鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

要介護

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
【前編はこちら】
111:マグネット ◆/OtbnHDzP. 2009/03/07(土) 22:49:19

妻はまだ娘に私を見捨てるよう説得しています。
子供たちの優しさはとても嬉しいのですが、
親として子供の足枷になりたくない気持ちもあり、複雑です。
妻も妻なりに悩んでの決断だと思います。
妻を恨む気持ちや妻がひどいと思う気持ちはありません。
妻の仕事への情熱を一番見てきた私には、
仕事を辞めて私を見てくれとは言えません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
415:名無しさん@HOME2012/09/29(土) 21:52:17.52 0

20数年前、私と旦那が結婚後直ぐウトメ熟年離婚。
それだけでもビックリだが、ウトのやけっぱち発言により
旦那がウトの子ではない事が発覚。
トメが妻子持ちに「独身だ」と騙られ、はらまされた子だとのこと。
ウトは世間体のためだけに、父親役と夫役をやらされてただけなんだと。
これが第一の修羅場。

そして先月、旦那の実姉と名乗る人が訪ねてきた。
年老いた旦那の実父が旦那に会いたがっているんだと?
念のため調査会社に依頼すると、自称実父は自己破産者、要介護状態で、団地で高齢自称実姉と2人暮らし。
どう見ても不良債権。あわない方が良いと夫婦で判断。
で、「戸籍上も他人ですし、お会いするいわれはございません」と私が断りの電話を入れると
「嫁子さんだけでも、こちらに来て欲しい・・・」
って、私介護役期待されまくりジャン!
私にとっての最大の修羅場。
「産んでもらった恩」とか言われても、シラネー。
でも、これって某メダリストみたいに批判されるのかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
771: 名無しさん@おーぷん 2016/12/12(月)03:15:51 ID:7Nm
旦那には10才年上の兄がいて、旦那の実家で同居してた。旦那家の跡取り。
私と旦那がお付き合いしだす前からその環境で、
旦那は兄の結婚と同時に家を出た。
私は長女なので旦那に婿入りしてもらった。
そのとき私は病院で働いてた。

結婚して一年とちょっとしたころ、
義母がコンクリートの階段から転げ落ちたらしくて入院。
足の骨が骨折、聞き手の左腕粉砕骨折、右手首骨折、頭もぱっくり割れてと重症で、
手術もして金具で骨を止めた。

リハビリをする必要があるからと転院をすることになったんだけど、
なかなか受け入れ先が見つからなくて、義兄嫁さんから
私の働いてる病院で面倒見られないかと頭を下げてきた。

旦那の母親だしと仕方なく病院に頼み込んで受け入れてもらった。
旦那の親とは言え、片手で数えるほどしか会ったことのない人だから、
病院と義母両方に気を使って板挟みで辛かった。

そして私の働く病院に転院させてから、義兄も義兄嫁も何もしなくなった。

私と旦那は同居してたわけでも、まして名字さえ違うから
手続きがとても複雑になって大変だったのに、
義兄たちは何一つしてくれなかった。
どころか一月もすれば見舞いにも来なくなった。

職場だから毎日顔を見に行くんだけど、義母は私を見る度
「早く家に帰りたい」と泣きつき、
でも義兄に伝えると義兄嫁から「無理」とかえってきた。

確かに車椅子必須になった義母の面倒を見るのは大変なのはわかる。
でも家は義母のものだし、要介護の認定もおりてるから、
ヘルパーを雇って帰る権利もあると思うのに、リフォームすら拒否していた。

介護認定も私が役所に行って手続したんだけど、
義兄たちからは「余計なことをして」と遠回しに言われてた。

私の働く病院は隣に施設も併設されてるので
最終的に義母をそちらにうつすことになったんだけど、
家に帰れないと知ってか、
義母はストレスからか斑ボケのようになってしまって、
私は立場的に余計苦しくなってしまった。

しかも義母、ボケてから我儘が酷くなって、私のことをずっと罵倒し、
骨のつかない手で暴力もふるっては悪化させてた。
周りからも名字の違う義母の面倒を押し付けられてるのを
冷ややかな目で見られてた。
義母みたいな入居者はすごく嫌われるんだよね。

それからしばらくすると、義母は頻繁に高熱を出したりするようになり、
怪我の部位が腫れ上がって動けなくなり、寝たきりになったら
あっという間に弱ってしまった。

いくつか原因がわかってたけど、
治療しようにも麻酔に体が耐えられる状況ではなく、
しばらくは頑張ったけれど旅立たれた。

終わったとき、正直ほっとした。
悲しみにくれる旦那に私の両親は激怒してたけどね・・・。
ほぼ私一人で義母みてたようなものだから。

義母が亡くなってまだお葬式も終わってなかったのに、義兄から
「俺たちはずっと同居してた。面倒を見てたのは俺たちだから
遺産は俺たちに譲ってお前は遠慮してくれ」と旦那に打診があった。

旦那はそれを鳩のように
「こう言ってるし、遺産放棄でいいかな?揉めたくないし」と言ってきた。

私は病院の請求書と離婚届を旦那に渡した。
もう何もかもが嫌になって、葬式のときに旦那も義兄も義兄嫁も
纏めて八つ裂きにして刹してやろうかとも思ってた。
でも実の親が止めてくれた。

離婚を決意するまで待っててくれたみたいで、私を迎えに来て
旦那から引き離して実家に連れ戻してくれた。

自覚がなかったけど、鬱病になってた。
母につれられて弁護士事務所に行き、必要な書類を職場から取り寄せ、
旦那と義兄宛に書類を送った。
あとは弁護士に任せて私は鬱の治療をしてる。

躁と鬱を繰り返してるから、自分のこともままならない。
私も傍から見たら斑ボケだった義母のようなんだろうな。

きちんと読み直したんですが、
文脈でわかりにくいところがあったらすみません。
鬱になってから文章を書くというのが酷く難しくなってしまって、
理路整然としたつもりですが、読みにくくても堪忍してください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
83: 名無しさん@HOME 2015/01/14(水) 23:18:04.54 0
うちは義兄に離婚したって言われた
ウトが要介護になってトメも年だし、どちらか同居してくれと迫られてる時にだよ
ウトメも驚いて色々聞いてたけど義兄は詳しいことを話さないし
まあ離婚したものは仕方ないってことでうちが同居することになって
私夫婦が義実家で生活始めたら義兄が義兄嫁連れてきた
あれ?離婚したんじゃ?って思ってたら「再婚しました」だとさ
今となっては本当に離婚&再婚したのか口だけだったのか分からない
でも同居&介護について私夫婦と義兄夫婦できちんと話し合うこともなく
義兄が離婚したっていうからなんとなくうちが面倒見ることになったからモヤモヤする

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
116: sage 2012/04/06(金) 23:56:47.03 0
トメが要介護になったので同居開始。 
主に面倒見るのは私@介護職経験有。 
最初のころは大人しかったが、体が満足に動かせないせいか、私に手が出るようになってきた。 
まあ、はっきり言って、年寄りの暴力には職場で慣れてはいた。 
ムカつくことは変わらんが。 

最初に叩かれてから一週間は我慢したんだ。 
もういいよね? 
ってことで、また叩こうとしたトメの腕を掴んで、笑顔で言ってやった。 
「トメさん、トメさんが私を叩いた数だけ、夫君を叩きますね。今までの分も含めて」 
私が本気だと思ってなかったようで、結局その後叩かれた。

夫が仕事から帰宅。
私「おかえりー。あのね、今から叩くねー」
夫「ただいま。なんで?」
私「これこれこういうことです。親の不始末が子に報うのです」
夫「・・・・・・素手でお願いします」

このやり取りの後、トメの前でほんとに夫を叩いた。
トメさんベッドの上で顔真っ赤にしながらわめいてた。
人語じゃないのでヒアリングできません。
その後、短期出張から帰ってきた良ウトさんと夫とトメとで話し合い。
私はご飯食べて風呂入ってテレビ見て寝てた。

結果的に今は近距離別居、トメの介護(お風呂とか)はデイサービスをお願いすること。
私もご飯作りは手伝うが、後は夫とウトさんにしてもらってる。
叩かれたといってもぺチン位で全く痛くは無かったんだほんとは。
トメの前で夫をorzにしてスパンキングしたのがdqnだったと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
776: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/27(木) 17:31:05.28 ID:4E0OBPvR
求職中。
ハロワから持ってきた求人案内を見ていたら

彼「介護とか、いいんじゃない?」
私「大変そうだしなあ…
(伯母が義両親の介護をしていたときの
話を母から聞いていたので)」

彼「介護良いよ!うちの妹も看れるしさ!!」
私「はい?」

話を聞いたら、彼には
要介護の特別養護学校に通う妹がいて

彼の母がその世話で大変だから、
私が介護師の資格を取れば
彼の母も楽できるし、妹も面倒看てもらえるし
いいことばっかりじゃん!ってことらしい

私「…それ、給料出る?」
彼「なんで?家族になるんだったら
家族の世話するの当たり前じゃない?」

私「休みはあるんだよね?」
彼「母さんと交代で休めばいいじゃん」

私「……彼くんは何もしないの?」
彼「やったことないし、仕事あるし…」

ちなみに彼は実家暮らし。
それでこれだからもう終わってるなと思った

最後まで聞いていたら、
こいつ頭沸いてるんじゃないかと思った

結婚しようかみたいな話もでていたけど、
もうそんな気全く無くなった

今はどうしたら穏便に別れられるか考えてるところ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
159: 名無しさん@HOME 2016/05/20(金) 15:27:13.49 0
ニートの姉がいきなり就職活動していきなり仕事決めて
6月から働き始めるらしいけど
これから誰が爺や母親の介護するんだ??
ふざけんなよ、これからは皆で介護するとか

誰だよ姉をそそのかした奴は
しかも金が貯まったら引っ越しするとか
兄貴の家は嫁さんが介護したくないとかで揉めているらしいし
俺も仕事が忙しいっていうのに姉は勝手すぎるわ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
558: 名無しさん@HOME 2010/08/29(日) 13:29:54 0
こちらは2学期が始まって10日経過しました@長野県民

うちのトメも「孫男(うちの長男・大学生)はお盆なのに帰ってこないのか?」とお怒りだったので
「やだトメさん、仲間と遊ぶのが楽しくてバイトも忙しくてそれどころじゃないですよ、大学生は」
「友だちが多いっていいですよねー。元気でやっててくれれば私たちはそれが一番うれしいですよ」
と、ニコニコ笑いながら『友だち』を強調して返してやった。
トメ、高慢ちきで自分だけが正しいと思ってるから友だちがいなくて、入院しても要介護になっても
誰ひとりお見舞いに来る人がいないのを知っててわざと言った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
746: 名無しさん@HOME 2016/04/22(金) 09:46:13.34 0.net
数年前舅が要介護になったけど、姑は杖をつかないと歩けないので
二人で入る施設を探して、義実家の土地建物を売ることになった。
入居費用は二人の年金と
足りない分は義兄と旦那で費用を分担する話になった時に
義兄嫁(専業主婦)に借金があることがわかった。

義兄嫁の実家の自営がうまくいってなくて
娘(義兄嫁は一人っ子)に援助を申し出て、義兄嫁が義兄に内緒で渡していた。
最初は生活費切り詰めて渡していたけど、足りなくて貯金に手を付け
最後はカードキャッシングまで手を出していた。
結局義兄嫁実家は倒産して、一銭も返ってこなかったけどね。

借金返すために、義兄夫婦が住んでいたマンション手放して
義実家に同居した。
当然義実家を売れなかったので、施設入居はなしで介護は義兄夫婦がする。
そのかわり私の旦那は相続を放棄するって話し合いがあった。

舅の介護は寝たきりで夜間の呼び出しとかもあるけど、ヘルパーさんは昼間だけ。
義兄は子供達の学費のために夜間にコンビニアルバイトをしているので
夜間は義兄嫁一人で介護。わがままな舅でかなりつらいらしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
120: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)10:41:19 ID:Nvr
今年の正月、初めて「幻のイトコ」の実物を見た。
イトコは今50代。
イトコが高校生の頃、学校が凄く荒れていた世代で、
今で言う学級崩壊の高校生バージョンのような感じだったらしい。
教室のガラスが割られたり、授業中に教師が殴られたりしていたそうだ。

イトコは不良グループに目をつけられ、殴られたりお金を取られたりで、
高校に行けなくなってしまい中退した。
以来、ずっとイトコ家の二階にいる。
今で言う引きこもりだけど、当時は何て言ったのか知らない。

私が物心ついた時すでにイトコは引きこもっていたので、名前と存在だけ知っていて、
実物を一度も見た事が無かった。
親戚の集まりにも冠婚葬祭にもイトコは一度も顔を出さなかった。

そのイトコが今年、母親である伯母に連れられて、祖母の家に現れた。
伯父(イトコの父)が亡くなり、伯母ももう70代後半、しかも癌が見つかったそうだ。
さいわい健診で発見できて、年齢のせいで進行も遅いし、命に別状は無いらしい。

しかし伯母の入院に際して何ひとつできない、
一人で病院に来ることもできず、回覧板当番すら務められない息子に
伯母は改めて危機感を覚え(遅い気がするが…)、イトコをせっついて
「せめて外に出て、人に会えるようになろう」
と、まずは祖母の家に連れてきたんだそうだ。

初めて会うイトコは、普通の小太りの中年男性だった。

イトコに約35年ぶりに会ううちの両親や叔父叔母は「こんなに変わって」と
ショックを受けていたが
髪は伯母が切ってるそうで、
亡くなった伯父さんの服だから流行遅れではあるけど、見た目はまあ普通。
ただずっとうつむいて無言だった。

このページのトップ