鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

BBQ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
168: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/11(月) 20:38:47.51 ID:H02NQLo7
仕事絡みで知り合った1つ下の子 
皆でバーベキューしようという事になり、それぞれある物は持ち寄ろうと話をした 
その子が「私、調味料持ってくる」と言ってくれたのである程度お願いした 
「塩、コショウ、しょうゆ・・」とメモをしている手もとを見ると「しよ、コショー、」と書かれていた 
「しよ、になってるよw」と書き間違えを指摘したら「え?しよだよ?何が?」とキョトンとした

彼女は20数年間、塩を「しよ」と読んでいたのだ 
違うと言っても「だって、塩辛いのをしょっぱいって言うでしょ?しよ、っぱいだから間違ってない」と、皆が自分をからかっていると怒った 
(これを言われた時は思わずなるほど!と納得してしまった) 
携帯でどちらが変換できるかやってみろと言われ、やっと理解してくれた 
その後も付き合っていく内に、読み間違え覚え間違え、勘違いは沢山あり笑ったものだが 
その時は「大人なのに!?今までよく生きてこられたな!」とドン引きした 
でもそれ以外は好きだし人格的に問題はないので今でも仲良くしている

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
172:恋人は名無しさん2010/09/15(水) 13:07:54 ID:zTFs12ED0

元彼が、私の前と友達の前とじゃ全然態度が違う人だった。

当時お互い大学生。別々の大学。
元彼はいわゆる体育会系バリバリのサークルに入っていて
先輩も友達もものすごく男尊女卑な旧態依然とした雰囲気の人たちだった。

元彼は私と二人きりの時はベッタベタに優しくて
ちょっと鬱陶しいくらい甘えてくる人だったし、自分でも
「尽くすタイプ」と自称してたくらい甘甘なタイプだった。

でも先輩や友達の前に出ると、態度が180℃コロっと変わる。
サークルの空気が
「男は女に尽くさせてナンボ」
「女は女中と思え」
「釣った魚に餌はやるな」が
不文律で、彼氏もその手前、女に冷たくあたる男を演じなければならなかった…らしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
319: 名無しさん@HOME 2016/08/22(月) 14:00:35.80 0
旦那は男3兄弟の次男坊
兄弟の中で我が家が一番先に結婚し、数年後に義兄家が結婚

なので、私達の結婚式に義兄嫁は出席していないが、
私は義兄夫婦の結婚式に親族で出席している
義兄の結婚式はごく普通に和やかに行われてる

今年義弟が結婚することになったのだけど、
相手が私と親しい後輩(というか卒業した後は友人)
義弟と出会ったのもうちのBBQパーティだったこともあり、
式の相談に乗ったり福利が使えるところを融通したりしてる

こないだ義実家(義親義兄家)我が家、義弟カップルで食事した際に
義母が式の準備の進行具合を聞いて
彼女が
「大丈夫です、私さんのおかげでいい感じに進んでます」
って答えて

引き出物の持ち込み料とか保管料、手提げ袋とかが福利でゼロになる
って話したのが義兄嫁の逆鱗タッチしたみたい
なんかすっごいなが~~~いメールが来た

友達の式にケチつける展開は嫌だから夫婦でシッカリ読んで返事した
過去の式の不満と金銭的な要求もあったのでそれは義兄へ、
義親への不満は義両親へそれぞれ読みやすく整理して送った
新婦にもあらましは伝えといた

そこから数日静かだったんだけど
義兄嫁がさっきいきなりアポなしでうちにきて
「ごべんなざ~~い”!」と言い出した

義兄から離婚されそう、なんだって、割といい気味だと思う

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
327: 名無しの心子知らず 2012/11/02(金) 07:58:42.08 ID:WsAiNFWF

以前の自分の誕生日は家族で誕生日会とか糞儀式だったが、今年は彼氏にディナーへ連れて行ってもらった。
夜景も綺麗で私が求めているのはこういうことだったんだと改めて思った。
子連れでBBQ?遊園地?つまんねぇよ。
こちらとらゆっくりしっとりしてぇんだよ。
ここに来ると後悔し悶々と過ごしていた日々を思い出す。
離婚を切り出して本当に良かった。
今の彼氏と結婚の話は出ているがもうしない。
小梨OKなら考えるけど。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

467: 名無しの心子知らず[] 2011/06/15(水) 12:46:11.06 ID:IeIY49dL
去年の夏の日、うちの借りてる駐車場で隣の異常者奥さんがバーベキューをやってた。 
俺が呆然としてると「だって最近使ってないでしょ?」とトング片手に迫ってきた。 
相手にすると疲れるので、家に入って大家に電話。 
この大家さんも普段は優しいが、ルールを破る奴には容赦しない。 
異常者には異常者をぶつける。 
3分もしないうちに大家が飛んできて、怒鳴りつけながらたき火の上の鉄板を蹴り飛ばす。 
吹っ飛んだ鉄板は椅子にくっつき、ナイロンが溶けて奥さん大騒ぎ。 
その間に大家は駐車場の水道から放水開始。 
たき火だけでなく、食材や一家全員に放水。 
旦那は子供を抱いて距離を置き、大家と奥さんの一騎打ちが始まった。

両方とも人の言葉を話してない。 
外に出てみると、旦那と子供が片付けしてる中、まだ言い争ってる。 
よく見ると奥さんは水かけられてワンピースはスケスケで、TKBと下の下着が丸見えだ。 
見てくれは良いのに、とても残念な人だ。 
大家が「警察呼んでやる!この放火魔!!」と言われ、奥さん激高して掴みかかった。 
大家も奥さんの胸ぐら掴んで応戦、ボタンがいくつか飛んで、更に見晴らしが良くなる。 
警察来る面倒なので、主に奥さんの胸を掴んで大家から引きはがす。 
旦那が戻ってくるまでホールドしてたが、その間中ずっと大家を罵り続けてた。 
大家には「子供がいるから」と耳打ちし、何とか納めて貰う。 
壮絶な一夜だった。 
今でも駐車場の焦げ後を見ると、あの日見た奥さんの胸と下着、そして感触が思い出される。


このページのトップ