鬼女事件簿

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

離婚

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

600: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/02/04(月) 00:21:26 ID:ML3+reIu0

愚痴というか相談というか自分が間違えてるのか妻がおかしいのか知りたい 

妻が義姉夫婦と仲が良すぎて俺といるより楽しいと言い出した 
義姉は妻より10近く上で既婚で子どもがいない 
うちには小学生低学年が2人いて義姉夫婦はとてもよく可愛がってくれる 
それはいいんだが義姉夫婦は少し金遣いが荒くて我が家が遊びに行くと毎回ご馳走をふるまう 
お年玉も誕生日もクリスマスもプレゼントは豪華で子ども達は義姉夫婦の家に行くのが大好き 
義姉夫婦は共働きで金回りはいいが一人当たりは500万くらいしか稼いでないのに見栄を張りすぎる 
俺は1馬力で1000万近く稼いでて妻子どものために頑張ってるのに厳しいからと忌み嫌われ、妻も子どもも義姉夫婦と住みたいと言い出した 
本気じゃなく笑いながらだったけど腹たって怒鳴ってしまった 
これって俺悪くないよね?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

14: 離婚さんいらっしゃい 2013/10/06(日) 10:17:24

五年前、嫁が取引先の男と一年以上不倫してたの判って、悲惨な修羅場をくぐって離婚。 

慰謝料と、相手の会社から“迷惑料”受け取ったけど、手をつける気にならず銀行に置きっぱなし。 

この八月、元嫁と、再婚した不倫相手が一緒にいるところに偶然バッタリ。 

元嫁、信じらんないくらい綺麗になってた。もう36だけど。 

で、子供二人連れてた。 

どうも、って言葉交わしただけで、何も話さなかったが、幸せオーラが伝わってきた。

一週間くらい落ち込んだ。

「不幸になればいいのに」って考えで頭が一杯の自分もイヤになった。

俺は離婚以来、女に無縁。この先も多分同じ。

「身軽で良いね」なんて言われるが、仕事しか能ないけど高給取りでもない、イケメンでもない40歳じゃ、このご時世、再婚もキツい。

スンマセン愚痴でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4: 774号室の住人さん 2013/11/24(日) 03:30:30.19 ID:k5x+/vZq
一人暮らしできるのは年明けになりそうです 

親権は嫁 
養育費5万 
面会交渉権無し(子供は3歳) 
慰謝料は無し 
貯蓄なし 
ローンの残債は俺持ち 

離婚原因は多々あるにしても決定的なものは嫁が他の男に惚れていて、俺に嘘をついて出かけたりあったりしていたことなど。 
嫁曰く、浮気じゃなくて本気とのこと 

協議中だが、これに納得できる人がどれだけいようか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

743: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)20:54:25 ID:X59

吐き出し。長文ごめん。近々既女でなくなる予定。

ちょっと前までごく普通に夫婦仲は良好で、子供が出来なかったことを除けば順風満帆だった。
が、数日前夫から離婚を切り出された。
そこに至る経緯、ざっくり書いても長くなったけどこういうこと。

同い年の40代、そろそろマイホームを建てようかと言うことになった。
貯金も十分貯まってローンを組まなくても建てられそうだった。
亡くなった実父から貰って月極駐車場にしてる土地があり、そこに建てることにした。
どこに建築をお願いするかと言うことになって夫婦で話し合っていた時に
HM何社かで主催しているイベントがあったので見学に行ってきた。
その事を夫から聞いた義父から、義叔父の息子(夫の従弟)の工務店を使ってやってくれと言ってきた。

良い家を安く建ててくれると評判がいいらしい。
HPを持っていて、ブログには建築の途中経過の画像がいくつもあった。
夫は「立派な家ばかりだし、安く建ててくれるなら有難い、親戚なら信用もできる」とノリノリ。
でも私は真逆の感想だった。
いい加減な仕事をしているとは思っていない。信用できる親戚なんだろうとも思ってる。
だけど、そこの工務店が建てる家そのものが簡単に言えば好きじゃない。
実績として紹介してる家の9割方がカントリー風。それは別にいい。
でもどのリビングの床も水玉模様かってぐらい節が多い。
安さの理由を見たような気がした。
家は一生に3度建てないと満足できる家は建たないって言うけど、
私らにはそんな経済力もなく、おそらく最初で最後の新居だから
安さよりも出来るかぎり自分の理想に近づけたい。
分不相応な贅沢な家を希望してるわけじゃない。
ただ、せっかく土地を譲り受けたのだから、そのぶん家にお金を掛けてもいいんじゃないか、
安さに拘ることもないんじゃないか、そう思って夫に言った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

448: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)20:24:46 ID:ltx

昨日、出張帰りに新幹線でビッグコミック買って読んだ。

出張鞄の中に入れっぱなしにしてて、帰宅後捨てようとしたら嫁がそれを見て
「こんなくだらない本買って馬鹿みたい」とぬかしやがった。

嫁が買って今更読んでたh*d*k*の美奈子だかなんだかって本も十分くだらないと思うけどなw
昨年からずっと離婚を考えていたんだが、親父が闘病中で心配掛けたくなくて
時期を迷ってた。

が、この一言で気持ちが固まった。


「だな、俺馬鹿だからおまえとはやってけないわ。離婚しよう」って言ったら
ビックリして目玉まんまるにして固まった。

何ビックリしてんの?旦那にそんな言葉吐くんだから
いつ離婚してもいいぐらいに思ってたんじゃねーの?って

しらけた感じで言ってやったら、急にしおらしく
「そんな大袈裟な意味で言ったんじゃないんだけど・・・」とか言ってんの。

一銭も稼いでこないくせに旦那に馬鹿とか言っといて大袈裟な意味じゃないってどんな意味だよw
自分が稼いだ金の自分の小遣いの範囲内で買った
ビッグコミックぐらいでガタガタぬかすんじゃねーよ。


結婚して2年。

子供ができるまでは仕事する約束だったのに、
昨年俺に全く相談もなく勝手に辞めておきながら生活苦しい小遣い足りないって五月蠅くて
そりゃあ当初の予定と違うんだし、そうしたのはおまえなんだから当たり前じゃん。
自分の奨学金の返済ぐらいはパートでも何でもやって自分で払えよって言ったら、
友達の旦那さんは払ってくれてるのにって知るかよ。

なんでこんな女と結婚したんだろう。女を見る目がないっていわれりゃそれまでだが
付き合ってた頃には思いやりがあって可愛い女だったのに籍入れた途端豹変されたり、
結婚前にいくら話し合って計画立てたって結婚してから勝手な事されりゃどうすりゃいいんだ。

が、もう悩むのも終わりだ。気持ちは変わらない。離婚する。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

580: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/10/26(月) 17:21:27.06

みんなボロボロになって頑張ってるんだな… 

俺もなんとか離婚届にサインしてもらった 

が、両親が許してくれず 
夫婦の問題だから反対されても関係ない事はわかってるが 
やはり親だし今まで世話になってるし、どうにか認めて欲しい 

いい方法はないだろうか 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 2020/03/29(日) 10:54:11.419 ID:2zUls2G40
ムカつく事と良い事のバランスが崩れてきた

ムカつく事の方が多くなってきた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

333: 名無しさん@HOME[sage] 2013/09/25(水) 12:55:50.58 0
今まさに修羅場なんだが全然片付いてない上に
今後の見通しも全くたたない話

簡単に書くと
出張中に弟から「俺の嫁に誘われて寝た」と泣きながらの謝罪電話
頭にきて嫁に電話しありったけ罵った
嫁は「弟に無理矢理㬥行されかけたがなんとか撃退した」と言い訳
これが先週の話
で、今日帰ってきたんだが・・・ な話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

738: 名無しさん@HOME[sage] 2010/12/02(木) 15:59:27 0

家を建てることになったんだけど
旦那が姑の部屋と小姑の部屋を作るって言い出した

そんなんなら一生賃貸でいいや。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

104: 鬼女事件簿 2010/06/02(水) 11:52:08 0
支援ありがとう。
あまりに長いので、前置きと分けて投下します。


他人事だと思ってこのスレ読んで笑ってたら、昨日きた。
発信元は9年前に離婚した元旦那42歳。

離婚した経緯は、結婚数ヶ月後から元旦那がパチ○コにハマってしまい、
最初は嗜む&小遣い程度だったのが、本気&生活費にまで手を出すようになった。
「共働きだから何とかなるだろ」という思考の持ち主で、
どれだけ文句を言っても「共働きだから(ry」と聞く耳持たず。
子供が出来たときのための貯金にまで手を出して私がブチギレ。
「1ヶ月たってもパチ○コやめないなら離婚する」と離婚届にサインと判を押させ保留。
2週間くらいはおとなしくしていたが、またパチ○コに行き始めたので、「こりゃ無理だ」と思って離婚届を提出した。


メール内容↓

このページのトップ