鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

遺書

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

463: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/06(木) 00:11:29
今日て嫁が逝って1ヶ月になりました。
今日このスレを見つけて読んでいて、涙が止まりません。

まわりに同じ境遇の人もいないし、
ここに来るとなんか我慢していたものが
すべて涙と一緒に出てしまったような感じです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
347:名無しさん@おーぷん2015/11/08(日)03:50:20ID:GuS
内容が内容なんで話半分で聞いてくれれば。

小学校から続いてたかなりハードな虐めを苦に中学で一人が自杀殳した。
マスコミにも情報を漏らさず、事態は学校の中で封杀殳された。

と言うのも、当時新任の校長先生が冗談抜きで修羅と化したから。
自杀殳した翌日に朝から全校集会、遺書の読み上げと黙祷、そして遺書に書いてあった虐めの犯人を公表。
学校自体サボってた主犯が親同伴で連れ込まれる。この時点で二時間経過。
犯人全員壇上に正座させられて徹底的な糾弾。遺書の内容を否定したらビンタというかパンチが飛んでた。

全員の顔と校長先生の拳がぼこぼこの血まみれになった辺りで全員が容疑を認めた。
そこから日々の生活態度から(校内でタバコと賭け事やってたとの情報も遺書に書かれてた)
どれだけの罪をやってのかをまた暴力込みで徹底的な糾弾。壇上に飛び散る血しぶき。
親と全校生徒の目の前で土下座しても「だからといって自杀殳した人は絶対に戻って来ない」
「お前達が全員命を落としても取り返しは付かない」「絶対にあってはならなかった」
「それをお前達は」とかまだ許してなさそうだった。

昼休みも終わった頃にやっと開放。給食が終わったら今回の事について無記名のアンケートを書けと用紙が。
主犯以外の親も校長室に呼んでた。どうやらアンケート用紙の答えを全部親に読ませてたっぽい。
そして自杀殳した生徒の親を呼んで、目の前で全力の謝罪の土下座を校門の前で。

これで許してたら変わってたかもしれない。でもその親達は「許しきれない」って言った。

それから犯人達は中学のフィールドワークと称して延々ボランティア活動をやらされてた。
朝五時から草刈り、終わったら夕方までゴミ拾い、夜は公共施設の掃除等。
その日から毎日犯人達を許せるか?とかいうアンケートを書くように言われた。

そんなこんなで、半年以内に犯人全員が腑抜けみたいな感じに、その内一人が自杀殳した。それからすぐに校長も自杀殳した。
遺書には例え虐めていたとしても若き生徒の芽を摘んだ事、アンケートの内容を改ざんして犯人達へ伝えてた事の謝罪が書いてあったらしい。

今でも犯人達は家にいるけど、何もしてないとの話。成人してから主犯も自杀殳した。虐められてた生徒の家は慰謝料で引っ越した。

あれだけ怒った人を今でも見た事なくて修羅場。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

114: 名無しさん@おーぷん 2015/12/10(木)01:37:31 ID:ucR
母親が、
俺が高校生の時に急に癌で天国へ旅立った。

受験控えてた時期だったけど
なんとか大学受験は合格。
でも家から遠かったし
母方の祖母に甘えて
祖母の家に住ませてもらってた。

それから2年くらいして、
祖母は介護が全くいらないくらい元気だったのに
母親と同じように癌で他界。

お葬式の準備とかをしてる時に
初めて母に兄がいることを知った。

親戚の話ではDV&家の金盗みの
糞兄だったらしく勝手にでていったそうだ。
一応母兄にも亡くなったこととお葬式のことを知らせた。
でお葬式の日、母兄が俺に話しかけにきて一言

「遺産、放棄して俺にくれるよな?」

ここで代襲相続のことに気付いて俺は
「遺書さがさないといけませんね~」
って軽く流しといた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

542: 名無しさん@おーぷん 2015/10/08(木)20:26:56 ID:Ltf
やっぱ年下に拘る男性.て、
どこか問題あるよなと感じで思い出した

昔私は親が決めた相手と
3年ほど結婚してました。
その時の生活が黒い過去。

相手は41、私は22、3。

お見合いも泣きながら嫌がって
(目の前に現れたのは
父よりジジ臭い男、
祖母ぐらいの母親だもの)
行われたがそれでも相手から
縁談話を進めてくれと言われ結局入籍。

今の時代でこの年齢なら
いくらでも逃げられたんだろうが、
携帯もない、学生時代アルバイトが
気軽に出来たような環境でも
時代でもなかったので蓄えはほぼなし

一部を除いて高卒で腰かけ数年やって
結婚がデフォな時代だというのを踏まえて読んでくれ。

相手側の親戚や仕事関係の人に
紹介されてもひたすらダンマリ。
恋愛もしないまま、
好きなる保証もない男の子を産むなんて
絶対に無理!と考えたら止まらなかった

凄い態度の悪い嫁
(実際数人に「若いと思ってつけあがるな!」
とお叱りの言葉()を頂いたw)
として生きることを心に誓った!

変な雰囲気になれば
大声の金切り声を上げ、
「実はこういうのは怖くて…」
と泣きながら話す。

男も男の母もドン引き、
それ以来私は男の母と寝る事になった。
すべて嘘、嘘泣きは昔から得意w

それでも男と1つ屋根の下に
住んでることには変わりはないので
熟睡出来なかったし、
男の母が突然留守にする夜が
数回あった時は1時間ぐらいしか寝れなかった。

(男の母が金管理で私はニート
(主婦って仕事してないから)
だったので自由になる金はない)
お陰でなにもしなくて済んだ。

3年目の正月に
慌ただしい家族の隙をついて
車の鍵を捨て、
やっと場所がわかった貴重品と
金庫のお金と家族の財布を拝借し
遺書らしいのと緑の紙記入ずみを置いて逃亡。

もちろん、実家には戻らず(当たり前)
2つ離れた県で有り金に頼らず
ひたむきに働いて生活していたら
今の旦那と知り合い結婚。
(調べたら離婚は成立してた)

何度か住民票を移したせいか
×がついてなかった。
不思議で調べたら意味がわかったけど。

両親に対しては
今まで育ててもらった恩を
多少ながら感じでいたが
あのような行動には
怒りを通り越してサツイを感じた。

両親としては自身も年の差で理解があって
裕福な家に嫁に行くのは幸せだ
と思っていたようだが
価値観を私に押し付けないで欲しい!

両親への復讐も考えたが
自宅が更地になってたので
もうどうでもよくなった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

942: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/22(金) 15:16:51 ID:z4dZvO3u
全然スーッとしないけれど
服役してた昔の友人が満期で出所してきた。
今35才なんだが、コイツは16才以降、今まで檻の中に居た時間の方が長い
小・中と、ひどい虐めを受けて、ある日突然キレて生き方を変えた奴なんだが
本人曰く「また、正月前には自首予定」、、、
似たように虐められていた他の仲間達が
「もう20年以上たってるんだ」
「もうやめてやれよ」etc
言っても聞かない
何か壊れてしまって
昔虐めていた連中に徹底的に粘着して復讐することが
人生の目的になっちまってる

虐めていた連中4人の人生は、殆ど崩壊と言うか
毎日が地獄のようだとは思うが
「あいつらが全員、自杀殳するまで止めねぇ」と
ケラケラ壊れたように笑うのが怖かった。

鈴木・林・金山
これ読んでたら、柴田のようにあの世まで逃げろ
お前等が虐めてた過去は、忘れもせず水に流しもしないが
相手は、ナチ戦犯を追いかけるモサド並みだ
柴田の墓石たたき壊して、骨壺にウンコかけるなんてまともじゃねぇが
止めようもない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

550:名無しさん@HOME2017/11/25(土) 12:37:34.78 0
本気で義兄嫁が頭おかしい、
旦那には言ったけど旦那も兄(私の義兄)にどう言ったらいいか困ってる
でも言わなきゃこのままだよね、困るよって私が強く言ったから今日義兄に話に行ってる

私は二人姉妹の妹で実家は要資格の家業があるので
姉が大学で資格を取ってしばらく修行してから事務所入りした
私は姉より先に結婚して家を出たその後、
実家の事務所に姉の後輩が入って姉と結婚して姉家は2児を授かった
つらいので端折るけど、数年後に事故で姉夫が亡くなって父も障害が残った
姉は事務所の仕事がある、母は持病があって+父のサポートで手一杯で
必然私が姉家の二人の子の面倒を見ることになった

食事と小学生の学校生活の準備と塾(中受準備)で
うちの子の受験は済んでたので二週目的な感じで塾スタッフと面識もあった
それで幸い甥は志望校合格(姪は小学校から私や姉の母校の付属だったので受験はない)
甥が合格した頃から色々と上向き始め、父もリハビリが効いて事務所に復帰出来るようになった
↑これを義兄嫁(旦那の兄の嫁さん)に同じことしてくれって頼まれて
断ったら「遺書にあんたの名前書いて自サツ未遂して恥かかせる」と意味不明な脅迫

義兄の子は現在5年生、義兄嫁はうちの子や甥の通う中高一貫の進学校に入れてくれという
※通塾経験無しで模試の数値などデータが無いので
万に一つのダークホースかも知れないがそこは置いといて
うちで預かる謂れはないし、
何よりも今からでは進学塾の特進部はよほどの数字を叩き出さないと入塾できない
義兄嫁がなんで今になって思いついたのかもさっぱりわからない

さらに旦那の話では義兄家に塾代と私学の中高の費用は苦しいのじゃないかな、と・・・
断っても断ってもしつこいし、旦那が義兄に話に行ってる間の吐き捨てで投下します

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
816:名無しさん@HOME2010/02/01(月) 20:54:06 0

もう10年以上も前の話。

高校生だった俺は、担任に嫌われていた。
親が警察官で駐在所に住んでいたんだが、後で分かったが担任は飲/酒運転して免停になり、警察官の子供の俺を逆恨みの対象にしていたらしい。
担任がいろいろしてくるから、俺は孤立。
ジサツまで考えた。

ある時、本当にジサツしようとしたが、家族には理由を教えよう、と遺書を書いていたんだ。
そしたら、部屋に入ってきた姉ちゃんに遺書が見つかり、理由を説明する羽目になった。

当時姉ちゃんは大学生。
心理学を専攻していた。
「ジサツしようと思うくらいなら、仕返ししよう。
手伝ってあげる。」

姉ちゃんがいろいろ情報収集した結果、先に書いた理由が分かったらしい。

後、行っているのみ屋や家族も調べたらしい。

姉ちゃんがやった事。
1 1週間くらい毎日、?み屋の姉ちゃん風のけばい格好で担任自宅付近をうろつき、通りすがりのおばちゃんに担任の家を尋ねる。
2 県、市の教委に、担任の素行の悪さを苦情を申し入れる。
「高校に通う学生の父兄ですが、担任先生はおかしくないですか?
ちゃんと対処お願いしますね。」
3 時間割を確認して、担任の授業中を見計らい、学校に電話、
「担任さん、いますか?
授業中?
なら、良いんです。」
と言って切るを何日か繰り返す。
続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
651: 恋人は名無しさん 2009/09/19(土) 10:57:23 ID:ONck0Mks0

これは最近の修羅場です! 

私…22歳 
彼A…32歳 
元彼女B…20歳 

Aとお付き合いをして、婚約をし全てが順調にいっていると思っていました。 
婚約中の妊娠でしたが、本当に幸せでした。

彼の家でマッタリしていると彼に電話が… 
私『電話でないの?』 

A『たいした用事じゃないし…いいよ。』 

なんてAの様子が少しだけ変だったんです。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
891: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 21:29:04.49 ID:B9KEo72v.net
家族のシってのはありきたりだけど、家族(兄)が自サツしたことかなぁ。
原因は借金してたことだった。何に使ったのかよく分からん。
最後の持ち金は11円。車のなかに最後に食べたと思しき兄が好きだった
肉弁当みたいな空弁当箱があった。

日々の金に困って母さんの財布からも盗んでたらしい。
就職一人暮らしして何年も会って無かった自分のところにも金借りにきた。
思えばそこで気づくべきだった。

自サツしたって聞いて、最初は悲しくなかったけど、遺体を見たら急に悲しくなって
涙が止まらなかった。
どうして気づけなかったのか自分を悔いたし、何とも思ってなかった兄がシんだことに
対してこんなに悲しくなる自分に凄く驚いた。それが衝撃だったかなぁ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
482: おさかなくわえた名無しさん 2014/08/30(土) 01:30:11.09 ID:QFOwXfVQ
4歳ごろの幼い頃の修羅場
おぼろげな記憶を補ってるので、
おかしなところがあったらごめんなさい

我が家は祖父母の代からちょっとゴタゴタした複雑な家庭で、母の兄姉は母とは腹違いだった為、母のことを嫌っていた

母の実母は短命だったのでどんな人か知らないが、実父(私の祖父)は母を大切にしていたと思う

そんな祖父が亡くなる時に人悶着あり、祖父からこっそり遺書を私が手渡されていたりと色々あって、兎に角大変だった

母は兄姉から虐げられていたせいか、家庭に居場所のない、所謂放置子にも分け隔てなく接している人だった 

近所に家に誰もおらず締め出されている子がいれば家に招いてたし、勝手に庭に入って私のおもちゃなんかを持って行く子にはきちんと叱ってダメなことはダメと懇切丁寧に教えていた 

我が家の数件隣には熱心な教育ママがいたんだけど、その教育ママ、二人いた姉妹のうち姉にだけ目をかけて、妹(以後Aとする)は放置してた 

Aは私より数歳年上で小学校に行ってたんだけど、母親の愛情に飢えてたせいか、よく私の母に甘えに来ていた 

いつも家に来るものだから、私は姉みたいに思ってたんだけど、Aは私のことが大嫌いだったらしい 

上で書いた祖父が亡くなって家が大変になったとき、遺書を私が祖父からこっそり託されていたことで母親が物凄く追い立てられていた 

幼い私にもわかるくらい痩せてやつれていってたけれど、我が家にきて私を罵倒する兄や姉からいつも私を守ってくれてた 
Aは家の外から、たまたまその現場をみていたらしい 

で、「あいつ(私)がいるから、ママ(私母のことをママと呼んでいた)が苦しんでるんだ、あいつさえいなければ」という考えにたどり着いたらしい

このページのトップ