鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

DQN返し

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
740: sage 2012/06/21 21:29:23
耳が遠くて口汚いクソウト。 
しかも自分では家のことは何もできず、私たち夫婦におんぶにだっこ。 

この前も些細なことから私に出てけ!と怒鳴るため、私が冷静に 
「でも、私たちがいなくなったら誰もお義父さんのご飯を作ってくれないんですよ」と言ったところ 
「自分のことくらい自分でできる!!」と再び怒鳴る。

さっそくその日、夫と相談し、翌日試しにご飯を炊かないことに
(その日、たまたま私たち夫婦が休みだった)
案の定、ご飯がない、と怒るウト。
「だって、お義父さん、自分のことは自分で出来るって言ったじゃないですか。
ご飯くらい、自分で炊いてください」と
言ってやった。ざまあみろ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
960:1/22010/10/11(月) 21:05:39
元同僚結婚式で、新婦友人テーブル1つは
派手派手キャバ嬢と真っ黒ドレス5人。DQN!

私たち同僚は「お嬢ぶってたけど、実はあんな友人いるのかよwww」
ってニヤニヤしてた。
周囲が白い目でチラ見しつつも、始まる。
式中にキャバ嬢達が「おめでと〜☆」とか高砂に行くと、
新婦は明らかに嫌な顔、新郎も引き気味。
キャンドルサービスでも新婦友人テーブルでは新婦は嫌な顔ってか明らかに怒ってる。
新郎新婦の両親とかってお酌でテーブルに回るけど、そのテーブルはスルーしてた。
新婦母も新郎母も嫌な顔してたし。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
941: 2014/03/22(土) 23:32:58.06 0
嫁が三姉妹の長女の為、俺婿入り。同居。
三女コトメ(専業・小梨・現在近距離別居)は昔は素直ないい子だったんだが
大学卒業後すぐに高学歴()彼と結婚したら、すっかり勘違い奥様に大変身。
「旦那くんは○○大学で優秀だった」が自慢。
口癖は「介護は長男家の務め。遺産は山分け」。
生きてる親の前で言うか普通。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
179: 名無しさん@HOME 2016/01/24(日) 12:49:51.49 0.net
プッチプチですが正月やらかしてきました

私はお寿司が大好き、ほんとシぬほど好き。
義理実家はそれを知ってか知らずか、
集まりの時は必ずお寿司の出前を取ってくれる。

一年目の正月、高級寿司桶に
訪問した瞬間恥ずかしげもなくテンションMAX。
事前にトメ様に好きな食べ物を聞かれていたので、
なんて素晴らしい義実家様なんだ!っと大感動。

しかしお茶やお酒、赤だし、御節などの用意に時間がかかり、
残りものの分厚い卵とガリしか食べれなかった。

二年目、昨年は義理実家が用意したので、
今年は私達夫婦がお寿司の出前を用意することに。

事前にバッチリ準備してさぁ食べようかってなった時に
トメ様が
「嫁子さん、悪いんだけど
お酒が無くなってしまったから買ってきてくれないかしら?」

帰ってきたら昨年と同じ状態の空っぽ寿司桶。
それを見た瞬間
「あれ、これわざとじゃね?」っとやっと気づいた馬鹿な私。

3年目の今年、お寿司は義兄夫婦が準備してくれた。

兄嫁さんと一緒に机に並べられた瞬間爆食い開始。
「わぁ~とってもおいしいです!兄嫁さんありがとうございます!(バクバク)」
「いいのよ嫁ちゃん、私も今年はいーっぱい食べるわ!!(バクバク)」

旦那達が話しかけても無視、ウトメが静止してきても無視、
親戚の子供が泣き出してお寿司に飛びついてこようと、
寿司桶抱えて部屋の中を逃走。

残りは持ち帰っちゃおー!と言って
兄嫁さんとタッパーにお寿司をつめつめ。
トメ様、なぜかご立腹。一緒のことしただけなのにね。

「去年も一昨年も一個も握り食べれなかったんです~」
っと私。
「私なんて結婚して数年、
こちらにお邪魔した時は食事なんてロクにしてないわぁ~」
っと兄嫁さん。

空っぽになった寿司桶(卵とガリ残し)を
「残りはどうぞー」っと言って机にドンっと置いて、
仲良く二人揃って福袋買いに行きました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
157:名無しさん@HOME2011/12/13(火) 15:26:51.55 0
夫の母(義母と書きたくない)は
不倫・家出・男と別れて帰ってくる・不倫・家出・捨てられて帰ってくる
を、繰り返してきた毒親。
それを黙って許してきた夫父も毒だと思う。

このページのトップ