鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

衝撃

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

779:おさかなくわえた名無しさん投稿日:2013/06/11(火) 15:55:12.71 ID:EKfzPV8c
自分たちにも非があるので、叩かれるの覚悟で書く

女2人で居酒屋で飲んでいたら、トイレに行った友達が
「沖縄の人と仲良くなった」と言って帰って来た
経緯はわからないけど、沖縄から旅行に来てた2人組の男と知り合ったらしい
「向こうの席にいるから(私)も行ってきなよ」と言われ、観光名所も無い東北の田舎に遠い沖縄から来た旅行者というのに興味が沸いて取り合えず2人組が座っている席まで行って
「旅行楽しんでくださいw」とほんの一言か二言、軽く挨拶を交わして自分たちの席に戻った

すると、2人組の男が酒を持って私たちの席に来て
「一緒に飲もう」と誘われた
でも、後から友達の彼氏が合流する事になっていたから事情を話して一緒には飲めないと断った
すると、2人組のうち1人の態度が豹変
「男が来るのに声をかけて来るなんて有り得ない」と言うようなことを方言で喚き出した
もう1人の男に諌められて席に戻ったかと思うと、またこちらにやって来て文句を言う
それを何度か繰り返した後、静かになった
「変な人と関わっちゃったね…」と友達と話していると、なにやら視線を感じる
視線の方に目を向けると、窓の外からジーッとこっちを睨んでるさっきの男が…!!
もう、息が止まるくらいびっくりした
男はこっちをジーッと睨んだまま、もう一人の男に引きずられて消えていった

最初に友達が仲良くなった時(私がいなかった時)に勘違いさせるような事を友達がしたのかな?
とも思ったんだけど、その男は友達じゃなく私のことをジーッと睨んでたんだよね…
挨拶しかしてないのに、そこまで絡まれた事が衝撃だった


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

1: 名も無き被検体774号+ 2011/07/13(水) 01:00:39.87 ID:XNVlncRV0

当時のことを思い出していたら涙が止まらなくなった。
単なる養子だった、とか後妻だった、とかそういう話ではないんだ。
俺の半生なんて需要無いことはわかっているが、お前らに聞いて欲しい

代行人が立てたので、遅くなるかもしれません

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

895:本当にあった怖い名無し2012/04/23(月) 20:09:18.75 ID:jxdMuE2B0

中学の時ちょっとトラブルになった女がいた。
全く見当違いの濡れ衣だったんだが、教員はその女の言い分のみ取り上げた。
模範優等生だった女なので俺の意見は黙杀殳。
その後もそいつとは険悪な関係が続き、廊下や帰り道で罵倒され続けた。
相手は教師を味方につけていたので俺がやられる一方だった。
男ならぶん殴ることもできたが女なのでできない。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

836: 1/3 2012/05/17(木) 20:08:06.16 O

では私じゃなくて伯母が偽実家にやったDQ話(伯母の許可済み)でも。


あれからもう20年くらいになるけど
ある日の早朝、突如全身真っ黒な服に身を包んだ伯母が
我が家に従姉妹達を連れて来たと思ったら
今度はオカンを連れて、またどこかへ出掛けて行ってしまった。

そして、夜になってやっと二人が満面の笑みで帰って来た。
その時は、従姉妹達も私達姉妹も全員まだ小学生だったので
わけがわからないまま、お互いの母親から漂う
ものすごい酒の匂いにひたすら辟易してその日は終わったが
(あとから帰って来たオトンが
その日の夜、このウワバミどもが…と呟いてたのは未だに覚えてる)

数日後、学校から帰って母方の祖母の家の庭(歩いて1分もしない超近距離)で妹と遊んでたら
オカンと伯母が二人して祖母に叱られてる姿を目撃した。
でもなぜか婆ちゃんの口元がニヤニヤしてたんだ。

怒られてたのはあの日の事かと気になってしょうがない私と妹は
オカンにあの日何があったのか聞いてみたが

オカンはニヤリと笑って「まぁ、アンタ達が大人になった時話すよw」とだけ。

後で事情を知ったらしい姉と父は「お前らが知るような話じゃない!」と
口を固く閉ざしていた。
…ここまでが当時の記憶。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

414: 名無しの心子知らず 2011/12/31(土) 14:10:33.61 ID:ynIOYRN7
高校生の時に3年生に万引き旅行一家がいた 
旅行行く度、ほぼ手ぶらで出発、着替えの衣類は現地で調達 
車内で飲食するものも現地で万引き 
もちろんボストンバッグも万引き 
食事はファミレスなら食い逃げ 
子供が産まれる前から万引き旅行が当たり前だったので
3年生の先輩も旅行先では万引きが当然らしい 
普段は凄く真面目なんだけど
「旅行先では万引きしても逃げ切れるし観光客は観光地にお金を落とす神様だから万引きも許される」みたいな感覚の持ち主だった 
私と先輩は部活が一緒だったけど
「お土産のお菓子も1箱もってしばらくウロウロしてたらみつかんないよー」と話していてその場にいた全員がドン引きした

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

531: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/07(火) 18:03:21.14 ID:rAqPkTbG
小さい頃から、実家の近くの年下の男の子の母親にずっとロックオンされてた。 
自分は見た目は全くアレだったが、成績が女の子で一番よかったのと、 
祖母が厳しかったので素行もよく見えて、息子の嫁に!って妄想されてたらしい。 

そこの息子は「勉強ができなくなるから」と塾以外の習い事(皆がやってた少年野球とか)は一切させてもらえず、
「悪い友達がいるから」と外にもろくに出して貰えないもやしっ子だった。 
接点といえば集団登校の時だけ。
人見知りがだったのか、口を利いてくれたことはほとんどない。
それなのに私はなぜか嫁認定だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

83: 1/2 2014/03/21(金)21:29:14 ID:4SankhVcc
文が下手なので箇条書き修羅場、時期は10数年前で携帯が普及してない時代

・おおみそかの夜に当時生後4ヵ月の娘が高熱で引きつけ
・救急車呼んだら一緒に行った嫁が「すぐ着てくれ、覚悟もしてくれ」
・暖房消して戸締まりして慌てて病院へ
・娘一度心停止してて危ない状態
・自分も嫁もパニック起こしながら看病
・朝になってから上の2歳の娘を思い出す
・豪雪地域で、その日も気温マイナス
・凍タヒしてないかと心配になって慌てて引き返す
・家の鍵が開いてて誰もいない
・誘拐か自分で家を出たかと警察へ通報
・警察到着して家を調べる
・手紙みたいのをリビングから見つける→見ると俺実家から
・娘を連れて行くという置き手紙→俺警察に叱られる
・実家に行くと兄嫁の家に娘いると言われてびっくり→兄の家は新幹線の距離

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

124: 名無しさん 2014/03/23(日)00:36:31 ID:hwKI2hrGd
長くなりますがご容赦ください。

私はバツイチ。元旦那の不倫が原因で離婚したのが五年前。ちなみに子供はなし。
離婚後に異動願いが希望通りになって、結婚当時住んでいた土地からは少し離れた所に引っ越した。

離婚から数年経って、職場の同期の結婚式で、大学時代の知人Aに再会して、意気投合した。
学生の頃はそれほど親しくなかったのに、なんとなく話が弾んで、連絡を取り合うようになった。
私がバツイチなのも、恋愛に慎重になっていることも話した。
それでもAは気長に待ってくれて、結婚も視野に入れて付き合うようになったのが二年ほど前。
その直後、元旦那との離婚の原因となった不倫相手B子から電話がきた。
どうやって私の番号を知ったのかはわからない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

631: 名無しさん@おーぷん 2015/12/02(水)18:33:11 ID:Fh6

書いたら長くなってしまった。長いわりに理由不明の話。
去年の夏、末弟が結婚した。
私は長女で末弟とは12歳離れている。18歳の時進学を機に実家を出たので、末弟とは一緒に暮らした期間が短かく
こう言ってはなんだが弟というより親戚の子に近い感覚があった。
帰省のたびお菓子やおもちゃをお土産に買ってはいたが、姉弟感覚は薄かったと思う。
その末弟のお嫁さんになぜか私は敵視されていた。
挨拶しても無視、横を向いてボソっと「…年寄りくさ」「ババくさっ」と小声で吐き捨てられること数回、
通りすがりに足を踏まれること2回。
あまり人間関係に敏くないのほほんとしたうちの旦那ですら気づいたくらい、あからさまな悪意だった。
理由はわからないが嫌われているのはわかったので近寄らないことにしていた。
しかし末弟の見ている前だとやたらフレンドリーに話しかけてくる。
前述のとおり私と末弟はそれほど親しい姉弟ではないので、特に思い出話もなく
三人でいても盛りあがる話題もない。末弟嫁がこちらを嫌っているのがわかるから尚更。
困った相手だが滅多に会うこともないからいいかと、普段は疎遠にしていた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

202: 1/3 2009/12/13(日) 02:18:40 ID:pzca3sh5
都内の某有名お花見スポットにお花見に行ったときのこと。 
その日は前日とは打って変わってやけに気温の低い日だった。 
温かい飲み物を求めて、最寄のスタバには客刹到。
私も店外に伸びた長蛇の列に加わって並んでいた。 
暫く並んで、お店の入り口ももうすぐというところまで来た時、肩を叩かれた。
振り向くと、シロガネーゼ(古)風の巻き髪お化粧ばっちりの女性.。推定35歳。 
「これお願い。一緒に買ってきて」と紙を差し出す。 
紙はぐっちゃぐちゃに書かれた飲み物のオーダー。 
しかも「低脂肪乳で」「ホイップ追加」など注文がうるさい。 
事情が飲み込めず、ていうか誰この人?などと頭が混乱して固まっていると、 
「だから!これを買ってこいっていってるの!」と追い討ち。え?? 
女「だからぁ!子供が小さいから!子供って体が繊細なの!
風邪引いたらあなた責任取れるの?」 
私「…?」 
女性.が指差すほうを見てみると、同じようなテイストの女性.が数人とちびっ子たち。 
どうやら「ママ友」たちとお花見に来た模様。 

このページのトップ