鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

DQN

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

102:おさかなくわえた名無しさん03/08/08 10:50 ID:tUIubW3/

オイラ、中古ゲームも扱ってる店で働いてるんだけど
今日ソフトを売りにきたDQN客。

オイラ「買取価格1000円になりますが宜しいですか?」
DQN「・・・・・・・・。あのさ、このソフト動かないんだよね、返金してもらいたいんだけど」
オイラ「は?どういうことでしょうか?」
DQN「おたくで新品で買ったときから動かなかったんだよ、売ってそこそこの金になるならそれで勘弁してやろうと思ったんだけどさ、1000円じゃねぇ。返金してよ」

オイラ「さようですか、当店のハードで確認いたしますね」

DQN「急いでるからいいよ!動かねぇもんは動かねぇんだから!」

オイラ「すぐ済みますので・・・。」

正常に動く。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
716:おさかなくわえた名無しさん2007/03/07(水) 19:08:22 ID:7/QVmaC/
俺が25の時に、駅でDQNに絡まれた。
見るからにDQNなソイツは暴走やってますよみたいな自己紹介の後
電車代が無いから1000円ばっかり恵んでくれやみたいな事を言ってきました。
すいません、今250円ぐらいしか持ってないからそれで勘弁してくれませんか?
それでジャンプ買おうと思ってたんですよ。と言って200円渡してやった
ソイツがちょっと足りないねぇみたいな事を言うので
1000円ぐらいだったら車の所にあるのでついて来てくれたら良いですよ。
と、俺は終始低姿勢で対応した。
ソイツはかなり上機嫌で「悪いねにーちゃん」みたいな事を良いながら駅南口までついてきた。
南口の階段を降りきった瞬間!
ソイツの腕を掴み目の前の派出所に向かって「助けてぇ〜!」と大声で叫んでやった。
慌てて出てくる警官、焦って逃げようと必タヒなソイツ。
警官「どうしました?」
俺「この人が!無理矢理お金を!強盗です!」
その後、事情聴取・・・泣きそうなDQN、真剣な警官、終始笑顔の俺。
小柄で童顔な俺は結構絡まれやすかった。
今はただの30のオッサン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

123: 名無しさん@自治スレ参加募集中 04/09/13 02:52:29 ID:K4JpOYnq

もう一年前のことになるけど書きますよ。

新宿の街中でホ㋜ト系DQNが女の子にボウリョクを振るっていました。漏れは急いで110番。

しかし、通報し終わったすぐ後、
DQNは女の子の靴を無理矢理剥ぎ取り、遠くへ放り投げ、何処かへ行ってしまった。
かわいそうに女の子は鼻ぢを出しながらしゃがみ込んで泣いていた。
 野次馬も相当居たけど女の子を囲むように遠巻きに見ているだけで
誰も関わろうとはしなかった。
 恥ずかしながら漏れも、どうしていいのかわからず、ドキドキしながらうろたえていた。
すると、手足の長いスラッとした美人のねーちゃんが
ツカツカ女の子の元へ向かい、
 「これ、履きな。」
と自分の履いていた靴を脱ぎ、女の子に渡した。
女の子はキョトンとした顔でそのねーちゃんを見てた。今でもその表情は印象的である。
 美人のねーちゃんはニコッと笑い、それ以上何も言わず素足でそのまま去って行った。
女の子は泣きながら「ありがとうございます・・・ありがとうございます・・・」
と、ねーちゃんに言ってたけど、そのねーちゃんは振り返えること無く行ってしまった。
なんかスゲーカッコよかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

453:愛とタヒの名無しさん2010/07/26(月) 13:22:42
バカ弟の結婚式の自業自得な話

親同士の再婚でできた弟はいわゆるDQNでバカでどうしようもないクズだった。
家の金持ち出したり、勝手に他人の物売って金つくったりしたこともあった。
そんなバカ弟が一人前に結婚(但し出来ちゃった結婚)。
披露宴の後、ご祝儀をあけてみたら、友人関係は全員空っぽで
中には「いついつ貸した金と帳消し」というメモが書式統一されて入っていたらしい。
ご祝儀払いの披露宴だったので、親に泣きついてお金を借りて払ったらしいけど
その金も返す気はないんだろうな

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

189:おさかなくわえた名無しさん04/08/03 14:44 ID:TNQVJAYQ

職場に買い物に行った。
店内放送で車のナンバーを呼ばれたので駐車場に行ってみると、派手にぶつけられていた。
新車ではないが買ったばかりでだんだん情が移りつつある車、左前壊滅状態。タイヤ動かない。
ぶつけたのはお客さんで、正直にぶつけたと名乗り出てた。よく見るお客さんだった。
なんかタイヤ鳴るほどの勢いで急カーブして駐車場入ってきた勢いそのままにぶつけたらしい。
そのオッサン、初めはすいませんこれではもう廃車でしょうから全額弁済しますとか言って、
自分で事故証明がどうので自分で警察呼んでた。が、連絡先教えあうので名刺の交換したら態度豹変。
「えー!何!?あんたここの店員!?えー!?早く言えよ!謝って損した!!」
いきなりそんな感じで俺に渡した名刺も引ったくって取り、
「こう言うときはどういえばいいのか解るだろ!俺の車壊れたんだけど!相手はお客様だよ!どうするの!」

…どうもしねぇよボケが。俺の車弁償しろっつの。外レジにいたレジのおばちゃんも証言してくれたし、
水まきやってた副店長もぶつかるところ見てたそうだし、オッサンに逃げ場はねぇ。
買ったばかりで廃車じゃ車がかわいそうだが、オッサンはゆるせんので新しいの買わせます。絶対。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

591:恋人は名無しさん2010/05/03(月) 19:23:30 ID:rIDW0mnO0

私が子供だった頃に遭遇した修羅場。
ちょっとスレチかもしれないので、お茶受けに。


当時私は幼稚園児。
うちのすぐ近所に住んでいた一家がすごく怖い人たちで

祖母…いつも酔ってる
父親…いつも酔ってる。無職。いつも怒鳴ってる
母親…いつもス❏ットしてる
長男…いつも外を徘徊してる。体が大きくて乱.暴で怖い。自分より小さい子を脱がそうとする
二男A…一家唯一のいい子。私の二つ年上

こんな家族構成だった。

二男Aは小学生だったが同級生は「あの子と遊んじゃいけません(家族がヤバいから)」と
言われているらしく同年代の友達がいなかった。
Aはろくに両親が食事を作ってくれないのでいつもお腹をすかせており
私の母が不憫がっておにぎりやゆで卵をこっそり分けてあげていた。
A父が酔って怒鳴りちらしている時は、こっそりうちに避難してくることもあった。

そんなわけで私はAとは親しかったが、A兄は乱.暴だしいやらしいから嫌いだった。

前置きは以上。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

558: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/21(木) 13:28:44.49 ID:5NSmEK57

武勇伝とまではいかないかもだが。長文。
俺は中学時代3年間イジメられていた。DQNグループ数人を筆頭にほぼ学年全体で無視、典型的なイジメは全て受けたと思う。
朝登校したら教室に付いてたベランダに机一式を出され、中に入れようとベランダに出たら鍵を閉められそのままHR。担任もHRが終わっても見て見ぬ振りをし教室を出た、なんて事もある。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

452: 本当にあった怖い名無し@ 2014/05/08(木) 11:25:42.50 ID:uOkbIFr30

生徒のDQN厨房が近所迷惑だったのを知らん振りしてた塾を潰してやった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

845: 名無しさん@おーぷん 2016/07/24(日)20:55:24 ID:31S
池沼がハン罪しても
責任能力無しで無罪になるのはおかしい
とか言ってる奴らに言いたい。
俺が池沼に救われた(?)以下の話を聞いても
池沼を責める事が出来るか?

以前同じ趣味で知り合い、
そのまま仲良くなった友達がいた。

今時居ないような凄い穏やかで優しいやつなんだよ。
自己主張を殆どしなくて
いつも他人に合わせて譲ってくれる。
それがきっかけで実はこっちから友達になった。
頭も良くて地元の名門国立大に通ってた。

ただ友人には一点だけ人と違う部分があった。
○○国立大受かるなんてすげえじゃんって話題になった時、
「小中高といじめられ続けて、
悔しさをバネに大学で逆転したかったからね・・・」
と理由を語ってくれたんだが、
語る時の声色や雰囲気が常人のそれじゃない。

顔を真っ赤にして声を震わせて
今にも爆発しそうな表情で話すんだよ。
普段の彼とはまるで別人の、
杀殳人犯のように豹変した顔で。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
568:おさかなくわえた名無しさん2006/11/02(木) 16:32:45 ID:BM5FFDnD
深夜のコンビニで、夜食のクリームパンとカフェオレを買っていたら、
DQNにからまれた。いつもおさげでチビでメガネなので、こういうのになめられやすい。
「俺らと一緒にあそばへん?」 「こんな時間に出歩いとったら危ないでー?送ってやろか?」
うっぜー、と思いつつ
「そうだね。今から会計済ませるから外の車の前で待っててよ。そこにとめてあるから。」
と言うと、DQNは外に出て行った。

会計を済ませ、外を見ると、とまっている赤いマーチの周りをぐるっと囲むようにDQNが立っていて、
ニヤニヤしながらこっちを見ていた。車に乗って逃走されないように、ということだろう。

コンビニのドアを開けるなり全力でダッシュ。駐車場を横切って、一番端っこにとめてある
10トントラックに乗り込んだ。
ポカーンとするDQNたち。私はトラックのエンジンをかけて、DQNのそばまで行き、
「あたしさ、今から九州に帰るんやけど、送ってくれん?」

送ってくれませんでした。

このページのトップ