鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

貧乏

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
162: 名無しさん@おーぷん 2017/07/20(木)20:27:55 ID:ifL
仕事で車に乗ってるんだけど、
隣県のある町を走っていたら携帯が鳴ったので適当なところで路肩に車を止めて通話し、
そのあとついでにメールチェックをしていたら
そのすぐ横に建っていた古い長屋みたいな家
(平屋で2世帯ずつ繋がってる家が数軒並んでる)
から見知った女性が出てきた。
その後ろから小さい子が出てきてなんかぐずってて
「早くしなさい!」とか「忘れ物ない!?」とか言ってるのが聞こえて
そこに住んでるのは間違いないふう。
ちょっとビックリして固まってたら女性と目が合ったけど、
一瞬あとに露骨に目を逸らされた。
その女性、春頃にマイホームを建てたので引っ越して行ったママ友のAさん。
私は特別仲が良かったわけではないけど、
同じ病院で出産したとかいうBさんは新居に遊びに行きたいって何度か言ってたけど
二世帯住宅で義父母が一緒だから慣れて落ち着いたらねって応じてた。
新住所を聞いても落ち着いたらメールするからって結局教えてもらえないままで、
引っ越して行ったあとは全くの音信普通になったらしい。

Bさん、何か粗相でもして嫌われたのかしらってずいぶん気にしてた。
まぁ色々事情はあるんだろうとは思うけど、こういうことだったのね・・・。

Bさんが幹事になって開いた送別会はAさん希望の結構お高い創作和食料理店だった。
新居引っ越し後は色々物入りだろうし、
自分センスで揃えたりしたいだろうってことでひとり3000円×7人の新居祝いを包んだ。
Bさんはそれと別に個人的に贈り物をしたと聞いている。

辛い事情があって引っ越して行ったのかも知れないし、
だからちょっとした見栄を張ってしまったのかも知れない。
そこは100歩譲って仕方がないとしても、
送別会(二次会もあったらしいけど)の店を指定したり
万単位のお祝い受け取ったりできる神経がわからない。

Bさんの落ち込みを見てきたので、余計に腹が立つ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
312: 可愛い奥様 2013/02/22(金) 09:04:14.97 ID:sMQZyk8qO
2才の息子がリモコン操作が面白いらしくていつのまにか 
光テレビでどーでもいい番組を525円も購入してた。 

暗証番号をいれないと購入できないけど0000にしてたから 
たまたま購入できたみたい。 
旦那がマジ切れしてリモコンで子供を小突きながら 
俺は50円のカップ麺で昼飯節約してんのによー 
と切れてるのをみて涙が出たよ。貧乏やだ。 
私は220円の社食だから贅沢でごめんなさいと思い 
旦那を軽くしかとめられないのと貧乏で泣けた 
光テレビは無料期間おわるから今月で解約するよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

【1/2】
【2/2】←NOW


745: 田中 ◆oCT0W05tvQ 2006/04/15(土) 22:06:02
マジデ見捨てないでください・・。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

【1/2】←NOW
【2/2】
18:43公開予定

614: 田中 ◆oCT0W05tvQ 2006/04/15(土) 21:00:43
お願いします。

【差し支えの無い範囲で以下の情報提供を】
 ・詳しい悩みの内容(必須)   嫁が、俺の収入が少なくこんな生活は嫌だと泣く・怒る・鬱になる。
 ・最終的にどうしたいのか(必須)  なんとか二人で頑張って行きたい。
 ・相談者の年齢と職業、収入   28歳  会社員  400〜500万 
 ・配偶者の年齢と職業、収入   27歳 専業主婦
 ・子供の有無、いるなら人数と年齢、性別  なし
 ・住まいは持ち家か賃貸か  賃貸
 ・親と同居かどうか  別居
 ・結婚年数       二年
 ・離婚歴がある場合はそれも記入  なし

もともとお嬢様育ちなせいもあり、天然に贅沢好き。
最初は貧乏が珍しく楽しかったが、数年たつとつらく、さらに一生続くかと思うと気が狂いそうになる。とのこと。
そんなこと言われても俺・・がんばってるんだよ・・。
お嬢様といっても、やや実家が裕福 って程度です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
122: 2016/06/23(木) 04:34:54.17
嫁は汚いクマのぬいぐるみを枕元に置き、毎日ブツブツ話しかけてる。
こいつ美人だけど馬鹿だな、と俺は思ってた。 
あまりにも不気味なんで、俺はぬいぐるみを捨ててやった。
そしたら嫁の奴「くまごろーはどこですか?」とか言いやがる。 
あの熊に名前あったんだ!俺は吹き出したよ。
「くまごろーはごみ収集の車に乗って旅に出たよ」って言ってやった。

そしたら嫁は号泣してしまった。
理由を聞いたら、嫁は母子家庭で家が貧乏でおもちゃやぬいぐるみなんて買ってもらえなかった。
あの、くまごろーは母親が買ってくれた唯一のぬいぐるみらしい。
その母親も嫁が高校を卒業し社会人になってから、病気で亡くなった。
くまごろーを母親だと思って毎日話しかけてたらしい。
俺と結婚できて幸せだ、とか、俺の体調が心配だとか、そんなことを話しかけてたらしい。
新しいの買ってやると言ったら、「いえ、もういいんです」と寂しそうに答えた。
嫁から笑顔が消えてしまった… 

このページのトップ