鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

養子縁組

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

664:名無しさん@HOME2014/11/27(木) 16:33:12.33

長い間、実家暮らしの独身だった義兄(50)が、結婚した。
相手は8歳年下。趣味の集まりで知り合い、とても感じが良く料理上手、
偏食気味の義兄が彼女の料理は全部美味しいとノロケるくらい熱々。

皆が祝福する中、義弟嫁だけが無表情だったので気になっていたが、
家に着くとすぐに電話があり、

「あの人、離婚歴があるって言ってたよね?隠し子がいるかもよ。」
「絶対怪しい!保険金目当てに決まっている、ちゃんと調べた方がいい!」
と、あまりに必タヒなので、何が目当てなのか探ってみた。

どうやら、ウトの遺産の配分や義兄の預貯金の行方、そして義兄一人に
押し付けるつもりでいたウトメの介護を心配しているようだったので、
私をアホな考えに巻き込むなよ〜と言って電話を切った。

その後、コトメも私も義兄夫婦とは家族ぐるみで仲良くしている。
後で解ったけどコトメとは共通の知り合いがいて、親戚を辿るとウトの
弟の奥さんの実家(裕福)と繋がったので、身元は確かどころか義兄や
我々よりもずっと良い出自。

時々、私やコトメ家族を新居に招待してくれて美味しい料理やお酒で
もてなしてくれるし、子供達には小型のUFOキャッチャーや綿菓子器
などの玩具を沢山用意してくれるので、子供にも大人気。
義弟嫁も何度か食事に誘われたらしいけど、断わったみたい。

そして先日「京都の青酸連続サツ人のニュースみた!?」と義弟嫁から電話がw
すでに義弟を通じて、義兄嫁がウトの親戚すじだとか、どんな職業だった
とかいう情報は入ってるはずなのに、まだ疑っていることに呆れて思わず
「しっつこいな〜w」って電話切った。

本当に頭おかしい。あんな人だったっけ?ってこれまでの義弟嫁の言動を
思い出してみたけど、特に変なところは無かったと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

270:名無しさん@おーぷん2017/11/18(土)20:02:46ID:GCu
結婚の約束もしてる彼女に
「そろそろご両親に挨拶に行ったほうがいいよね」
と言ったら深刻な顔で拒否された。

「今まで切り出せなかったけど、家族に会ってほしくない」と。
詳しく聞いてみると、彼女の母親は学歴を鼻にかけた傲慢な人間なそうで、
例を挙げるならコンビニ店員に
「お前声袋詰めおせーんだよ。そんなこともできないの?」
とか日常的に言ってる人物らしい。
父親もそれを是としていると。そして長女(彼女の姉)はそんな母親にそっくりらしい。
彼女はそんな家族がとても嫌だから会ってほしくないと。

「でも挨拶も無しに結婚するわけには…」と言ったところ、
「出来ることなら
家族に内緒で結婚したい…」と。
そこまで言うのならなるべく彼女の意思を尊重したいけど、
現実的にこっそり結婚なんて出来るのかなぁ?
そんな家族ならなおさらバレたとき拗れると思うんだけどなぁ。
親子間で絶縁できる法律はないからどうしても切り離せないもんね。
どうしたもんか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
355: 名無しさん@HOME 2014/12/20(土) 21:49:39.00 0

息子が養子縁組した連れ子ってウトメの立場として
どうしても受け入れなきゃいけないもんなの

親戚の子ども程度の付き合い方はできるけど
実孫たちと同じように扱えとか言われて困ってる

お年玉や誕生日進学祝いは実孫たちと同じ様にしてるけど
習い事や進学費用の援助としての進学贈与で揉めてる

どうしてこの子だけ差別するのと泣かれても
血縁がないからとしか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
108: :2016/06/29(水) 07:01:41.81 ID:

汚の寝ているあいだにスマホを覗いてみた
汚の友達とのラインで間が複数いることが判明
会った回数は少ないもよう

ニックネームだけで喋っていて、どうやって間の素性を確かめるか相談したいのだがココで合ってる?場違いなら誘導してほしい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
287: :2015/06/27(土)15:44:39 ID:

もうずいぶん昔の話なので、時効だと思って書き込む。
特殊な話なのでフェイク入れるので、つじつまが合わなかったらスルーしてください。

娘を出産したとき、産後の回復が思わしくなくてしばらく入院してた。
本当に頭も上げられないくらいだったので、毎日なんとか母にゅうを搾っては、看護婦さんから
娘に飲ませてもらってた。
昔の田舎の産院にはカンガルーケアなんてのもまだ普及してなくて、娘を抱いたのも2回くらい。
時々はガラス越しに顔だけ見てたけど、娘は幸いにして元気すぎるくらい健康だった。
元看護師の姑が面倒見てくれるというので、先に娘だけ退院させた。

出産から1ヶ月くらいたってようやく私も退院し、真っ先に娘の顔を見に行った。
もう会いたくてたまらなくて、抱っこしてミルクあげようとしたんだけど・・・なんか顔が違う。
直接おちちを含ませたのはそのときが初めてだったんだけど、「え?赤ちゃんってこんなに
吸う力弱いの?」と
びっくりするくらい弱々しい。

産院で見た元気なわが子の姿とはまったく違っていて、何があったの?と姑を問い詰めたけど、
「赤ちゃんなんて1ヶ月でずいぶん見た目が変わるものよ」とあしらわれるだけだった。
旦那も「俺も毎日会ってたけど、別に何も変わったことはないよ」と言うので、納得いかなかったけど
とにかく赤ちゃんとの生活が始められることが嬉しくて、その場は流してしまった。

だけどやっぱり娘の顔色がおかしく見えて、「過敏になりすぎ」という旦那を押し切って病院に行った。
先生がその場で色々検査してくれたんだけど、数日後に結果を聞きに言ったら
「うちではどうしようもない」と大学病院の紹介状を渡された。
内臓に奇形があって、手術しなければ長生きできないと言われて、もう頭の中真っ白。
すぐに大学病院に行って診てもらったけど、この子の体力がないとかですぐには手術できないと。
とにかく今できることをやりながら、本人が手術に耐えられるようになったらすぐに手術しましょうと
いう結論になった。

このページのトップ