと投げ付けてきたのでササッと逃げ帰った

鬼のように姉と親から電話やメールやラインが来てるけど無視してる
唯一私を昔から庇ってくれて今回も味方をしてくれている長兄から、
「姉は婚約者から、結婚を少し考えさせて欲しい、と言われたらしい」
と聞いた

ほんの意趣返しになれば、と思ってやったんだけど、
婚約解消になったら流石にやり過ぎだったかな

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
856: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/22(土) 23:37:54.48 ID:Uc2Tib6J

修羅場と言う程ではないけど・・・高校の頃付き合っていた彼女の家が会社を経営しててそこそこ裕福な社長令嬢だった。 
美人で可愛かったが付き合って1年目当たりで振られたんだけどその際に 
「俺君ってひょっとしてこのまま私と付き合っていけると思ってる?w」 
「一応私の家系ってそれなりだから将来ずっと付き合っていくとなると釣り合わなさ過ぎる」 
「俺君家の家庭と私の家の家庭じゃ釣り合いが合わなすぎるから別れた方がいい」 
「まあ結婚とかまずありえないけどw」 
と散々言われて振られた訳なんだけど 

続きます


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
261: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/09(火) 14:04:42.15 .net

去年、付き合っていた女性から別れを告げられ離ればなれになった
何度か別れ話は出ていたけど何とか手を尽くして引き止めていた
「将来がない」と言われたけど、今が楽しければ幸せだと思う

その別れた彼女が見合いで結婚することになったそうだ
出来れば結婚なんかしないでほしい
俺から離れてもずっと時を止めてそのままでいてほしい
口惜しさのようなドス黒い感情が渦巻いている

この結婚を阻止したい
俺は幸せにしてあげられないけど誰にも取られたくない
相手を探し出して「俺が元彼です」と自己紹介すれば彼女を取り戻せるだろうか
自己中なのは解っている
しかし、8年も付き合ってこれはないよ
誰にも渡したくない

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
547: 愛とタヒの名無しさん 2010/10/21(木) 20:22:05
職場の同期(男)の結婚式&披露宴に出たときのこと 
その日はじめてお会いした新婦さんはとてもぽっちゃりしていて、でも笑顔が可愛い人だった 
とてもぽっちゃり、というのはかなりぽっちゃりということです 
プロフィールはとても平凡な・・・大学卒業後はOLさんをしているとのこと 
新婦側の招待客も普通のOLさん達 
しかし、とあるテーブルだけ異様に同じようなおデブちゃんが密集している 
何事かと思って聞いてみると、「私達みんな同じお店で働いてた仲間なんですー」と

ん?店?学生時代のバイトか何か?と思いつつ二次会へ
そうするとお酒が入ったおデブちゃん集団が「アタシたちデブ専の風ゾクで働いてんの」と自己紹介し始めた
あー、新婦なるほど!とピンときたけど新郎には何も言わなかった
知っているのか知らずに結婚したのか、破綻しないことを祈る

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
874: 名無しの心子知らず 2016/10/18(火) 22:46:24.88 ID:G9bdKXnS
とんでもないキチママに遭遇…orz

娘(以降私子)が吹奏楽部に入ってて
同じ学年の男子(以降A太)の楽器に物を落としちゃったらしくて
へこませたらしい。
私子いわく
「ホルン(?)の口つけるところのパイプが潰れたのと管がへこんだ」。

物を落としたのは確かに悪いから修理代払うと言うと「10万」と言われた。
ああいうのって5,000円もあれば直せるんじゃないの?
過剰請求に呆れる…
内訳を聞いたらパーツ交換+分解しないとヘコミが直せないから
とか言ってたけどそれにしても高杉

A太の楽器は両親が買い与えた60万くらいする楽器らしいけど
そんな高額なものを中学生に与えるなんてとんだキチだなと思ったよ…

ていうかネットで3万も出せば楽器なんて買えるのに
(私子の楽器はネットで4万くらいだったけど、周りと音なんか変わらない)
楽器屋まで行って何本も吹き比べるとか頭悪いとしか思えないわ…
ほんとキチって怖いw

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
770: 名無しさん@HOME 2011/10/29(土) 01:43:11.09 0
私は結婚1年目に娘を産んだんだけど、トメコトメはそれが気に入らず 
「早すぎる」「実は出既婚だったんじゃ」(←?!) 
「本当に夫の子かわからない」「出既婚だったら恥ずかしいこと」 
「出既婚は女に全ての責任がある」(←違うって) 
と言いがかりをつけてきて、夫とともに切れて疎遠になってた。 
その後コトメが結婚する、ついては相手方が家族に挨拶をしたいというので来いと 
夫に連絡があったので、ずうずうしく私もついていった。 
(コトメと結婚する男がどんな底辺か興味しんしんで)

しかし挨拶に来たコトメ彼氏両親・彼氏は至極まともでお家柄も良さそう。
が、態度がおかしい。3人そろって土下座して
「このたびは申し訳ないことを」「お嬢さんは責任持って幸せに」
なんとなくコトメの立ち振る舞いから察してはいたけど、出既婚だった。
もうおかしくておかしくて「そちらが頭下げることじゃないですよ。ほら、
トメさんコトメさん頭下げて!出既婚は女に責任がある恥ずかしいことなんでしょ!」
と言って相手方に私も「このたびはコトメが申し分けないことを・・・」と土下座。
夫もその隣で「昔からだらしないヤツだとは思ってましたが、人様にこんな
ご迷惑をおかけするなんて本当に申し訳ない」と深々と頭を下げる。
唖然とする相手方に、私が娘を出産した当時のトメコトメの発言を挙げながら
「コトメはだらしなくて」「コトメは昔からいい加減なヤツで」と連呼。
それをどう解釈したのか、相手がその後調査を入れたら、コトメまじで
あちこちで男を食い漁っていた(主に出会い系)。
もちろん結婚は破談。その後生まれた子どものDNA検査を相手にせがんだら
ばっちり親子関係は否定されたらしいwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
248: 1 2009/02/27(金) 15:38:18
 
基本的に、夫と夫家族(同居してます)はいい人なんだけど、
コトメ(夫妹、20歳代後半)がつっかかってくる。


私は、甘いのが本当にダメで、コーヒーに何も入れずブラックで飲んでると、
「何でブラックなのぉ?wwwそういうのかっこいいとか思っちゃってるの?www」とか、

ニヤニヤしながら言ってくる。
ので、普通に「好みですけど?」って答えたら、大げさに首を横に振って、
「あーはいはい、そうですよねーwwwでもそれって、お外でやらない方がいいですよー。 
貴方、お外で恥ずかしいーって言われちゃいますからwww」と、ニタニタと笑う。

正直、意味がわからなくて、こちらとしても「はぁ。ええ。」って感じの対応。


後は、去年の年末に歌番組を、全員総出で見てたとき。
とあるバンドの歌が流れた時、知ってる歌だから(別にファンでもないけど)つい口ずさんだ時、
「あれぇ?このバンド好きなんですかぁ?っへー。かっこいいっすねwww」
と、またしても、ニタニタと笑って言ってくる。
まあ、ここも普通に「いや、好きって言うかよく流れてるからね、何と無く覚えちゃうし。あ、ごめん五月蝿かったの?」って言うと、ニタァーともう嫌な笑みを浮かべて
「ふふふふ。バンドについて興味がないけど語っちゃうぞってパターンですかwww」とか言われたけど、
本気で気味が悪いし、意味がわからないのでシカトしておいた。

コトメは、「言い返せないんですねーwww」とか言って、
超私をガン見で一つ一つの動作に、突っかかってくる。

このページのトップ