鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

2chで話題の鬼女が起こした事件をまとめた2chまとめサイトです。

GJ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

92: 名無しの心子知らず 投稿日:2009/10/20(火) 14:01:50 ID:0XsEOgNp
出産のために実家に帰った時のこと。 
父と母は働いているので、昼間はじいちゃんと2人。 
庭に椅子を出してじいちゃんと喋ってると、小学3~4年生くらいの男の子が入ってきた。 
(実家は元農家で、垣根はあるけど特に門とかはない) 
じいちゃんは 
「もう昼んなるから帰れ~飯は自分ちで食うもんだ~」 
と言って追い返そうとしてる。
男の子はすぐ傍の住宅街に越してきた子で、
前にも勝手に入ってきて盆栽の鉢を割ったり、犬の鎖を外そうとしたり、カマで窓ガラス割ったり、色々あったらしい。 
男の子は庭をウロウロしてたかと思うと、急に全力疾走、私に体当たりしてきた。 
臨月で体重が15キロ増えたのもあり、倒れるようなことはなかったけど、
じいちゃんは激怒。
男の子の頭をちりとりで引っぱたき、「二度と来んな!」 
と言って道路の方まで追いかけていった。 
続きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

29:名無しさん@おーぷん2014/12/17(水)10:33:28 ID:ubB

かなり昔の話になるが、高校生の時に郵便物(年賀状)の仕分けのアルバイトをした。
碁盤の目のようになった棚に郵便番号を見て仕訳していくんだけど
その中に一枚、明らかに定規を使って宛名を書いたものがあった。
その1枚から何故か強い悪意を感じて裏面を見てしまったのだが、
背景が真っ黒の髑髏の絵が描いてあって、白抜きの文字で「サツ」の一文字。
ビックリして固まっていたら局員さんに「どうしたの?」って声を掛けられたので
その1枚を見せた。
そしたら「ちょっと預かっておくから、続きやってて」と言われ渡した。
向うの方でその1枚を数にで囲んで何か相談してて
「正月早々こんなものを配るのは・・・」とか言ってた。
その後、どう処理したのか教えて貰えなかったけど、ずっと気になってて
最終日の仕事終わりに最初に渡した局員さんに聞いたら
「差出人も書いてないし、たぶん配達はしないと思うよ」って言われて他人事なのにホッとした。
郵便局の規則としてそれが正しいのかどうかは分からないけどGJと思った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

698: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/22(木) 09:28:59.46 ID:8xWi/Pg8
ありきたり過ぎるネタで大変申し訳ないんだが、
新幹線のグリーン車の席をクレクレされた 
自分は会社務めで一人暮らしの毒女なんだが、お盆で都内から実家のある広島まで新幹線使って帰っていた 
普段出張が多く、移動手段として新幹線メインに使っていた 
自分はJWESTカードというカードを持っていて、座席予約もできて、現金で払うより安く新幹線に乗ることができる 
カードを使うとポイントが貯まり、ポイントを使って、グリーン車を指定席料金で乗ることができたのでそれを使って実家に帰った 
時期が時期なので、指定席は満席、自由席車両の乗車率は100%越え(アナウンスがあった)だった 
グリーン車は9割くらい埋まっていて、こりゃすげーなと思っていた
東京を出発して、んじゃアラームセットして寝るかと思っていたら、幼稚園くらいの子供を連れた女忄生に、子供がいるので席を譲って欲しいと言われた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

620: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/16(金) 17:12:33.79 ID:ZzFbQWJ1
普段、話の種&トラブル遭遇時に備えてこの手のまとめを見てる者だけど 
今日すごいおばさんに遭遇した。 
そんなに長くないけど吐き出しても良いかな?
621: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/16(金) 17:14:29.61 ID:G/ab1YNq
カモーン洋子
622: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/16(金) 17:23:52.77 ID:ZzFbQWJ1
>>62 
1ありがとう。 
先ほど開放されて帰宅したばかりなので書き溜めていないので少しお待ちをm(_ _)m

624: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/16(金) 17:29:11.90 ID:ZzFbQWJ1
【登場人物】 

私  40過ぎのおっさん。ちびでガリのチキンハートだが人相悪い。 
キチママ 多分30代と思うが肌荒れがすごく老けこんでる感じ 
ガキ1  ♂小学生1年(名札ついてた。名前はキラキラ光って読めん) 
ガキ2  ♂名札無いから多分幼稚園児くらいデブ 

【状況】 

買い物を終えた私が駐輪場の自転車の鍵を解除して
荷物が詰まったトートバッグをハンドルに引っ掛けようとしたら
ガキ2がいきなりトートをひっさらって逃亡した

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

660愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/01/20(木) 19:54:17
流れが止まってるみたいなので、このスレ初カキコ。
長くなるかも知らんがゴメンナサイ。 
新郎新婦、両親族不幸だったけど最後には新郎の株がすこし上昇した話。 

私が新婦友人として参加した式。 
前提として新郎新婦は5年間付き合って、両両親ともずっと公認の付き合いだった。 
で、ついに結婚式をあげることにして万全の準備をおえたら、
式1週間前に新婦父親が急逝。 
あわてて式を延期にして、一年後に挙式。 
披露宴の席で、新婦母の卓上のわきには葉書サイズの新婦父の写真が写真立てに入れて置いてあった。 

宴開始後一時間ほどは何もなく、いい雰囲気で進んでいた。 
が、酒がすすみ酔った新郎叔父が新婦母にしつこくからみだす。(いうのはなんだけど新婦母はだいぶ美人) 
わざわざ新婦母の隣に居座り、新郎親族たちにになんど注意&連れ去られてもまいもどってくる。(しかも声がやたらでかくて高砂まで聞こえてた) 
やがて、ついに聞くに堪えない(書くのもイヤだ)卑/猥な言葉を言い出したところで、新郎父と新郎兄が飛んできて後ろ首ひっつかまれて退場。
新郎母が新婦親族に謝り倒してた。 
やがて新郎父と兄だけ戻ってきて、ああ強制送還されたんだなと思いつつ会場のみんなはホッとしてた。 
実際そのあと30分くらいは和やかに進行。 

だが、本番はここからだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

568: 1 投稿日:2013/08/27(火) 02:48:04.52 ID:Xg3g0m0L
・暴力描写・DQN臭丸出しなので注意 

ビーフストロガノフと角煮が食べたいという彼氏のリクエストで 
休日の朝から結構手間暇かけて作っていて、 
もう少しで出来上がりというところで彼氏が家に到着
味見をしてもらおうと、少し食べさせたところ 
ニコニコしながら
「こんな程度の味付けじゃお嫁さんにはしてあげられないよ? 
及第点には足りないね」
と流し台に料理を捨てやがった 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

474名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2008/01/23(水) 19:21:18
同居の義父(71)がさっき勇者になった。

晩飯の後、俺が居間のコタツで肩までもぐってウトウトしてたらいないものと思われたらしい。
居間のすぐ横の台所で茶飲んでた義父と義母(70)
何か話してるのを夢うつつで何となく聞いてたら
義父「あー母さん」
義母「はいはい」
義父「あ、あー、愛してますよ、いつもありがとう」
義母「(沈黙)」
義父「あ、あー、あー、まあねえ、ふふふ(照れ隠しかw)」

俺このへんでしっかり目が覚めてたんだけど動くに動けず
コタツあちぃwwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

603名無しさん@HOME 投稿日:2009/02/22(日) 23:44:06
自分にもダメージ食らったけど、イヤゲ物をやめてくれないトメにかましてきました。 
結婚寸前の婚約期間から、週に一回は何かと送りつけられてきた。 
「迷惑なんです!」 
「捨てるだけなんです、すごく嫌なんです!」 
「そんなに私を困らせて嬉しいんですか!」 
半泣きで訴えてもトメは馬耳東風。 
「アタシがやりたいのよ!あんたはありがとうございますって受取りゃいーの!」 
礼だけでとどまらず、将来の同居・生活の面倒・介護の予約だもんね、という態度でもある。 
こんだけしてやってんだから、嫁は姑に心してつかえろよってことらしい。 

役に立つものなんか一度ももらってない。 
今は夫が国外に単身赴任中なので、 
「バカ嫁が浪費しないようにアタシが援助してやってんのよ!」 
と、イヤゲ物頻度がパワーアップ為ている。 
どうしても我慢できず、作業しながら自分で欝になったけど、DQかましました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

210: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/01/09(水) 16:31:59.57 ID:ghhzFI2j
普通のサラリーでガリガリな体型な親父。 
性.格は気弱で我が家はカカア天下のみならず愛犬ゴン太にも下に見られる。 
母>姉>ゴン太>まぁ坊(猫)>俺>親父の階級だった。

そんな父が溜まった有給を消化するために平日から休みを取っていた日のこと。 
夏休みだったので俺と姉と父が家にいたんだが、そこへ姉の元彼がきた。 
姉の話による言い寄られて1週間ほど付き合ったけどナルシスト過ぎて別れたらしい。 
相手の男はその理由が気に入らないらしくて家まで来たらしい。 

そして延々と玄関でどれだけ自分が素晴らしいのか喋る喋る。 
俺と親父はドアの隙間から覗いてたけど、本当に気持ち悪かったというか付き合った女の数を自慢するとか男でも引く。 
10分ぐらいそいつが喋ってたけど我慢の限界のようで姉が出ていけと怒った。 
そしたら今度は姉の悪口を言い始めた。
気が強い姉と言っても女性.に対して下品な罵詈雑言のオンパレード。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

65: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/07/19(日) 10:32:15 ID:k0Rd+Jib
電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度。 
私の向かい側座席の前には男性.1人、女性.2人の
ハイキング帰りらしい高齢者が立っていた。 
私に背中を向けているから時たま見える横顔で判断するしかないが、60代半ばぐらいか。 
彼らの目の前の座席には若者2人と50代ぐらいの女性.1人が座っている。 
若者は2人とも茶髪、1人はサングラスをしていた。
この人たちに気づいたのは、この高齢者組の男性.が 
「最近の若い者は年寄りを立たせても平気なんだから」 
「ちょっと前は罪悪感からか寝たふりをしたもんだが、最近じゃ寝たフリもしないからふてぶてしい」 
などと、かなり大きな声で話しているのが耳に入ってきたからだ。 
どうも自分の前にいる若者に席を譲らせて女性.2人を座らせたかったらしい。

このページのトップ